こんな中国人はイヤだ②「盗難の責任は日本にある」のトンデモ理論

 

 

前回、日本に旅行に来る中国人が、ホテルからとんでもない物を持ち出して問題になっているということを書いた。

 

中国人観光客宿泊ホテル 持ち出し対策でTVや備品に鎖つなぐ

お湯を沸かすポットや液晶テレビまで持っていかれたことがあります。県は中国人観光客の誘致に懸命だけど、正直、迷惑だし、下手をすると大赤字です

 

湯沸かしポットや液晶テレビまでもが、持ち出し可能な「アメニティグッズ」にしてしまうという。
中国人、おそるべし。
ただ、ここまで来ると「持ち出し」ではなくて「盗難」だ。

なかには、ホテルの便座を中国まで持ち帰ってしまった人もいる。

 

中国人が日本のホテルにある物を持ち出すのは、「反日感情」にもとづく一種の「報復行為」と思う人もいるかもしれない。

でも、実際にはヨーロッパでもやっている。

 

2014年に、フランスのホテルで「枕を持ち帰るな」と中国語で書かれた警告文があって話題になった。

 

中国人のメンツを守れ!仏ホテルで「枕を持ち帰るな」の中国語警告文撤去求める―中国人ツアー客

中国湖北省武漢市からこのほどフランスを訪れた中国人ツアー客らがパリのホテル内にあった「キーと枕を持ち帰らないで」との中国語の警告文にショックを受け、「中国人のメンツを守ろう」と、この警告文を撤去するようホテルに求めた。その代わりにツアー客らはほかの中国人観光客らに宛てたメッセージを用意し、ホテルも警告文の撤去に応じたという。武漢晩報が25日伝えた。

このパリのホテルでは中国人以外の外国人宿泊客がキーを持ち帰ることがあるが、枕を持ち帰るのは中国人客だけだという

 

「中国人のメンツ」を守るためなら、まずは中国人が世界のルールや人類の常識を守ってほしいもんだ。

 

IMGP8218

この子が大人になるころには、きっと中国人も変わっているはず。

 

先ほどの「便座持ち帰り事件」が発覚したとき、中国国内のネットでは「中国人の恥」という意見もあったけど、「寧波出身だ」「いや台州出身だ」と出身地のせいにしようとする意見もあったらしい。

 

匿名で何でも書くことができるネットの意見は、無視してもいい。
でも、中国の新聞で「この盗難事件は、日本のホテルに責任がある」と書いていることは看過できない。

 

かん‐か【看過】

あることを目にしていながら、そのままほうっておくこと。見逃すこと。「看過することのできない問題だ」

(デジタル大辞泉の解説)

 

 

その「トンデモ理論」は、こんなものだ。

その原因が日本のホテルにあるという論理を展開。「日本のホテルがチェックアウト時に部屋を点検しないから、この夫婦は窮地に追いやられたのだ」と主張した。

どういう論理だ・・・「便器持ち帰り事件」の原因は、全て日本のホテルにある! =中国メディア

 

さっきも書いたけど、これは「持ち帰り」ではなくて正確には「盗難事件」で、警察の捜査の対象だ。
その原因として、「点検しなかったホテルが悪い」としていることには言葉がでない。

 

無責任なネットの書き込みではなくて、中国の新聞がそう主張している。
中国人らしい発想かもしれない。

 

でもこの新聞は、日本に対して一方的な悪意をもってこう結論づけたのではない。
じつは、このトンデモ理論の背景には日本への敬意がある。

日本は中国とは違って、互いの信頼で結ばれている社会だからだという。

 

そして、日本のホテルがチェックアウト時に部屋を「チェック」しない背景には、「1つに客人へのリスペクト、1つにチェックアウト時の待ち時間短縮」というホテル側の配慮があるとした。

一方で、客も自らの行動に責任を持っており、備品を壊した時には自発的に申し出ると説明。仮にグラスなどの小さな部品であればホテルが賠償を請求しないこともあるとし、「互いを尊重する好循環が存在するのだ」と論じた。

日本のホテルでのチェックアウトは、大概キーを渡して「はい、結構です。ありがとうございました」で終了する。そのあっけなさは、日本人でも「え、それでいいの」と思うほど。

記事の指摘どおり、その「あっけなさ」はホテル側と客側の相互リスペクトの上に成り立っている。

どういう論理だ・・・「便器持ち帰り事件」の原因は、全て日本のホテルにある! =中国メディア

 

 

 

 

つまりこの記事を要約したら、こういうことだろう。

「日本は相互の信頼を前提としている社会だけど、中国人にそれは通じない」

だから盗難防止のために、部屋の液晶テレビを鎖でつなぐという「実力行使」に出ているホテルもある。

 

このぐらいはいい。
でも、「相手は日本人ではないから、日本人とは違う対応をしよう」と別の対応をすると、「外国人への差別だ!」とマスコミから非難されてホテル側は謝罪に追い込まれてしまう。

 

国際化の社会では、どうしてもこうしたトラブルをかかえてしまう。

はっきりとは分からないけど、大阪であった韓国人に対してワサビを大盛りした「わさびテロ事件」の背景にも、こうしたことがなかったのではないか?

 

でも、この報道はバランスを欠いている。

お寿司屋さんでわさびを大盛りにしたら「テロ」になるけど、靖国神社のトイレに殺傷能力のある爆発物をしかけて実際に爆破させたことは「爆発音事件」ですませている。
常識的に考えたら、逆だろう。

 

それにしても、「区別か差別」か?
これは、本当に難しい問題だ。

 

 

おまけ

ホテルから物が消えてしまうことも困ったことだけど、今、日本で外国人が消えていることが大きな問題になっている。

 

外国人技能実習制度で来日し失踪、過去最多の年5800人を突破、中国人が半数占める―華字紙

2016年10月31日、華字紙・日本新華僑報によると、発展途上国への技術移転を目的に、日本の労働現場で外国人を実習生として受け入れる「技能実習制度」で、来日後に失踪した外国人が15年に5800人を超え、過去最多となった。中国人が全体の半数を占める。

 

 

ランキングに参加しています。

よかったら、下のボタンを押してください。

 



こちらの記事もいかがですか?

中国を知ろう! 「目次」 ①

中国を知ろう! 「目次」 ②

中国との違い③日本人の強み「変える力」唐の着物を日本の文化

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。