日本のグリコVS韓国ロッテの「パクリ騒動」②裁判所の判決は?

 

韓国に、ロッテがつくっている「ペペロ」というお菓子がある。

これが、グリコのポッキーとよ~く似ている。

お菓子の見た目や味はもちろん、パッケージまで。

 

これが、そのペペロ。

big_114967

画像は「ペペロデー(ポッキーの日)」」から。

 

これは、昔のペペロのパッケージ。

mig

画像は、以下のサイトから。

韓国版「ポッキーの日」?ギネス挑戦の裏で,韓国お菓子ペペロがきていると話題に

 

う~ん、グリコのポッキーとそっくりだ。

 

15_img_products01

 

でも、ここまでなら良かった。

グリコとしては、韓国ロッテに対して腹が立っていたとは思うけど、特に何もしなかった。

これぐらいなら、まだ我慢ができたのだろう。

 

これに勘違いしたのか、韓国ロッテは一線を越えてしまい、グリコを激怒させてしまった。

韓国ロッテがつくったペペロの高級版、「ペペロ・プレミア」が問題となる。
この包装箱の形が、グリコが製造した「バトンドール」にあまりにそっくりだったから。

バトンドールもポッキーの高級版で、同じコンセプトだ。

まあ、その「ペペロ・プレミア」を見てくださいよ。

tmb240_20150824111557-1

ペペロ・プレミア(左)とポッキー・バトンドール。
画像は、「ロッテ製菓のペペロ・プレミア、日本製品模倣の判決」から。

 

さすがにこれは、ダメでしょ。
「一線」を越えている。

これに堪忍袋の緒が切れたグリコは、「わが社の製品を盗用した」と韓国ロッテを裁判所に訴えた。

ロッテ製菓がデザイン盗用、ソウル地裁で江崎グリコに勝訴判決

「ペペロの箱のデザインは当社の製品包装を盗用した」として日本の製菓会社の江崎グリコがロッテ製菓を相手に起こした

韓国ロッテは、やり過ぎてしまった。

 

・韓国の裁判所が出した判決は?

この時のグリコの怒りは大きく、韓国ロッテに対して「ペペロ・プレミア」の生産中止と廃棄を求めている。

販売中断とともに残った製品をすべて廃棄するよう求める訴訟を起こした。

ロッテ製菓のペペロ・プレミア、日本製品模倣の判決

 

「製品をすべて捨てさせる」というのは、個人的には「厳しいなあ」という気がする。
けど、ビジネスの訴訟ではあたり前、常識的なことかもしれない。

正直このへんの感覚は、よく分からない。

 

グリコの訴えに対し、韓国ロッテはもちろん「あれはパクリではない。オリジナルの製品だ!」と主張する。

でも、裁判所がくだした判決は、グリコの勝ち。
韓国ロッテの主張は、韓国の裁判所でも認められなかった。

これに対しソウル中央地裁は23日、「ロッテ製菓がデザイン権を侵害したもの」とし、原告勝訴の判決を下したと明らかにした。

ロッテ製菓がデザイン盗用、ソウル地裁で江崎グリコに勝訴判決

韓国ロッテの主張や判決理由を知りたかったら、上の記事を読んでください。

 

自分たちの訴えを退けられた韓国ロッテは、どうするんだろう?

「ペペロ・プレミアは、自分たちが独自に開発した商品だ」という自信があったら、韓国ロッテはこの判決を受け入れずに控訴するだろう。

でも結局、控訴はしなかった。
これでは、「韓国ロッテは、グリコの主張を認めた」と思われても仕方がない。。

「韓国ロッテが、グリコの製品を盗用した」ということは、事実だったのだろう。

今年8月23日にソウル中央地裁がグリコの訴えを認める判決を出した。判決はパッケージの意匠権の侵害を認めただけだが、地元の裁判所がロッテの「パクリ」を認定した意義は大きい。

韓国チョコ菓子「ペペロ」は「ポッキー」のパクリ! グリコが米韓で相次ぎ提訴 11月11日の記念日まで争点に

赤いパッケージぐらいで、止めとけば良かったのに。

 

 

それにしても、この判決はちょっと意外な気がする。

韓国の企業だからといって、ロッテに有利な判断をしなていない。

対馬でおきた仏像の窃盗事件では、とんでもない判決を出して日本中を驚かせたのに。

 

img_85461

 

このグリコのポッキーとロッテのペペロの争いは、アメリカのワシントン・ポストでも報じられている。

おもしろいと思ったのは、ワシントン・ポストは「グリコとロッテは、ともに勝った」としていること。

論争になることそのものが「マーケティングの勝利」だというオチで締めくくっている。

韓国チョコ菓子「ペペロ」は「ポッキー」のパクリ! グリコが米韓で相次ぎ提訴 11月11日の記念日まで争点に

このグリコと韓国ロッテの騒動が人びとの注目を集めたため、結果的にポッキーとペペロの良い宣伝になったという。

こういう見方もできるのか。

 

さらに、この記事で知ったこともある。

グリコは韓国だけではなく、アメリカでもロッテを訴えていた。

WPには記載がなかったが、実はグリコがロッテの米現地法人、ロッテU.S.A.を相手取り、ペペロがポッキーの立体商標を侵害しているとして、7月10日に米ニュージャージー州地裁に販売差し止めの訴訟を起こしていたことも判明した。

つまり、グリコは「ペペロはポッキーのパクリだ」と訴えたのだ。

韓国チョコ菓子「ペペロ」は「ポッキー」のパクリ! グリコが米韓で相次ぎ提訴 11月11日の記念日まで争点に

 

さて、アメリカでの「グリコVSロッテ」の勝敗は、どうなるのだろう?

グリコが勝つと思うけどね。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

日本はどんな国?日外国人から見たいろんな日本目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。