韓国の偽物ブランド品の理由①韓国人の性格「パリパリ(急げ急げ)!」

 

前にこんな記事を書いた。

韓国の「偽物ブランド品」①ソウルの南大門市場で驚いた。

 

この記事を書いたのは、10年ぐらい前の韓国旅行でとても驚いたことがあったから。

大勢の人が行きかう街中(南大門市場)で、「偽物ブランド品」を売っているのを見て目を疑ってしまった。

白昼堂々と、商品が並べられている。
あまりの開放感から一瞬、これが違法な物だとは思えなくなった。

「偽物ですが、なにか?」
偽エルメスの靴下が、そう問いかけているような錯覚さえ覚えた。

 

 

「なんで韓国ではこんなに偽物ブランド品が出回っているんですか?」

このとき一緒にいた韓国人ガイドに聞いてみた。
彼は「日本人が悪いんです」と日本人責任論をぶったあとに、韓国人の国民性も大きな理由だと話す。

その韓国人の性格(気質)が、「パリパリ(急げ急げ)」と「ケンチャナヨ(気にしない)」というもの。

●パリパリ文化

パリパリは「急げ、急げ」「速く、速く」の意。巧遅より拙速を好む韓国文化を指す。しばしばインフラ整備などでパリパリによる不備が露呈している。2010年に開催されたF1韓国GPでは、やっつけの設営で路面状況が最悪の上、コースの芝生はすぐ禿げ、それを緑のペンキで補修する対応が嘲笑された。

●ケンチャナヨ主義

パリパリ文化と似たもうひとつの言葉。本来の意味は「問題ない」「関係ない」。細かいことに拘らない韓国人の適当な精神を指す。

(小倉紀蔵・京都大学大学院教授)

韓国人を理解するキーワード「ウリとナム」「パリパリ文化」

偽物ブランド品が広く出回る背景には、この韓国人らしい性格があるという。

 

・「なるべく早く、お金をもうけたい。できれば今すぐ!」というパリパリ気質。

だから韓国人は、自分の会社が「ブランド化」するまで待っていられない。
「良い製品を開発して、宣伝して、また改良して・・」の繰り返しによって信頼を得て、ブランドになるまでには長い時間がかかる。

パリパリの性格だとそんなに待っていたくない。
すでに確立しているブランドを利用した方が、手っ取り早い。

 

・「偽のブランド商品は違法。それは誰でも知っている。でも、人を殺すわけじゃないし、偽物をつくることぐらいは大きな問題ではない」というケンチャナヨ精神。

韓国人は、「バレなかったら、大丈夫」という気持ちの大きさでは、世界でも最高クラスだという。
「中国人は?」と思う人もいるかもしれない。
中国の場合は、警察や当局にバレても、お金(ワイロ)でたいていのことは何とかなる。

 

韓国人ガイドの見方では、偽物ブランド品がつくられて市場に出回るのは、「パリパリ」と「ケンチャナヨ」の2つの性格が大きく影響しているらしい。

くわしくはこの記事をご覧ください。

韓国の「偽物ブランド品」①ソウルの南大門市場で驚いた。

 

今回の記事では、この韓国人気質の「パリパリ」について書いていきたい。

韓国人について理解を深めましょう。

 

 

どんな人でも長所と短所をもっている。

でも、長所は見方を変えたら短所になる。
特に反対側から見たら、それは欠点になってしまう。

「手」を見るようなものだ。
手を見るにしても、立ち位置によって、手の平が見えたり手の甲が見えたりする。
見え方は違うけど、同じ手であることには変わりはない。

日本人を例にとろう。
「日本人は礼儀正しい」ということで、世界的に高い評価を受けている。

だから世界のベストツーリストに選ばれたこともある。

「世界ベストツーリスト」の日本人が、外国でしてはいけないこと。

 

でも、礼儀正しさが短所にもなる。

外国人に言わせると、日本人はいつも一定の距離をたもっていて、なかなか仲良くなれないらしい。
それを「冷たい」「寂しい」と感じる人も多い。

 

この点で大阪人は違う。

「大阪人が好きだ」という外国人は多い。
礼儀正しさには欠けるけど、笑顔が多くて気さくに話しかけてきてくれるから、親しみやすいという。
まさにこの大阪人気質が理由で、「大阪の人は好きじゃない」という日本人もいるのだが。

親しみやすさを「馴れ馴れしい」と感じる人もいる。
マナーや礼儀の正しさを重んじる京都人は、そう感じている人は多いと思う。

 

京都人は、大阪人とまとめて「関西人」と一括(くく)りにされるのを嫌がる。
大学時代の知り合いだった東京人も、大阪人が好きじゃなかった。
「東京の人が大阪に行くときは、大阪大使館でビザを申請しないといけないから、面倒くさい」とよく言っていた。

 

IMG_6692

 

さて、韓国人らしい性格の「パリパリ」というものについて。

これがよく分かるのは、韓国人よりも韓国人と接する外国人だろう。
韓国に住んでいる日本人が書いたこんなブログを見つけた。

パリパリ(早く早く)の韓国~運動会編~

韓国人は「パリパリ(速く速く)」で、何でも急ぐ。
車の運転でもすぐに車線変更をするし、カーブを曲がるときも猛スピード。
クラクションもバンバン鳴らす。

 

ボクも韓国人の友人から、このパリパリという言葉を聞いたことがある。

韓国旅行で彼にソウルを案内してもらっていたときに、彼がスマホで調べものを始めた。

すると、すぐこんなことを言い出す。

「遅いですねえ。ダメだなあ、この会社は~。イライラしますねえ」

ネットがすぐにつながらないことで、すぐに腹を立てる。

内心で「え?」と驚く。
検索したばっかじゃん。

でも、彼は待てないという。

「ダメなんです。韓国人はパリパリですから。インターネットの接続が遅いことには、耐えられないんですよ。でも、それは会社がいけないんです。そんな会社は、韓国では許されないですよ」

それほどのことか?
「せっかちだなあ」と思ったけど、「これがパリパリ気質というものか」と納得した。

 

彼のこんな言葉を聞いていたから、次のようなニュースを知っても特に驚くことはなかった。
2016年8月23日の「聯合ニュース」によると、韓国はインターネットの通信速度が世界最速だと判明したらしい。
*ソウル、東京、パリ、ロンドン、ダブリン、マドリード、ニューヨークの主要7都市で

ルートメトリックスの幹部は「ソウルはインターネット速度が世界1位レベル。ソウルのネットワーク性能はアジアだけでなく全世界の主要都市に新たなスタンダードを提示している」と評価した。

ソウルのモバイル通信速度「世界1位」 東京の約2倍

3位の東京より2倍近く速いとか。

これはまさに韓国人のパリパリ気質のたまものだ。

さらに2016年11月22日の朝鮮日報によると、韓国では、超高速インターネットの加入率も世界第1位だ。

韓国の超高速インターネット普及率が世界でも最も高いことが分かった。

「韓国の超高速インターネット加入率 世界1位」

通信速度が遅い会社なんて、きっと韓国で生き残ることはできない。
この点での競争は、きっと韓国が世界で一番激しい。

それがパリパリの国の企業の宿命だから。

 

 

おまけ

すぐに結果を求めるのは、中国人も同じ。
こんな記事を見つけた。

日本の和菓子づくり、マスターするにはなんと10-20年もかかる! =中国メディア

中国メディア・舜網は15日、熟練した和菓子職人になるためには10-20年の修行時間が必要になるとする記事を掲載した。

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

 

こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。