出回る偽物ブランド品②韓国人のケンチャナヨ精神:工事編

 

初めてこの記事を見た人のために、これまでのことを簡単に話しておきたい。

「もう見た!」という人は、先にいかれよ。

 

前に、こんな記事を書いた。

韓国の「偽物ブランド品」①ソウルの南大門市場で驚いた。

 

10年ぐらい前の韓国旅行で、見て目を疑ってしまうような光景を見た。

大勢の人が行きかう街中(南大門市場)で、大量の「偽物ブランド品」を堂々と並べて売っている。

あまりの開放感から、これが本当に違法な物か疑ってしまうほど。

「偽物ですが、なにか?」
偽エルメスの靴下が、そう問いかけているような気さえした。

 

「なんで韓国では、こんなに偽物ブランド品が出回っているんですか?」

このとき一緒にいた韓国人ガイドに聞いてみる。

彼は「日本人が悪いんです」と日本人責任論をぶったあとに、韓国人の国民性も大きな理由だと話す。

 

 

その韓国人の性格(気質)が、「パリパリ(急げ急げ)」と「ケンチャナヨ精神(気にしない)」というもの。

 

●パリパリ文化

パリパリは「急げ、急げ」「速く、速く」の意。巧遅より拙速を好む韓国文化を指す。しばしばインフラ整備などでパリパリによる不備が露呈している。2010年に開催されたF1韓国GPでは、やっつけの設営で路面状況が最悪の上、コースの芝生はすぐ禿げ、それを緑のペンキで補修する対応が嘲笑された。

●ケンチャナヨ主義

パリパリ文化と似たもうひとつの言葉。本来の意味は「問題ない」「関係ない」。細かいことに拘らない韓国人の適当な精神を指す。

(小倉紀蔵・京都大学大学院教授)

韓国人を理解するキーワード「ウリとナム」「パリパリ文化」

 

偽物ブランド品が広く出回る背景には、この韓国人らしい性格があるという。

 

・「なるべく早く、お金をもうけたい。できれば今すぐ!」というパリパリ気質。

だから韓国人は、自分の会社が「ブランド化」するまで待っていられない。
「良い製品を開発して、宣伝して、また改良して・・」の繰り返しによって信頼を得て、ブランドになるまでには長い時間がかかる。

 

パリパリの性格だと、そんなに待っていたくない。
すでに確立しているブランドを利用した方が、手っ取り早い。

 

・「偽のブランド商品は違法。それは誰でも知っている。でも、人を殺すわけじゃないし、偽物をつくることぐらいは大きな問題ではない」というケンチャナヨ精神。

「バレなかったら、大丈夫」というケンチャナヨ精神。
「問題化(表面化)しない限り、それは問題ではない」という考え方なんだろう。

 

韓国人ガイドの意見では、偽物ブランド品が市場に出回る理由には、「パリパリ」と「ケンチャナヨ精神」の2つが背後にあるからだという。

 

くわしくは、この記事をご参照あれ。

韓国の「偽物ブランド品」①ソウルの南大門市場で驚いた。

 

今回の記事では、この韓国人気質の「ケンチャナヨ精神」について書いていきたい。

さて、韓国人についての理解を深めようか?

 

IMG_6374

「チメク」という言葉を聞いたことある?
チキンとビール(メクチュ)の組み合わせを、韓国語で「チメク」と言う。

皮がパリパリでおいしかった。

南大門の東向かいにある店のチメクが、おいしかった。

旅の日程と「あんた、韓国行くの?チメクを食べなさい!いい?絶対よ!」

 

 

ボクが韓国に旅行していたときには、何度もコンビニで買い物をしていた。

そのときにいつも気になったのが、韓国人の店員の態度。
礼儀正しく、しっかり仕事をする日本のコンビニスタッフとは全然違う。

 

コンビニに入ると、店員は客に「いらっしゃいませ」と声をかける代わりに、下を向いてスマホをいじっている。
そして、客が商品をレジに持って来ると、スマホを置いてレジを打つ。
そしてまた、スマホをいじり出す。

 

または、2人の店員が壁にもたれかかっておしゃべりをしているのを見たこともある。
しかも、かなり大きな声で。

一言でいったら、接客態度がなっていない。

 

でも、韓国人の友人は笑って言う。

「韓国では、それで大丈夫ですよ。そんなのは誰も気にしませんから」
コンビニの時給は安いし、スマホを触りたくなる気持ちも分かる。だから、そのぐらいはから多めに見ようという考え方らしい。

「お釣りの間違いがなかったら、それでいいじゃないですか」
とあっけらかんと言う。

彼女の話を聞いていて、「これが韓国人のケンチャナヨ精神かあ」と内心で感心した。

つまり、韓国のコンビニスタッフは、日本のコンビニスタッフと機械のセルフレジの中間のような存在と考えればいい。

あいさつや笑顔の接客サービスはないけど、物を買うことはできる。

 

IMGP3854

北朝鮮との戦争は、今もなお終わってはいない。

最前線で、銃を持った兵士を背後にして一緒に写真を撮ることができる。
もちろん、彼らは勤務中の兵士。

 

 

放火で全焼した南大門を修復しているところ。

 

前に南大門の記事を書いているときに、書こうと思ったことがある。

それは、このとき行われたずさんな復元工事が問題になったこと。

修復したと思ったら、「ひびができた」とか「何かが破損した」などと、すぐにまた修復が必要になるようなあきれた修復工事が行われていて、国民の批判が集中していた。

 

こうした手抜き工事も、「ケンチャナヨ精神」の悪いあらわれだといわれている。

ケンチャナヨ(朝: 괜찮아요)は、朝鮮語のフレーズ。「大丈夫」の意。

主にインターネットスラングとして「(建設や工業製品における)手抜き・適当」の意味合いで用いられる事もある。

(ウィキペディア)

 

でも、南大門のケンチャナヨ工事ならまだいい。
人命にかかわる危険がないから。

 

何事もケンチャナヨですませてしまう韓国人の国民性を現す言葉として良く使われる言葉。

韓国人が建設した建造物が地震でもないのにすぐ壊れる(三豊デパートの崩壊や聖水大橋の崩落など)のもこの精神が原因とも言われている、ちなみに日帝時代に日本が建設した建造物は今も残っている。

ケンチャナヨ精神

 

この三豊デパートの崩壊は、信じられないような大惨事になってしまった。

三豊百貨店(サムプンひゃっかてん)は、大韓民国のソウル特別市瑞草区にかつてあった百貨店。

1989年に開店したが、6年後の1995年6月29日17時57分(KST、日本時間同)、営業中に突然5階建ての建物の両端の一部を残し、跡形もなく崩壊していった。死者502名・負傷者937名・行方不明者6名という世界的にも例のない大惨事を起こした。
事故後の政府による緊急の全国高層建築調査では、建て替えが必要な物は全体の7分の1、修理が必要な物は全体の5分の4に達し、韓国全体で実に98%の建物が何らかの欠陥を抱えていた事実が明らかになった。

(ウィキペディア)

 

sampungdept25

ウィキペディアから

 

この崩壊の原因は、いろいろある。

少し例をあげると、次のようなこと。

鉄筋の代わりに石油缶を詰めていた
当初の計画では最上階の5階は(建築基準を満たすよう)ローラースケート場になる予定であったが、完成直前に経営陣の方針により(建築認可を得た後、不正に)レストラン街へ変更されていた。

(ウィキペディア)

 

この百貨店の事故を抜きにしても、「実に98%」ということは、ほぼ100%ということになる。
このケンチャナヨ工事も、さすがにマズイ。

 

「バレなかったら、大丈夫」
「問題化しない限り、それは問題ではない」

悪い意味でのケンチャナヨ精神が、事故の関係者のなかでささやきかけたのだろう。

 

三豊デパートの崩壊を受けて、法律が整備されている。
たから、今では良くなっていると思う。

けど、去年のセウォル号の沈没事件を見るとちょっとアヤシイ。

 

 

最後に、泣き言を言ってもいい?

このブログは、ビックリするほど人気がないんです。

1日に1万ビューを記録したことがあったけど、その日に下のボタンを押してくれた人は2人だけ。

これには、わりと真剣に落ち込んだ。
「かわいそうに・・」と思ったら、その気持ちを大事にして、下のボタンを押してください。

押すと、ボクのランキングが上がるだけのことです。



こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。