過酷な韓国の受験戦争:国をあげての修能の日、その様子とは?

 

クイズから!

次の人物はだれでしょう?

「予も伴天連らが一つのことに専心しているように、すでに最高の地位に達し、日本全土を帰服せしめたうえに、もはや領国も金も銀もこれ以上獲得しようとは思わぬし、その他何も欲しくもない。ただ予の名声と権勢を死後に伝えしめることを望むのみである(ルイス・フロイス 戦国時代)
「日本絶賛語録 小学館」

*権勢(けんせい):権力を握っていて威勢のいいこと(デジタル大辞泉)
伴天連(バテレン): カトリックの宣教師のこと

 

 

答え:豊臣秀吉

秀吉ははじめ、キリスト教に対して好意的だった。

でも後年、その態度が一変し、キリスト教を禁止する。
秀吉はキリスト教にある「人間を奴隷にしてもいい」という考えが許せなかった。

 

toyotomi_hideyoshi

ところで、この絵を見て不思議に思わない?

顔に比べて、秀吉の手が小さすぎなくない?

じつは豊臣秀吉には指が6本あって、本人がそれにコンプレックスを感じていたから、あえて小さく描かせたという説がある。
目立たなくするように。

 

 

今日(2016年の11月17日)は、韓国にとって特別な日。

なぜなら、修学能力試験(修能)が行われるから。
この修能は、日本のセンター試験にあたるもの。

韓国人にとっては、とても非常にマジで大切な試験になる。

「一生が決まる試験だから」
そう言っても過言ではない。
韓国人もきっと、「そうぞう」と首を縦にうなづくだろう。

11月17日に、その運命の日を迎えた。

この日は、韓国が国をあげて受験生をサポートする。
その様子は、日本では考えられないほど熱狂的だ。

今回は、そんな修能の日の韓国の様子を伝えていきたい。

【写真】韓国できょう大学修学能力試験 「センパイ、がんばって!」

光州(クァンジュ)雪月(ソルウォル)女子高等学校の受験生が後輩の応援を受けている。修能受験生は昨年より2万5200人減となる60万5987人。受験生は17日午前8時10分までに指定された教室に入らなくてはならない。

 

後輩が応援に来るのはいいけど、この日は木曜日のはず。
後輩は学校に行かなくていいのだろうか?
この日は、休みになるのかな?

でも、ここまでは分かる。

下のサイトの画像では、後輩の女子高生が受験会場の門の前で集団で土下座をして、先輩の健闘を祈っている。

韓国の若者3人に1人以上が失業 公務員とサムソンが勝ち組

や、やり過ぎじゃないかなあ・・。

と思うのは、修能の大切さを分かっていない日本人だからか?

 

この修能の日は、韓国という国家が全面協力して「受験生のための日」になる。

先ほどの記事には、こんな文があった。

「受験生は17日午前8時10分までに指定された教室に入らなくてはならない」

時間厳守。
もし、遅刻しそうになったら、この日は警察のパトカーや白バイを使ってもいいことになっている。

サイレンを鳴らしながら、パトカーや白バイが受験生を試験会場に送り届ける。

これは、過去の修能の日の様子。

国民総出の狂乱受験体制で、パトカーや白バイが遅れた受験生を運ぶニュースはこの時期の風物詩になっていますね。

韓国の大学修学能力試験

 

これもやり過ぎだろう・・・。

と思ったボクは、まだ甘かった。
韓国人にとっての修能の大切さは、こんなものではない。

 

修能が終った今ごろは、家でこんな韓国人が続出しているはず。

この日には、英語のリスニング試験で雑音がしないように、韓国全土で航空機の離着陸が禁止されるのだ。もちろんこれは毎年のこと。

くわしいことはこれをどうぞ。

韓国で「こんな国は恥ずかし過ぎる」の声も=韓国政府が航空機離着陸を全土で一時禁止に

 

「35分間、全国1183の航空機の運航が全面的に禁止される」

この35分間のためにかかる労力、時間、費用は、いったいどれだけのものなのか?
う~ん、想像もできないぞ。

とてつもなく膨大なものであることは、間違いない。

 

韓国は国をあげて、ここまで受験生をサポートする。

批判があっても、このようなことは毎年行われている。
ということは、国民が修能の大切さを分かっていて、全力でサポートするという合意があるからなんだろう。

韓国のこの一体感はすごいと思う。

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

 

こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。