日本の道はすごい!暑いインドは、道が溶けて蚊も飛べない。

 

はじめの一言

「日本人は私がこれまで会った中で、もっとも好感のもてる国民で、日本は貧しさや物乞いのまったくない唯一の国です(オリファント 幕末)」

 

 

前回話題となった「インドの季節」で、思い出したことがある。

インド旅で出会った日本人旅行者がこんなことを言っていた。

「日本には四季があるけど、インドの季節は三つしかない。『hot(暑い)』『hotter(もっと暑い)』『hottest(最高に暑い)』の三つだけ」

これをシク教徒のインド人に話すと、「それは知らなかったよ」と笑い出す。
インドでそう言われているのかと思ったけど、日本人が勝手につくった話らしい。

でも、これはあながち間違っていない。
インドは広いから場所によって気温はちがうけど、彼がいたところでは、短い冬と長い夏しかないという。

「だいたい一年中暑い。短い冬が過ぎたら、気温がグングン上がるんだ。5月か6月が1年で最も暑い時期になる。首都デリーのあたりでは、40度を超えることがある」

日本と違って、インドでは5月ごろで一番暑くなるに。
このときがhottest。

 

「暑くて死にそう」というのは言葉じゃなくて、インドでは実際、暑さによってたくさんの人が命をうばわれている。
2015年の酷暑では、2200人以上が亡くなった。
Hazard labの記事(2015年06月02日)から。

インドでは先月21日以降、北部の首都ニューデリーや中部のテランガーナ州ハイデラバードなどで最高気温が42℃~45℃に達し、この熱波の影響で中部を中心に2200人以上が死亡したとインド災害管理局が伝えた。

インド熱波で死者2200人を超える 気象庁が見通しを分析

おそろしインディア。

 

 

5月6月のインドは、暑いのではなくて熱い。

ボクはこの時期にインドに行ったことはないけど、この暑さを経験した猛者(旅行者)には何人も会ったことはある。

インドの安宿では、基本的に冷房がない。
代わりに、部屋全体に風を送る大きなファンが天井にある。
言ってみたら、巨大な扇風機。

でもこのファンが、この時期になると「巨大なドライヤー」になってしまう。
風が当たると熱くて苦しくなるらしい。

「だから夜も寝られないんです。部屋はサウナ状態ですから、屋上で寝ることもありましたね」

と、日本人旅行者が遠い目をしてあの日をふり返る。

彼は「貧乏旅行でもこの暑さは無理!」と泣く泣く高いお金を出して、冷房付きの部屋に変えた。
そしたら、その日の夜は停電で、冷房が使えなかったらしい。
暑さに怒りが加わって、ますます寝られなくなったという。

 

また、これは別の旅行者から聞いた話。

昼間は暑さで出かける気になれないから、彼は部屋のベッドで寝ていた。
目が覚めて「外に出ようか」と、台の上に置いてあったメガネをかけようとする。

でも、フレームを持った瞬間、「熱っ!」とメガネを放り投げてしまった。
陽がさすところにメガネを置いてしまったらしい。
インドの直射日光をため込んだメガネフレームは、もはや危険物。

 

インドの暑さで、今まで聞いた話でボクが1番驚いたのが「インドでは5月6月になると、あまりの暑さに蚊も飛ばなくなる」というもの。

「本当だよ。夏になると蚊は姿を消すんだよ。で、また暑さが下がるころに復活する。だから、インドで蚊は『冬の虫』と思われている。これはインド人も言っていた」

インドで蚊は冬の虫!
日本とはパラレルワールドだ。

この話は別の人からも聞いた。

「インドの暑さは異常。夏になると蚊が死ぬんだよ」

やっぱり世界は広かった。

 

 

この話を知り合いのインド人に聞いてみた。

「インドでは『蚊は冬の虫」というイメージがあるって聞いたけど、これは本当?」

「冬の虫?そんなことは聞いたことがないな」

とインド人シク教徒の彼は言う。
なんだ。あれは、バックパッカーの都市伝説だったのか?

「でも、あまりの暑さで、蚊が飛ばなくなるのは本当だ。だから、インドの夏は蚊がいなくなる。冬が来たらまた蚊が飛び始めるんじゃくて、10月ごろにモンスーンが来てから、また蚊が飛ぶようになるんだよ」

ということは、夏になると蚊がいなくなることは間違いなさそう。
やっぱり、日本とはパラレルワールドだ。

彼は続けて言う。

「5月のインドは大変だよ。50度近くまで気温が上がることもある。そうなると、金属製のドアノブに触れなくなるんだ」

どうやら、鍋つかみのような「ノブつかみ」が必要らしい。

「バイクに乗る時が大変なんだ。炎天下に置いてあるバイクのシートが、どれだけ熱くなるか分かるか?」

お尻が溶けそうですね。

 

*「あまりに暑いと蚊が飛ばなくなる」という説については、アース製薬が「蚊は気温25~30度のときが一番活発。30度を超えると動きがにぶくなる」と回答している。

くわしいことは「ねとらぼ」の記事(2018年07月18日)で。

「蚊は気温35度以上だと活動しない」とTwitterで話題に アース製薬に本当か聞いてみた

 

でも、インドで溶けるのはお尻じゃなかった。

「5月6月には、暑すぎて道路が溶けるんだよ」

え?
道路が溶ける?

インドの暑さ伝説はいろいろ聞いたけど、「道路が溶ける」というのは初耳。
でも、それは具体的にどんな状態だ?

ダリの絵で、時計が溶けているのは見たことがある。
でも現実世界で、道路が溶け出す事態が想像できない。

 

この話をしていたとき、ボクたちは日本の高速道路を走っていた。

「こういう道路がインドでは溶けるってこと?」

もう一度聞き返すと、彼ははっきりと「melt(溶ける)」と言う。
後ろの座席にいたインド人も話に加わる。

「本当だ。暑くなると、インドのハイウェイは溶けるんだ」

いや、だからその状態が分からないのだが?

彼らの話の話では、インドの道路で使われているタールが「hottest」のシーズンになると溶けてしまうという。

インドで使われているタールはもともと劣悪なもので、暑さに耐えられない。
インドの酷暑で、タールが溶けて道路が軟らかくなるらしい。

 

インドで車を運転していると、道が軟らかくなっている部分が分かるという。
すると「あ、ここは溶けてるな」と思って、スピードを落として安全に走行する。

「そういう道路でスピードを出すと、とても危ないんだよ」

それは言われなくても分かる。

ネットで検索すると、その画像が出てくる。
高速道路ではなくて、デリー市内のアスファルトの道も溶けている。
やっぱりインドの夏はすごかった。

 

ちなみに韓国では暑さでアスファルトがふくらみ、道路に亀裂が入って割れてしまった。

朝鮮日報の記事(2018/07/22)から。

全羅南道庁と李舜臣大橋の維持管理事務所によると、21日午後2時10分ごろ、麗水から1キロ地点の光陽方面の車線で道路の一部が割れて盛り上がった

猛暑で李舜臣大橋の路面に亀裂、一時通行規制 /麗水

 

車が常に一定の速度で走るためには、まずは質の高い道路が必要になる。
道路の状態が気温に左右されないもの。

夏になると溶け出す道路なんて論外。

その論外な道を知っているインド人からすると、日本の道路は「perfect(完全)!」になる。

時速100キロで走っても、車内でほとんど揺れを感じない。
日本の高速道路はカーブが少ないし、トンネルの中も明るい。

彼らはそんな「日本の普通」に感動していた。

言われみれば、たしかにそうだ。
セントレア空港までバスで走っていて、コーラのペットボトルをトレイに置いても倒れることがない。
こんな道路を造ることができる国は、世界でどれだけあるのだろう?

 

コーラのペットボトルを手でしっかり持っていても、あまりの揺れで、中身がこぼれそうな国はある。
カンボジアとかインドとか。

でも、飲み物がこぼれるくらいならまだいい。

ラオスでトラックの荷台に乗せられたときは、道に空いた穴で大きくバウンドするたびに、体が車外に放り出されそうになった。
あれは命にかかわる。

ということで、友人のインド人から見ると、日本の高速道路は間違いなく「奇跡」だ。

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料でっせ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから約してくれると本当に助かります。

 

よかったら、こちらもどうぞ。

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。