バシー海峡①輸送船の墓場:日本人が戦争と平和を考える場所

 

11月21日の産経新聞に、こんな記事があった。

「台湾で日本人戦没者慰霊、バシー海峡で沈没」

台湾南端の屏東県恒春の岬にある「潮音寺」で20日、台湾とフィリピンの間のバシー海峡で戦死した日本人将兵の慰霊祭が行われた。遺族ら約120人が参加し、読経の後、岬の先端から海に向けて献花した。

バシー海峡や周辺海域は、大戦中に多数の日本軍輸送船が米潜水艦などに撃沈され「輸送船の墓場」と呼ばれた。少なくとも10万人近くが死亡したといわれる。

台湾で日本人戦没者慰霊、バシー海峡で沈没

「バシー海峡」と聞いても、それが日本とどんな関係があるかわかる人はほとんどいないだろう。

 

でもこのバシー海峡で、広島・長崎への原爆投下や東京大空襲と同じぐらいの悲劇があったとしたら、どうだろう?

それが何なのか、知ってみたくない?

日本人が戦争と平和を考えるなら、知っておくべきところだと強く思う。

 

 

小松真一氏という人がいた。

この人は太平洋戦争に従軍した人で、自身が体験した記録を「慮人日記」に残している。

慮人日記

戦地の渦中にあって、見たまま聞いたまま、体験したままを、ほぼ、その場で、その時に記録された第一次資料。

太平洋戦争のドキュメントとして、極めて希有な存在。

(ウィキペディア)

この「慮人日記」の中で、小松氏は日本がアメリカに負けた理由を21あげている。

その中の1つに、「バアーシー海峡の損害と、戦意喪失」ということがある。

「バアーシー海峡」は、先ほどの「バシー海峡」のこと。

バシー‐かいきょう〔‐カイケフ〕【バシー海峡】

《Bashi Channel》フィリピン北端のバタン諸島と台湾南端の間にある海峡。ルソン海峡を構成する三つの海峡のうち、最も北側に位置する。幅約150キロメートル。黒潮が流れ、太平洋(フィリピン海)と南シナ海を結ぶ海上交通の要所として知られる。

(デジタル大辞泉の解説)

バシー海峡はフィリピンと台湾の間にある約100kmの海峡だ。

 

 

戦争中、このバシー海峡で多くの日本の輸送船が沈められている。
そのことから、ここは「輸送船の墓場」と呼ばれるようになった。

太平洋戦争後半にはアメリカ海軍の潜水艦が多数配置され、多くの日本輸送船を沈めたことから輸送船の墓場と呼ばれた

(ウィキペディア)

バシー海峡で亡くなった日本人の数はあまりに膨大で、ハッキリとはわかっていない。

10万人から26万人だといわれている。

台湾とフィリピンの間に位置するバシー海峡。この海峡は大東亜戦争末期、南方に向かって航海中の船舶が、米軍潜水艦の魚雷により撃沈され“魔の海峡”、“輸送船の墓場”と恐れられました。少なくとも10万、最大で26万とも言われる多くの犠牲者が眠っています。

バシー海峡戦没者慰霊祭

「少なくとも10万人」とあるけど、これは東京大空襲で犠牲になった人の数と同じ。
26万人となると、広島・長崎の原爆犠牲者の合計に匹敵する。

日本の学校で戦争や平和について考えるとき、原爆や東京大空襲について学ぶことはよくある。
でも、バシー海峡について教えられることはない。

 

先ほどの小松真一氏は、日本の敗戦の理由にバシー海峡の損害を挙げていた。
さらにここでは、原爆の犠牲者と同じぐらいの死者を出している。
それにもかかわらず、今の日本ではバシー海峡の名はまったくといっていいほど知られていない。

それはなぜか?

とても簡単な理由で、記録がほとんど残されていないから。

このバシー海峡の地獄を経験して生き残った人があまりに少ないから、記録も残っていない。
だから今の日本では、忘れられた地名になっている。

この10万から26万人の尊い命も、今の日本人の記憶からはほぼ忘れられている。

 

でもここで起きたことを、歴史から消してはいけない。
冒頭の記事で、この悲劇の慰霊祭が台湾でおこなわれていることを知って、バシー海峡について書こうと思った。

日本人なら、知っておいてもいいことのはず。

 

 

このバシー海峡で、どのようなことが起きたか?

当時、日本軍は日本兵をフィリピンに運ぶため、輸送船に多くの日本人を詰め込んで出航させていた。

問題は、日本には制海権も制空権もなかったということ。
ということは、アメリカ軍は簡単にこの輸送船を攻撃することができてしまう。
この輸送船はアメリカ軍に対して反撃できない状態で、数ノットという遅さで進んでいた。

アメリカ軍の潜水艦はこの輸送船を見つけ次第、次つぎと魚雷で沈没させている。
相手から攻撃が来ないことは分かっているのだから、米軍にしてみたらゲームのような感覚だったのではないか?

 

こんなことは考えられない。

この輸送計画を立案し、承認した日本軍がまったく理解できない。
輸送船を撃沈させたアメリカ軍より、こんな計画を現実におこなった日本軍の方に怒りを覚える。

沈没した船から流れ出た日本人の遺体は、台湾の浜辺に流れ着いた。

マオビトウの浜辺は遠浅です。
この浜辺にも約15000体ものご遺体、軍馬が打ち寄せられたこともあったそうです。

ご遺体収容は主として陸軍が行い、地元の台湾人の青年団が収容に協力をしました。

バシー海峡での出来事をもっと知るべきでは、、、

何日も海をただよっていた遺体は、凄惨な状態だった。

後年、中嶋氏は収容に当たった人から「遺体の軍服を持ち上げると、体全体に蛆のような小虫がびっしり取り付き肉体を食い散らし、骨片がボロボロと地面に落ちた」と聞いたそうです。

半島の浜辺からは、あまたのご遺体が台湾各地の共同墓地に毎日トラックで運ばれていったのです。

バシー海峡での出来事をもっと知るべきでは、、、

バシー海峡でたくさんの日本人が命を落としてしまったことを、頭のどこかに入れおいてもいいと思う。
戦争や平和を考えるきっかけになるはず。

同時に、海岸に漂着した日本人の遺体を、台湾の人たちが収容して埋葬してくれたことも覚えておくべきだと思う。

次回、このバシー海峡での悲劇について、もう少しくわしく描きます。

 

IMGP9721

 

こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

アフリカから日本に来て、戦国武士になった黒人奴隷(弥助)

日本の「kawaii(かわいい)文化」!海外の反応は?由来は?

 

2 件のコメント

  • ノットにはすでに「時速」という意味があるのですね。
    訂正しておきました。
    ご指摘ありがとうございます。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。