中国人頼りで大失敗②爆買いが去った後の日本の百貨店の今


 

最近のニュース

12月8日の朝鮮日報に、韓国でおこなわれた天皇陛下の誕生日記念行事の記事があった。

それを読んで「あれ?」と思った。

 

【ソウル聯合ニュース】在韓日本大使館主催の天皇誕生日記念行事が8日、ソウル市内のホテルで開催された。

会場となったホテル前では韓国の市民団体関係者10数人が行事開催に抗議し、警察が制止したが大きな衝突はなかった。

{在韓日本大使館が天皇誕生日記念行事開催 市民団体が抗議」

 

確か韓国のマスコミは、天皇を「日王」と呼んでいたはず。
「王」は「皇」のワンランク下になる。

これは、朝鮮日報の日本語版だけかもしれない。
韓国語版でも天皇だろうか?まだ日王なのだろうか?

中国人のマスコミは、「天皇」と書いている。
韓国のマスコミでも、「天皇」で統一すればいいのに、

 

IMG_2099

京都御所

 

2015年には、たくさんの中国人が韓国へ旅行で訪れた。

日本でも流行となった爆買いをしてくれて、韓国の観光業界や中国人をお客さんにしていた店では、笑いが止まらなかったらしい。

 

でも2016年に、すべてが一変する。

韓国と中国が、政治的に対立してしまう。
そして、怒った中国政府が韓国に「嫌がらせ」をするようになる。

たとえば、韓国に行く中国人の数を制限してしまった。

 

その結果今の韓国では、それまで中国人を頼りにしていた韓国人の悲鳴が聞こえているという。

 

韓国観光業界が悲鳴!日韓GSOMIA締結でうそのように消えた中国人観光客=韓国ネット「自業自得」「指導者を選び間違ったせいで…」

2016年12月8日、韓国・ソウル新聞によると、韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定や日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結による中韓関係の冷え込みが、訪韓中国人観光客の激減という形で表れている。

特に影響が大きいのが、一時は中国人であふれたソウルの明洞や東大門の商店や問屋だ。

 

こんな観光業界に同情する韓国人はいる。

けれど、それまでの「中国人重視」の商売を批判する人も多い。

 

また一方で、

「今まではもうかってたんだろ。内需をばかにして」
「中国人ばかり優遇して自国民をクズ扱いしたからだ」
「韓国で商売するのに、中国人がいないと維持できない店なんて存在理由がないよ」

など、韓国観光業界の姿勢を糾弾するコメントも目立った。

 

中国人観光客の増加を見込んで、中国人のお客さんをターゲットにした経営に方向転換する。

予想どおり中国人が来てくれたら両手をあげて万々歳だけど、中国人が消えてしまったら悲鳴をあげるしかない。

今の韓国は、そんな状態になっている。

 

でも、これは韓国だけのことではない。

中国人の爆買いが去った今、日本の百貨店も同じ困難にみまわれている。

 

p1200638

韓国の観光地には、漢字の看板も多い。

 

2015年の流行語大賞に選ばれたのは、「爆買い」。

確かに、この年の爆買いの勢いはすごかった。
テレビでも、この中国人の爆買いをよく取り上げていたから、覚えている人は多いと思う。

巨大なフェリーが港についたときには、2000人の中国人観光客を乗せる観光バスがズラリと待機している。

 

その後、中国語が飛びかう百貨店や家電量販店の様子や20万円を越えるレシートを持つ中国人をカメラで映す。

そして日本人のキャスターが、「爆買いは、本当にすごいです~」なんて目を丸くする。

 

そんな爆買いも、今ではすっかり消え去ってしまった。

残ったのは、中国人の爆買いに頼っていたお店の悲惨な状況だ。

ただのショッピングモール化する有名百貨店…ユニクロ、100円ショップまで進出で「終わりの始まり」

爆買いを見込んだ百貨店や飲食店などは、外国人観光客専用のフロアや店舗を整備するなど、爆買いのさらなる取り込みを図った。しかし、中国人観光客の爆買いは一気に沈静化。その結果、過剰な設備投資は重荷になっている。
救世主だった爆買い中国人が去った後、百貨店は窮地に立たされている。

 

img_8235

 

困った百貨店は、今まで入れていなかったようなテナントを入れるようになったという。

百貨店が招き入れる“異端者”は、ニトリだけではない。ファストファッションの代名詞的存在のユニクロ、デフレ時代の申し子ともいえる100円ショップなど、老舗百貨店のカラーとは異なる業態が、近年になって続々と進出している。

(同記事)

 

でも、百貨店がニトリ、ユニクロ、100円ショップなどを入れたら、イオンと変らなくなってしまう。

それまで百貨店が築きあげてきた「高級店」というブランド力を失ってしまう。

 

百貨店の良さは、商品の値段は高いけどショッピングモールにはない質の高いサービスや良質な品揃えだったと思う。

それが今では、どんどんショッピングモールに近づいてしまっている。
爆買いが去った後、今では百貨店が「イオン化」しているらしい。

 

ユニクロや100円ショップなどを入れたら、百貨店のブランド力をなくしてしまうことは百貨店の人たちがよく知っているはず。
自分で自分の首をしめているのだけれど、中国人が去った後には他に有効な方法がないから、苦肉の策としてやっているだろう。

 

一般の日本人は、この百貨店の惨状をどう思っているのだろう?

案外、先ほどの韓国人と同じ厳しい声かもしれない。

「今まではもうかってたんだろ。内需をばかにして」
「中国人ばかり優遇して自国民をクズ扱いしたからだ」
「韓国(日本で)で商売するのに、中国人がいないと維持できない店なんて存在理由がないよ」
「いつまで中国人でもうかると思ってたの?そろそろ高品質と多様性にチャレンジして」

 

当てにしていた中国人客が来なくなってしまったために、今の百貨店の厳しい現状があるとしたら、厳しい言い方だけど「自業自得」という面はある。

でも、このまま日本の百貨店が衰退していくのはさみしい。
百貨店は、今までに日本の文化を生んだこともある。

 

そのことを、次回書いていきたい。

 

このブログは、ビックリするほど人気がないんです。

1日に1万ビューを記録したことがあったけど、その日に下のボタンを押してくれた人は2人だけ。

これには、わりと真剣に落ち込んだ。

良かったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 


こちらの記事もいかがですか?

「旅」カテゴリー目次  ① 「旅」とは何か?

「旅」カテゴリー目次 ②

「旅」カテゴリー目次 ③

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す