タイ人とビルマ②歴史上最悪の事件アユタヤ王朝の滅亡・ミャンマーが嫌いな理由


 

最近のできごと

 

イギリス人の友人が、SNSで日本の野球の動画をシェアしていた。
シェアの件数が18,161件と、けっこうな数になっている。

Only in Japan.
Prepare to be confused. Very confused.

(超意訳)

こんなのは日本だけだ。
いいか?本当にわけがわからないぞ。

 

 

こういうのを見ると、外国人は日本を「不思議の国」と思うらしい。

中にはそうでもない人もいるけど。

I am not surprised by this. You can find many strange events in Japan.

(意訳)

ボクはこれじゃ驚かないね。日本では、変なイベントがたくさんあるよ。

 

13882564_10205457562477912_8515604580972819948_n

 

タイは「微笑みの国」として知られている。

タイに行くと、のんびりと穏やかな空気が流れていて人々もニコニコしている。
そんなのタイ人の友人でも、ビルマがアユタヤを滅亡させたことを思うと怒りを感じると言う。

 

アユタヤ王朝は貿易で栄えていて、文化も発達していた。

主に中国への米の輸出で国力を付けたほか、日本、琉球などの東アジア国家、東南アジア島嶼部、アラブ・ペルシア方面や西洋と活発に貿易を行い、莫大な富を蓄えた。

この富を背景にアユタヤでは当時繁栄していたクメール文化を吸収しつつ、中国、ヨーロッパ、ペルシャなどの文化の影響を受けた独自の華やかな文化が開花した。

(ウィキペディア)

 

でもこのアユタヤ王朝はビルマ軍に攻め込まれ、1767年にこの世から消え去る。

日本も朱印船貿易で鹿皮、鯨皮などを輸入していました。しかし侵攻してきたビルマによって14ヶ月間包囲された後、1767年4月7日の総攻撃で一夜にして破壊され、滅亡してしまいました。

タイ王国の歴史

 

タイの高校生の歴史教科書には、このことが「タイで最悪」の出来事であったと書いてある。

アユッタヤーがビルマに2度目の敗北を喫したことは、タイにとって重要かつ最悪の事件であった。王国の中心都市が破壊し尽くされただけではなく、各ムアンも大きな打撃を受けた。多数の人びとが死に、住んでいた場所を追われて捕虜になる者もあった。いくつもの町が廃墟と化した。

(タイの歴史 明石書店)

 

タイの歴史教科書は、全体的におさえた表現になっている。
韓国やベトナムの歴史教科書だと、「偉大なわが民族は~」といった力強く勇ましい表現が多い。

タイの歴史教科書はそうした感情的な書き方はなくて、歴史の出来事をたんだんと書いてあるから、この「最悪の」という言葉が際立っている。

現在のタイ人は、アユタヤ滅亡をタイの歴史上最悪の出来事だったと強く認識しているということなのだろう。

 

これをあえて日本にたとえれば、外国人が京都を武力占領し、あらゆる建物を徹底的に破壊して地上から消し去ったようなものだと思う。

タイ人にとっては、それぐらいの衝撃なのでは?

 

 

ビルマがアユタヤが滅亡はさせたことは、現在のタイ人のミャンマー人に対する見方に大きな影響を与えている。

タイではアユッタヤー時代といえばビルマに一方的に攻められた歴史であり、最終的にアユッタヤーを滅ぼしたの張本人がビルマであるとの認識が一般的である

タイのナショナル・ヒストリーではビルマがアユッタヤーを崩壊させた「宿敵」とみなされ、後の世のタイ人の対ビルマ観を悪化させることとなった

(物語 タイの歴史 柿崎一郎)

 

アメリカの原爆投下のように、「過去にそういう出来事があった」と現在と切り離し考えてはいない。

この出来事のせいで、今でもミャンマーを嫌うタイ人は多くいる。

 

そんなタイ人の考え方をあらわしているようなものを見たことがある。

下の写真は、バンコクの博物館にあったゲームだ。
襲いかかってくる敵を大砲で撃退するというもので、バイオハザードに近い。
でも、敵はビルマ軍の兵士で、それを大砲でやっつけていた。

P1160793

タイ人の子どももこのゲームをしていたけど、これは教育的にどうだろうか?
こんなことも、タイ人の「ミャンマー人観」の形成に影響を与えるはず。

 

「微笑みの国」と言われるタイに住んでいるタイ人でも、「怒るポイント」というものがある。

タイ人は、仏教と国王をとても尊敬して大切に考えている。

だから仏教や王室をバカにするような言動はタイではタブーになっていて、このタブーに触れたらタイ人は、怒りを爆発させる。

 

考えてみれば、ビルマ(ミャンマー)はタイ国王の宮殿やタイ仏教のお寺などを破壊し焼き尽くしている。

タイ人がもっとも大切にしている王室と仏教の2つを、同時に踏みにじったことになる。
タイの歴史のなかで、こんなことをした国はビルマだけだ。

 

だから250年たった今でも、タイ人がこのアユタヤ滅亡のことを思うと許せなくなるのだろう。

 

アユタヤにある仏様の頭

その目で何を見たのか?

 

IMGP9768

これはバンコクの王宮。

 

タイがビルマという国をどれだけ恐れていたのかは、現在のバンコクの位置を見ればわかる。

今のバンコクは、チャオプラヤー川の東側に位置している。

最初、タークシン王は川の西側に首都をつくっていた。
けれど、今の王朝の初代国王になるラーマ1世が、首都をチャオプラヤー川の東に移動している。

そしてこれが、現在の首都バンコクになった。

 

 

なんで川の東に移したか?

それは、ビルマから攻められたときの防衛を最優先に考えたからだという。
西側からビルマに攻め込まれた場合、大きな川が間にあった方が首都を守りやすい。

ビルマはとても強いから守備を重視して、首都を守りやすいところにおいたのだという。

 

日本とアメリカは、かつて太平洋戦争で戦った敵同士だった。
でも、オバマ大統領は今の日米関係をこう言っている。

「最悪の敵同士でさえ、最高の同盟国になれる」

タイとミャンマーがそうなるのは、今はまだ難しいようだ。
まあ、日本と韓国もそうかもしれないけどね。

 

よかったら、下のボタンを押してください。



 

こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す