恋愛での韓国人との違い②日本人は情けないのではなく潔い


 

最近のニュース

 

2016年12月22日のロイターの記事で、「アメリカ人が聞いてイラッとする言葉」という記事があった。

 

米国人がいらだつ表現は8年連続で「どうでもいい」=調査

 

[ボストン 21日 ロイター] – 米マリスト大学が21日発表した毎年恒例の調査によると、米国人が会話の中で最もいらだちを感じる表現のトップは8年連続で「どうでもいい」(whatever)となった。回答者の38%が、この表現にいらだつと回答した。

調査は1─9日に1005人を対象に実施。その結果、2番目にいらだつ表現は「悪気はないけど」(no offense, but)となり、5人に1人が最もいらだつ表現に挙げた。

3位は「だよね?」(Ya know, right)と「すごすぎ」(I can’t even)で共に14%。「どでかい」(huge)は5位で8%が最もいらだつ表現に挙げた。

 

これは本当だろうか?

ニューヨークに住んでいるアメリカ人の友人にメールで聞いてみると、こんな返事が来た。

 

Yes, those words are annoying!

 

確かにこれの言葉を聞くと、イライラするらしい。

アメリカ人と話すときには、気をつけよう。

 

 

 

 

さて、前回の続き。

 

韓国人の女の子は、そんな日本人と韓国人の恋愛感覚というか、考え方や価値観の違いにとまどった。

そういうことで、日本人のボクに意見を求めたらしい。

 

そのときボクが言ったのが、「日本人は武士の子孫だから」ということ。

 

「日本人は一回断られただけで、すぐにあきらめてしまう」というのは、情けないのではなくて、「潔(いさぎよ)い」ということ。

 

いさぎよ・い【潔い】

思い切りがよい。未練がましくない。また、さっぱりとしていて小気味がよい。「―・く身を引く」「―・く戦う」

デジタル大辞泉の解説

 

ちなみに、「武士の潔さ」をあらわす有名な言葉に、「花は桜木、人は武士」というものがある。

 

花は桜木、人は武士

【読み】 はなはさくらぎ、ひとはぶし

【意味】 花は桜木人は武士とは、花の中では桜がもっともすぐれており、人の中では武士が第一であるということ。

【注釈】 花では桜の花が最も美しく、人はぱっと咲いてぱっと散る桜のように、死に際の潔く美しい武士が最もすぐれていることをいったことば。

(故事ことわざ辞典)

 

この言葉は、「花は桜木、人は武士というように、自分も潔くありたい」という感じでつかわれる。

一般常識として、覚えておいて損はない。

 

 

枯れてからではなく、美しいままで散る桜は潔さの象徴でもある。

 

 

日本人にって「あきらめが早い」ということは、情けないことや悪いことではなく、「自分より相手の気持ちを尊重する」ということや「自分の気持ちをコントロールできる」という良い意味になる。

 

あきらめるということは、スパッと自分の未練を断つことと同じで、こういう態度は今の日本でも賞賛される。

 

たとえば、2016年の1月に、甘利経済再生相が突然大臣を辞めたときには、その態度をたたえるようなニュースがあった。

 

甘利氏に「全く潔い」「現代の『武士』だな」 突然の辞任にネット上では賞賛の声も

ツイッターなどでは、甘利氏の突然の辞任について、賛辞が次々に寄せられている。

“「全く潔い大臣辞任だ。まだこれから解明されるべき問題もあろうが、現代の『武士』だな」
「余りの潔さに質問する方がすごく遠慮気味だった空気が漂っていた。記者の中には甘利氏を尊敬している人もいるでは」

 

 

ちょっと話がそれる。

「武士の潔さ」ということで言えば、NHKの大河ドラマで有名になった「黒田官兵衛」はこんな言葉を残している。

 

もひおく言の葉なくてつひに行く 道はまよはじなるにまかせて

意味: この世に思い残すことはもう何もない。今は迷うことなく心静かに旅立つだけだ。

【悟りの境地】戦国武将の潔い辞世の句

 

この迷いのない明鏡止水の境地は、もはや日本人の精神的な美学だ。

「明鏡止水(めいきょうしすい)」とは、長野の有名な日本酒のことで・・・。

いや違う、こんな意味の言葉。

 

めいきょうしすい【明鏡止水】

くもりのない鏡と波立たない静かな水の意。心にやましい点がなく、澄みきっていること。 「 -の心境」

大辞林 第三版の解説

 

自分の好きな女の子から拒否されようが何があろうが、静かにそれを受け入れるということは、日本人の精神的な美徳になる。

決して「情けない」ということではない。
むしろ、潔い。

 

 

 

中国の列車の中では、韓国人の女子大生にここまで詳しいことは言っていない。

それほどの英語力はないから。

 

「その日本人は、『好きだけど、相手に迷惑をかけたくない』と思って自分の気持ちをおさえたんだと思う。それは、武士の考え方の影響を受けているのかもしれない」

そんなことを言っただけ。

 

でも実際には、そんなことはないだろう。

現代の日本人男性のご先祖様は農民や町民が多くて、武士の子孫なんて少ないはず。

「武士の精神」が今の日本人にどれだけ引き継がれているのかも、あやしい。

 

正直、「武士の精神」であれば、今の日本人よりネパールの「グルカ族」の方がその要素を強く持っていると思う。

 

フォークランド紛争時にはグルカの兵が攻めてきたと聞いて逃げ出すアルゼンチン部隊もあったという。

(ウィキペディア)

 

 

ボクとしては、韓国人の子の話を聞いてそのとき頭に浮かんだことを話しただけ。

 

でも、「武士」というキーワードのおかげか、その子はこの説に納得していた。

「それが韓国人と日本人の違いだ!きっとそう!」

その子はそんなことを言っていたから、それで良しとする。

 

 

ところで、もし韓国人の女の子に告白するなら、この言葉を忘れないでほしい。

「10回たたいて折れない枝はない」

成せばなる!
ならなかったら、潔くあきらめよう。

 

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。

1日に1万ビューを記録したことがあったけど、その日に下のボタンを押してくれた人は2人だけ。

これには、わりと真剣に落ち込んだ。

わかっています。努力不足なのは、わかっています。

でも良かったら、下のボタンをポチッとお願いしますね。

 

こちらの記事もいかがですか?
東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

日本って、どんな国? 「日本」カテゴリー目次 ④

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す