日韓合意(慰安婦問題)から一年②日韓友好のためなら、言わなきゃ。

 

最近のニュース

韓国にも、日本の「流行語大賞」のようなものがあるらしい。

韓国で今年の「新造語ランキング」が発表された。
その言葉は、何と日本語。

 

韓国の2016年新造語ランキング1位は日本生まれのあの言葉!

2016年12月27日、韓国経済によると、韓国で最も利用者の多いポータルサイト「ネイバー」の国語辞典で、今年最も多く検索された新造語は日本生まれの言葉「ツンデレ」だったことが分かった。

ネイバーの公式ブログによると、今年最も多く検索された新造語は「ツンデレ」だった。「ツンデレ」とは、不愛想な様子を意味する日本語「ツンツン」と、過度に甘える様子を意味する「デレデレ」の合成語で、一見クールだが、実は相手に尽くしたり、執着心の強い性格を意味する。

 

「日本生まれの言葉」という時点で、「造語」ではないような気がする。

それはさておいて、日本生まれの「ツンデレ」が韓国の新造語ランキングの1位になったことについて、ふつうの韓国人はどう思ったのか?

 

「ツンデレは新造語ではなく外来語」

「日本語が1位?なんか複雑」

「日本を嫌いなふりして、実は大好きなことがバレバレ。まさにツンデレ」

「頼むから、もっと韓国語を使ってくれ」

「日本から来た言葉だからといって否定してはいけない。ツンデレは韓国語では表現できないのだから。自業自得だ」

 

やっぱり、韓国人がつくった韓国語から選べば良かったのに。

 

数年前のことだけど、韓国人の友人は韓国で日本語の「中二病」や「アウトオブ眼中」という言葉もよくも使われていると言っていた。

 

 

さて、一年前(2015年12月28日)に何があったか覚えてますか?

この日に、日本と韓国の最大の外交問題だった「慰安婦問題」にケリがつきました。

慰安婦問題日韓合意

慰安婦問題日韓合意(いあんふもんだいにっかんごうい)とは、2015年(平成27年)12月28日の日韓外相会談で結ばれた、日本軍の従軍慰安婦問題を最終かつ不可逆的に決着させる、日本国政府と大韓民国政府との合意である。

(ウィキペディア)

 

これを受けて毎日新聞では、「日韓合意1年 将来にわたって尊重を」という社説をのせている。

これはそのなかの一文。

着実に履行されるよう、両国は協力を続けていってほしい。

 

「両国は」と書いてあるけど、日本は着実に履行しているワケだが。

り‐こう【履行】

[名](スル)
1 決めたこと、言ったことなどを実際に行うこと。実行。「約束を―する」

デジタル大辞泉の解説

 

日本は日韓合意にもとづいて、今年8月に10億円を韓国側にわたしている。

日本国政府は韓国政府が設立する元慰安婦を支援するための財団(「和解・癒やし財団」)に10億円拠出することを約束し、2016年8月31日に履行した。

(ウィキペディア)

 

着実に履行していないのは、韓国でしょ。

特に問題なのは、ソウルの日本大使館の前にある「慰安婦像(韓国での言い方は平和の少女像)」が移動されていないこと。

日本で関心が高いのは、在韓日本大使館前に建つ少女像である。合意では、韓国政府が日本の「懸念」を認識した上で「適切に解決されるよう努力する」とされた。

 

ソウルの「慰安婦像」が動かされるどころか、今新しい「慰安婦像」がつくられようとしているのだ。

韓国側にも自制が求められる。釜山の日本総領事館前への新たな少女像建立を計画する団体があるというが、そうした行為は日本側に感情的反発を生む。

 

今ある「慰安婦像」が、いつなくなるのか?
という問題だと思っていたら、新しい像が生まれそうだ。

韓国は大丈夫かいな?

 

これに対して毎日新聞は、日本人に「落ち着け」と自制をうながしている。

日本側が韓国世論を刺激すれば、少女像の問題にも悪影響を与える。韓国の状況が落ち着いてから改めて懸念を伝えたい。

 

 

12月28日の「ホウドウキョク」でも、慰安婦問題について伝えている。

合意は「最終的かつ不可逆的な解決」とされ、その後に行なわれた安倍首相と朴槿恵大統領の電話会談でも、合意を誠実に履行していく方針が確認された。

電話会談で、安倍首相は「心からのお詫びと反省」を表明し、記者団に対しては「日韓両国が力を合わせて新しい時代を切り開いていくきっかけとしたい」と強調した。

「慰安婦合意」から1年。日本が10億円拠出しても増え続ける“少女像”

 

日韓両政府の間で、慰安婦問題の解決について合意して決着がついた。
そして、日韓の新しい時代が始まる。

ここまでは毎日新聞の社説と似たようなもの。

 

でも、ここからが違う。

しかし、ソウルの日本大使館前にある「慰安婦像」も撤去されないままとなっている。

国外で増え続ける「慰安婦像」
「慰安婦像」については撤去どころか、国外に新たに設置する動きまで出ている。

今月10日、米ワシントンの中心部で、慰安婦問題を象徴する少女の像が公開され、アメリカの韓国系団体が主催して式典が行われた。

この像は韓国で作られたもので、ソウルの日本大使館前にあるものの複製だという。同じ様な像は、すでにカリフォルニア州などにも置かれている。

 

まず、「少女像」という韓国側の呼び方はしないで、「慰安婦像」と書いている。

さらに、ソウルの「慰安婦像」が撤去されないことだけではなくて、「慰安婦像」が海外に広がりつつある事態を心配している。

 

ここでは、釜山の像のことは書いていない。

「慰安婦像の存在が、日韓の友好に暗い影を投げかけている」という現状を指摘しているだけで、毎日新聞のように日本人へ自制を求めてはいない。

 

 

ボクとしては、「ホウドウキョク」の記事の考え方に賛成。

日本人は韓国を刺激しないように自制するよりも、「こうしてほしい」「こうしないでほしい」と考えていることをハッキリ伝えたほうがいいと思う。

 

日韓の友好という観点に立てば、「ホウドウキョク」のように新しい「慰安婦像」が海外に広がってしまうことを警戒する論調が正しいと思う。

毎日新聞は「日本側が韓国世論を刺激すれば」と、日本側にその言動をつつしむように求めている。

 

でも、実際はどうだったか?

「日本側が韓国を刺激する」ということの代表的な例には、「首相による靖国神社の参拝」がある。
「韓国側を刺激する」ということでいえば、これは最大級のものだ。

 

民主党が政権をとっていた時代、首相は靖国参拝をしてこなかった。
その結果、どうなったか?

 

民主党政権の3代の首相はみな、自身の靖国参拝を明確に否定していたが、この期間に日中、日韓関係は戦後最悪になったからだ。

【靖国考(上)】「歴史カード」に便乗する韓国 変化した米側の対日姿勢 (2/3ページ)

 

日本側が韓国を刺激しないようにしていたにもかかわらず、日韓関係は戦後最悪というレベルになってしまった。

 

こういう現実から考えると、「韓国を刺激しないように、日本は言動を自粛する」ということではなくて、「慰安婦像が立つことには反対する!阻止してくれ!」とハッキリ言ったほう良いと思う。

そのほうが、きっと日韓友好のためになる。

 

ところで、この日韓合意から一年がたった今、韓国のマスコミはこの問題をどう伝えていたのか?

次回は視点を変えて、韓国から見てみたいと思う。

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。

1日に1万ビューを記録したことがあったけど、その日に下のボタンを押してくれた人は2人だけ。

これには、わりと真剣に落ち込んだ。

わかっています。努力不足なのは、わかっています。

でも良かったら、下のボタンをポチッとお願いしますね。

 


こちらの記事もいかがですか?

恋愛事情にみる韓国人との違い①日本人の男は情けない!?

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。