韓国人の敵は韓国人!外国人観光客へのぼったくりに大統領も動く

 

最近のニュース

「WARNING NO! graffiti」

東京の渋谷に、こんな英語のポスターが張り出されているらしい。

これは「警告! 落書き禁止」という意味で、渋谷で落書きをする外国人に対して注意を与えている。
ここ近年、「渋谷は落書きOK」と勘違いした外国人が警察に捕まるという事態が続いているらしい。

渋谷、落書きNO! 勘違い外国人向け英語ポスター

渋谷署によると、男たちは「米国で知人から、渋谷はストリートアートが許可された場所と聞いた」と供述。リュックサックには入国直後、都内で購入したスプレー缶24本が入っていた。

センター街では今年3月にも、米国人観光客の30代の男が店舗のベニヤ板にスプレーで自分の名前のイニシャルなどを吹き付けた疑いで逮捕されている。この男も「落書きは合法だと思った」と話し、都内で購入したスプレー缶を6本持っていた。同署は、落書き目的で渋谷を訪れたとみている。

 

海外旅行に行くと、たまにストリートアートを見かけることがある。

マレーシアのペナン島は、とても有名。

 

画像は、【ペナン島】まるで宝探し気分。世界遺産ジョージタウンで壁画アート巡りの旅から。

 

下は、韓国のソウルのもの。

日本でストリートアートができるところには、どこがあるんだろう?
こういう自由度は、韓国のほうがあると思う。

 

 

今日(2016年12月31日)、朝鮮日報にこんな社説があった。

【社説】外国人客相手にぼったくる韓国タクシー、この国はまだまだ未熟

先日も韓国観光にやって来たある中国人団体客が終日免税店や健康食品の専門店など6カ所の店を連れ回され、ショッピングを強要されたというニュースが報じられた。この健康食品店はこの団体客がやって来た時にシャッターを閉め、100万ウォン(約9万7000円)相当の商品を半ば強制的に売りつけた後にはじめてシャッターを開け、団体客を帰らせたという。

 

この他にも、オーストラリア人の観光客からぼったくったタクシードライバーのことが書いてある。

 

それにしても、なんで12月31日という日に、しかも記事ではなくて社説で「韓国人によるぼったくり」を取り上げるのか?
でもある意味、韓国らしい。

 

今回は、このことを書いていきたいと思う。
「韓国人の敵は、韓国人なんですよ」
というテーマ。

 

ちなみにこの言葉を聞いたのは、東京で一年間ワーホリをしていた韓国人の友人から。

新大久保にはたくさんの韓国人がいるけど、そこでワーホリの韓国人がだまされたことがたくさんあったから、「韓国人の敵は、韓国人なんですよ」と言う。

日本語ができない韓国人がそこで仕事をしたら、日本の最低時給以下の賃金だったということがよくあったらしい。

それで、「日本人よりも、日本にいる韓国人がだますほうが多いんですよ」らしい。

 

 

2010年ごろ、韓国は観光客の誘致で日本を圧倒していた。

2011年には、韓国が979万人の観光客を誘致したのに対して、日本は622万人だった。
韓国は、日本の1.5倍の観光客を集めていた。

 

これは日韓の観光インフラの違いからすると、あり得ないことらしい。

日本には東京ディズニーランドや大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、世界の5大テーマパークのうち三つがある。

「観光客誘致合戦で日本に逆転された韓国 どういうわけか危機感すらない」

確かに韓国の場合、「世界的なテーマパーク」という点では弱いかなあ。

 

その代わり、韓国は戦争を「観光」にしている。

 

それが、2015年に日本に逆転されてしまう。
韓国1324万人に対して、日本は1974万人と一気に引き離す。

朝鮮日報では、この逆転の理由を次のように指摘している。
日本では、ビザの条件をチョイとゆるめて外国人にビザを取りやすくした。
また、日本のいろいろなところにWiFiを設置することもした。

 

なかには、韓国のやり方を取り入れたこともあったらしい。

韓国に対するベンチマーキング(優良な実例に倣って改善する手法)にも力を入れた。日本政府は観光客誘致にプラスになるとの理由から、韓国のロッテホテルやホテル新羅などの「韓国型免税店」を誘致した。
済州島のウオーキングコース「済州オーレ」が成功しているのを参考に、九州の各自治体は「九州オーレ」を作って韓国人観光客を呼び込んでいる。

 

韓国のやり方を「優良な実例」と言っているところが、いつもの韓国人でほほえましい。

 

ところで、この「九州オーレ」という言葉を知ってた?

「どんなものだ?」と思って、検索したけど出てこない。
「LL 焙煎カフェオーレ 200ml |九州乳業株式会社」というのはあるけど。

日本のネットに出てこない「九州オーレ」って何だ?
また、「そんな事実はない」という韓国得意のブーメランか?

 

それはいいとして。
韓国が日本に逆転されたにもかかわらず、「韓国には危機感がない」ということに新聞が危機感をもっている。

下は、朝鮮日報の6月19日の記事。

客が外国人と見ると、タクシー代を突然3-4倍に上乗せするようなことも日本ではあり得ないし、また店から手数料を取るため団体観光客をバスであちこち連れて回るようなケースも日本ではほとんど見られない。

「観光客誘致合戦で日本に逆転された韓国 どういうわけか危機感すらない」

 

この記事に対して、産経新聞のコラムが「そんなもん、当たり前すぎるだろ!」と容赦ないツッコミを入れている。

また同コラムが指摘するのが、外国人観光客に接する態度の違いだ。「客が外国人と見ると、タクシー代を突然3-4倍に上乗せするようなことも日本ではあり得ない」という。

「店から手数料を取るため団体観光客をバスであちこち連れて回るようなケースも日本ではほとんどみ見られない」という。

日本では当然すぎて注目もされないことに、韓国人が学ぶべき点をみているようだ。

「外国人と見るとタクシー代上乗せ」 日本に観光客で逆転された韓国、自省のコラム

 

 

今年の6月には、一部の韓国人によるぼったくりを退治するべく、「ぼったくり戦争」が始まった。

朴槿恵大統領が直々に、それを宣言している。

 

下は、6月26日の産経新聞のコラム。

さらには、朴槿恵大統領までが直々、ボッタクリ根絶を訴える始末。今に始まった話でもないが、「先進国」を自称する韓国は現在も、国内で悪しきボッタクリ文化と闘っている。

韓国はボッタクリ文化を克服できるのか? 外国人観光客にのり巻き1本900円

 

ずっと前から、韓国の当局が韓国人によるぼったくりを何とかしようとがんばってはいた。
でも、大統領が直接動き出したというのは、このときが初めてじゃないか?

しかも、大統領を動かしたのは、「手巻きりのぼったくり」だった。

朴大統領は今月17日、大統領府で開かれた文化観光産業の競争力強化に関する会議で、次のように述べたという。

「観光客が来ないからといっては嘆き、客がたくさん来れば不親切で、キムパプ(のり巻き)1本に1万ウォン(約900円)もの高い代金を取るのは観光客を追い払う行為だ。そんなことで観光客が大勢来るのを願うのは矛盾している」

「中国人団体観光客を相手にした低価格の観光やタクシーのボッタクリといった問題は、客の満足度を下げ、韓国観光のイメージを失墜させる深刻な原因だ」

 

朴大統領が問題にしたのは、ソウルでの「手巻きのりぼったくり事件」のこと。
といっても、金額としてはそれほど大したことではない。

今年の2月に、135円ほどののり巻きを、韓国語がわからない中国人観光客に約900円売っていた、というぼったくり事件があった。
これに中国人観光客が、「韓国には二度と行かない!」と激怒する。

 

大統領は、このことを会議の場で持ち出したのだ。

会議には、韓国政府の閣僚や次官、観光業界関係者ら約150人が出席していたという。

 

これは大統領による事実上の「宣戦布告」で、ぼったくり戦争といっていいと思う。

 

でも今になってみると、ぼったくより先にまさか朴大統領が消えてしまうことになるとはね。
韓国の闇は深い。

パク大統領はこのことでも、崔順実(チェ・スンシル)氏に指示をあおいだのだろうか?

 

 

ここで、始めの朝鮮日報の社説に戻る。

【社説】外国人客相手にぼったくる韓国タクシー、この国はまだまだ未熟

12月31日という年の瀬になっても、6月の記事とまったく同じことを言っている。

ワクワクした思いで韓国に来たものの、帰る時は「もう絶対に来ない」と言って帰る外国人が多くなるのも当然のことだ。

 

でも、一部のぼったくり韓国人には、どうすることもできないらしい。
最後に失望して社説を終えている。

これらは国の観光産業という観点から考えても深刻な事態だが、それ以前に良識ある人間としてやるべきでないことが、韓国では普通に行われていることに失望を禁じえない。

 

これが、12月31日の社説か?
ふつうは、2016年を振り返ったりもっと重大なことを書いたりするものじゃないのかな?

 

それいいとして、これにもさっきの産経新聞のコラムのようなツッコミを入れることができると思う。

日本では当然すぎて注目もされないことに、韓国人が学ぶべき点をみているようだ。

 

でも、韓国さん?
タクシーや健康食品のぼったくりより、もっと深刻な問題があると思いますよ?

 

そんなことより、釜山に慰安婦像が立っちゃったことにがっかりだよ。
せっかく日韓関係は良好だったのに、また日本人観光客が減ると思うな。

さて、2017年には、日本と韓国はどうなるんだろうねえ?

 

あ、ちなみに、2017年も韓国でのぼったくりは間違いなく続くので、旅行の前には情報収集をしっかりやりましょう。

大統領が動いても、ぼったくりはなくならないんだから、もう、韓国からぼったくりがなくなることなんて考えられない。

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。

1日に1万ビューを記録したことがあったけど、その日に下のボタンを押してくれた人は2人だけ。

これには、わりと真剣に落ち込んだ。

わかっています。努力不足なのは、わかっています。

でも良かったら、下のボタンをポチッとお願いしますね。

 


こちらの記事もいかがですか?

恋愛事情にみる韓国人との違い①日本人の男は情けない!?

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。