韓国の除夜の鐘②中国に始まり日本からソウルに伝わった風習

 

 

まあ、まずは下の写真を見てくださいな。

これは、国連の潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が、皇太子に会ったときの写真。

これが、韓国で問題視されている。
さあ、これの何が問題か考えてみよう!

 

 

この潘基文(パン・ギムン)さんは、韓国の次期大統領の有力な候補者になっている。

日本の皇族に向かってこんなに深く頭を下げる人物が、韓国の大統領としてふさわしいのか?

ようするに、「韓国の大統領としての資質」を問題視しているのだ。

 

これが、それを伝える韓国の新聞記事。

반기문, 日 왕세자 부부에게 90도 인사

「日」は日本で、「90」は90度にお辞儀をしたということ。

元旦から、さっそく反日ですね。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

 

でもさ、潘基文(パン・ギムン)さんの問題はこっちでしょ。

歴代最悪の事務総長…潘基文氏が国連で離任挨拶「シンデレラのような気分」 韓国大統領選の支持率トップ

安保理常任理事国の中国への肩入れや、「自国優先」「縁故主義」の姿勢が批判されるなど、国連のトップとして中立性が問われる場面も目立った。
英エコノミストは、潘氏を「歴代最悪の事務総長の一人」と痛烈に批判した。

 

記事は、2017年1月1日の「SankeiBiz」から。

 

 

前回、韓国にも除夜の鐘をつくという風習があることを紹介した。

そのときに感じた疑問はこれ。

 

日本の除夜の鐘は、韓国(朝鮮)から伝わったのか?
それだと、除夜の鐘は韓国起源ということにある。
もちろん大切なことは事実だから、どちらが起源かはどうでもいい。

それとも逆に、除夜の鐘は日本から韓国に伝わった風習なのだろうか?

気になって調べてみた。

 

結論からいうと除夜の鐘をつくというのは、中国(宋)で生まれて日本に来て、日本から韓国に伝わった風習だった。

 

まず、今の世界で除夜の鐘を鳴らすのは日本だけらしい。

除夜の鐘

除夜 (大みそかの夜) の夜半に諸寺でつく鐘。人がもつという百八煩悩を救うため 108点の鐘をつき鳴らす。こうした風習は日本だけという。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

 

でも、除夜の鐘の始まりは中国の宋の時代だという。

除夜の鐘

12月31日(旧暦30日)大晦日(おおみそか)の夜半から元日にかけて、寺院で梵鐘(ぼんしょう)を108回つくこと。百八の鐘ともいう。中国宋(そう)代から始まったとされる。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

 

このことは、ウィキペディアにも書いてある。

中国から宋代に渡来した習慣とも言われる。

(ウィキペディア)

 

たぶん、中国で生まれた除夜の鐘をつくという風習は、今の中国からはなくなって日本にだけ残っているということなんだろう。

そもそも、宋の時代におこなわれた除夜の鐘は、今の日本の除夜の鐘と別のものだったと思う。

 

ちなみに、鎌倉文化は宋の影響を強く受けている。

お茶を飲む習慣が日本に伝わったのも、宋の時代。

 

日本初の禅専門道場である建長寺が開かれたのも、宋の時代。

伽藍配置は中国式であり、寺内では日常的に中国語が使われていたという。

建長寺 ウィキペディア)

 

宋から伝わった禅宗が日本全国へと広がっていったのは、鎌倉時代から。

 

 

では、韓国の除夜の鐘はいつ始まったのか?

中日新聞の「韓国の魅力」というコラムに、そのことが書いてある。

 

韓国では毎年1月1日0時になるとソウルの普信閣で、「33回」除夜の鐘をつき鳴らして新年を知らせます。

記録によれば、朝鮮時代には毎日夜10時になると鐘を28回ついて城門を閉じ、午前4時になると鐘を33回ついて城門を開けました。

この時代では「除夜の鐘」という概念はなく、民の「通行禁止」を知らせるための「時刻表示」の役割だったのです。

韓国の「除夜の鐘」はなぜ33回?/「漢数詞」を覚えよう!

 

もともと朝鮮王朝時代には、除夜の鐘をつくという風習はなかった。

でも、ソウルの城門を開く合図として、「普信閣」の鐘をたたくことはおこなわれていた。

 

これが今の韓国の除夜の鐘になったのは、日本の影響と書いてある。

記録では、普信閣の打鐘は日本によって進められた「甲午改革」後には廃止されて、1895年からは鳴らない。一方、日本の植民地時代では、ソウルの南山にある日本のお寺で「除夜の鐘」をつき鳴らしていました。

除夜の鐘に普信閣の鐘をつき始めたのは、日本からの独立後、6•25動乱(韓国戦争)という悲劇を経て訪れた平和の年、1953年からだそうです。近代的な歳時風俗の一つとして定着した「除夜の鐘」を鳴らす韓国の現在の風習は、日本から伝わったとされています。

 

ということは、韓国起源ではなくて日程残滓(にっていざんし)だったのか。

日帝残滓(にっていざんし、일제잔재)とは、大日本帝国による朝鮮統治時代に、日本から朝鮮半島に伝わった文化・文物の総称。

「残滓」とは文字通り「残り滓(かす)としての捨て去るべき廃棄物」や「屑」という意味であり非常に差別的なニュアンスを含むが、主として韓国ではマスコミや日常会話でも使われるポピュラーな言葉であり、多くが日本由来の文物に対しての一方的な人種差別的な揶揄と排斥の意味で使われる。

(ウィキペディア)

 

 

韓国は日本の統治時代をとても嫌っている。
これはその時代に建てられたソウル市庁。

 

だから韓国が独立した後、その時代に日本から伝わった言葉や習慣、建物などを韓国からなくそうという運動があった。
今もある。

 

「韓国の社会から日帝残滓をなくす」という運動の具体例には、「国民学校」を「小学校」に変えたというものがある。

「国民学校」は日本の統治時代の呼び方だから、韓国としてはこの日本語を使いたくない。
それで、「小学校」と呼び方を変えた。

 

今の除夜の鐘は、韓国人が嫌う日帝残滓だけどなくさなくていいのかなあ?

なんて意地悪なことを言うつもりはない。

 

鐘をつく回数が33回というのは、日本の除夜の鐘とは違っている。

これは、城門を開くときに普信閣の鐘を33回ついていたことに由来している。
だから、韓国での除夜の鐘は「日帝残滓と朝鮮時代のミックス」ということになる。

 

先ほどのコラムでは、「33」という数についてこのように書いてある。

仏教では、この世の中心である須弥山には「33天」があり、そこには帝釈天をtopに「33の神々」が住んでいるとされています。仏教において「33」という数はとても重要な意味をもつのです。

 

ソウルの城門が開かれるときに普信閣の鐘を33回たたいたのは、この仏教の考えによるものかはわからない。

 

でも、33という数字は仏教では大事な数字なのは確か。

京都の三十三間堂も、「33」だ。
その理由について、三十三間堂のホームページにこんな説明がある。

 

正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。これは、東面して、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴によります。「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しています。

三十三間堂の建築

 

 

 

 

ということで、韓国の除夜の鐘をつくという風習は日本から伝わったものだった。

でも、108回つくという日本の除夜の鐘とは違う。

だから、「人がもつという百八煩悩を救うため 108点の鐘をつき鳴らす。こうした風習は日本だけという」という先ほどの記述は正しいのだろう。

 

韓国の除夜の鐘は、仏教にはほんとんど関係ない「カウントダウンのイベント」という感じ。

ソウルナビには、「韓国人にとっての除夜の鐘」についてこんな説明がある。

この鐘の音を聞くという儀式は、希望に満ちた新年を迎えようという、韓国人にとってはとっても重要な儀式。

普信閣

 

その後に花火大会になってしまうことも、日本の除夜の鐘とは違う。

韓国の場合は、仏教の考えから離れているし伝統文化でもない。
国民が楽しむ年末の大イベントだ。

 

ソウルナビによると、ソウルで最大のカウントダウンのイベントはこの普信閣(ポシンガッ)のものらしい。

 

普信閣(ポシンガッ)でのカウントダウンイベント!(12/31-1/1)

12月31日の大晦日に鍾路(チョンノ)の普信閣(ポシンガッ)で毎年行われる年越しカウントダウンイベント。普信閣前にステージが設置され除夜の鐘もココで鳴らされます。ソウルのカウントダウンイベントでは最も大規模。

毎年大変な人出になるので、盗難やケガに注意しましょう。カウントダウンの後は、鍾路のメインストリートで打ち上げ花火が乱舞。

このイベントに備え、31日の午後10時半ころからはメインストリートは通行止めに、また1月1日(31日の深夜)には地下鉄の運行時間が午前2時頃まで延長されます。

年末年始のソウルを楽しもう!【2016-2017年】

 

ソウルで最大規模ということは、韓国で最大規模ということだろう。

ニューヨークのタイムズスクエアのようなものかな?

 

 

 

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。

1日に1万ビューを記録したことがあったけど、その日に下のボタンを押してくれた人は2人だけ。

これには、わりと真剣に落ち込んだ。

わかっています。努力不足なのは、わかっています。

でも良かったら、下のボタンをポチッとお願いしますね。

 


こちらの記事もいかがですか?

恋愛事情にみる韓国人との違い①日本人の男は情けない!?

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。