慰安婦問題のニセ情報②だまされる状況や心理状態に要注意!

 

最近のニュース

東日本大震災のときに、「86%の人がデマを信じてしまった」というデータが公表された。

河北新報の記事から。
*リンク切れ注意

<外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる

東日本大震災直後に宮城県内で流れた「被災地で外国人犯罪が頻発している」というデマを聞いた仙台市民の8割以上が事実と信じたとする調査結果を、郭基煥(カクキカン)東北学院大教授(共生社会論)がまとめた。

宮城県警はうわさが事実ではないと確認。流言を否定するチラシを避難所に配り、治安は保たれていることを強調した。

 

偽情報を信じて行動したら自分が損する。
要注意ですよ。

今回はそんな記事です。

 

真実を見抜く目がほしい。
なんてね。
写真はインドの子ども。

 

釜山の日本領事館の前に、慰安婦像が立ってしまった。

怒った日本政府は1月9日に、韓国大使を帰国させている。
読売新聞の記事から。
*リンク切れ注意

駐韓大使ら一時帰国、抗議の4項目の措置の一つ

政府は9日、長嶺安政・駐韓大使と森本康敬・釜山プサン日本総領事を一時帰国させた。

 

その長嶺大使が日本に帰国する前、大使は韓国でこんな扱いを受けていた。
韓国人の記者が「我われは取材しない」という意思をあらわすために、カメラを下に置いて二列に並んで大使をにらみつけている。

1

 

 

1

 

でもじつはこれ、ウソです。

 

なんだウソかよ、ビックリしたじゃねえか。
羊飼いのインド人。

 

上のような抗議があったことは事実。
でも、それは11月23日のこと。

上の写真は、ハフィントンポストのこの記事から。
*リンク切れ注意

日本と韓国が軍事情報の協定に署名 その日、記者たちは異例の「出迎え」(画像)

日韓両国が11月23日、「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)に署名した。

 

だから、上の写真と今回の慰安婦像の問題とはまったく関係がない。
ないないない。

 

わいは~。
あ、ハワイです。

 

なんで今回こんな記事を書いたのか?

それはねえ、このトリックに騙されていた人がたくさんいたから。
ボクは前にこの写真を見たことがあったから、これがウソだとすぐに分かった。
「ひどい情報操作だなあ」と思って終わり。
けれどこのウソ写真を見て、大使の帰国への抗議だと信じてしまった人がけっこういた。

 

そして、「韓国はふざけんな!」といった怒りのコメントを書きこむ。
偽情報に踊らされてコメントをするのは、さすがにマズイ。
このウソ写真をネットに投げ込んだ人間の目的は、まさにそれかもしれないけど。

この偽情報がフェイスブックやツイッターで拡散されているのも見た。
だから、これを見抜けなかった人はかなりいたんだろう。

この写真をネットに投げ入れた人の目的はなにか?
韓国嫌いの日本人を増やしたかったのか?
それとも、ただのいたずらか?

動機がなんであれ、このやり方はひどい。
こんなやり方で嫌韓感情を高めようとしているのは、卑怯にして卑劣。

 

ネットには、こんなウソや情報操作がけっこうある。
実際に、そのトリックにひっかかっている人もいる。
今回のような手口は、これからもどこかで使われると思う。
偽情報や情報操作に騙(だま)されて痛い目に合わないためにも、知っておく価値はあると思う。

 

ま、ボクには関係ない話ですけどね。

 

この写真を信じてしまった人は、騙されたのだから被害者ではある。

だけど偽情報を信じて拡散させてしまったら、それはその人の責任になってしまう。
「ウソを拡散してんじゃねえ!」といったコメントが来るぐらいならいい。
自分が発信した偽情報を友人が信じてしまったら、自分の信頼をなくしてしまうかもしれない。

当たり前だけど、偽情報を信じて良いことは何もない。
デメリットしかない。

 

でも、偽情報に騙されてしまうのには、「信じやすいタイミングだったから」という原因もある。

この記事の始めに紹介した河北新報の記事でも、人が騙されてしまうのは「信じやすい状況と心理状態にあるとき」だと指摘している。

会員制交流サイト(SNS)の普及で真偽不明の情報が拡散しやすい状況と、大災害直後の特殊な心理状態が背景にあったとみられる。

<外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる

 

前にテレビ番組で、「詐欺師がもっとも騙しにくい人」として「金儲けに興味がない人間」をあげていた。
金儲けに興味がない人に金儲けの話をしてもまったく乗ってこないから、らしい。

逆に騙しやすいのは、お金に困っている人や「早くたくさん稼ぎたい!」と強く思っている人たちだという。
そういう人ほど、金儲けの話には食いつきやすいから。

自分では気づいてないけど、その人たちはもう騙されやすい状況や心理状態にいるのだろう。
何かを信じようとしたら、「今自分がどんな状況や心理状態にあるか?」ということをよく考えた方がいいよ。

 

人を騙すヤツには、いつか天誅がくだる。
なんてことを期待する前に、偽情報に騙されないように気をつけたほうがいい。

 

この記事を読んでいる人は、韓国の慰安婦問題に関心がある人が多いと思う。
この問題には「嫌韓」や「親韓」がからんでいるから、そんな感情をあおるような偽情報はかなりあると思う。
騙されないように気をつけよう。

自分が信じるだけならいい。
繰り返しになるけど、間違った情報を誰かに話したり自分のSNSで拡散したりしたら、自分の信用を失ってしまう。

特に「韓国が大嫌い!」という人や「韓国が大好き!」という人は、すでに「偽情報を信じやすい状況や心理状態」にあると思う。
要注意ですよ。

 

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。

よかったら、ポチッとお願いしますね。

 

こちらの記事もいかがですか?

日韓関係の歴史を知ろう①戦後最悪からの改善:竹島→慰安婦

釜山の慰安婦像②日本政府の怒り!韓国人の反応・気持ちは?

日韓関係③慰安婦像問題の責任は?韓国政府?国民?釜山市?

日韓の慰安婦像問題④アメリカ「ねえ日本。僕もう、韓国に疲れたよ」

日韓の慰安婦問題⑤韓国とアメリカ(米韓関係)、朝鮮戦争の始まり。

慰安婦像問題⑥韓国にとってのアメリカとは(朝鮮戦争)?

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

2 件のコメント

  • はじめまして。
    韓国の悪い面を指摘するだけで、ともすると右翼だ差別的だなどと見なされがちな昨今、この様な良心的なアプローチがあるのは素晴らしい事だと思います。

    保守の中からこそ(保守という言い方は正しくないかもしれませんが)、この様な声が上がるべきだとずっと思っていました。
    頑張って下さい。

  • ありがとうございます!!
    そう言ってもらえると、素直にうれしいですね。

    右翼だの差別だのというコメントは来ますけどね。
    でも、このブログでは韓国の良い面も紹介しているんですけどね。
    良い面悪い面ふくめて、韓国を知る理解する必要があると思いますし。
    また、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。