安倍政権の支持率が高いのは、民進党(民主党)の議員が自滅するから

 

最近、「安倍首相が漢字の読み間違いをしたぞ!」ということが大きな話題になった。

安倍首相は、国会で「訂正『でんでん』というご指摘はまったく当たりません」と言っている。

これはきっと、「訂正云々(うんぬん)」を「訂正でんでん」と読み間違えてしまったのだろう。

 

でも、漢字の読み間違いよりもひどいのは、これ。

「安倍首相が『云々』を『でんでん』と読み間違えた」ということを受けて、民進党の議員がツイッターでこんなことをつぶやいている。

 

 

「でんでん虫、虫、安倍ソーリ♪」って・・・・。

 

小学校の国語の授業中、「赤十字」を「あかじゅうじ」と読んで笑われたヤツがいた。
名前を「シンヤ」という。

しばらくは「あかじゅうじのシンヤ」とからかわれていた。

 

ちょっとしたミスで相手をからかうというのは、仲間うちならよくある。

でも、野党の国会議員が「でんでん虫、虫、安倍ソーリ♪」というのはあまりにひどい。
これでは小学生レベル。
小学生との大きな違いは、この議員は1年に2千万円を超える給料をもらっているということ。

年収2千万プレイヤーが、「でんでん虫、虫、安倍ソーリ♪」なんてツイートしている。

惣流・アスカ・ラングレーが知ったら、きっとこう言うはず。

「あんたバカ~!?」

 

「あんたバカァ~!?」 から。

 

 

 

この「でんでん虫ツイート」の後、1月29日に共同通信が世論調査の結果を発表している。

「米国第一」に懸念83%

共同通信社が28、29両日実施した全国電話世論調査によると、「米国第一」を掲げるトランプ米大統領の就任で、国際情勢が不安定になる「懸念を感じる」との回答が83.8%に上った。「感じない」は13.1%だった。

過激な言動を連発するトランプ大統領に対して、不安を感じている国民は多いらしい。

でもそれはおいといて、こっちに注目しよう。

内閣支持率は59.6%で、前回の昨年12月より4.8ポイント上昇した。不支持率は27.2%。

安倍政権の支持率がとても高い。

それもただ高いというわけじゃなくて、ここ最近ずっと高い支持率をキープしている。

この「高止まり」の理由はなんだろう?

首相が国民の支持を集めているというより、野党が支持をなくしているほうが大きいと思う。
つまり、野党がオウンゴールをして自滅しているということ。

だって、「でんでん虫、虫、安倍ソーリ♪」なんだもん。

 

 

それにしても、さっきの「でんでん虫議員」はどういう目的であんなツイートしたのだろう?

これを多くの人に読ませることで、どんな効果を期待したのか?
これを読んだら国民が愉快な気持ちになる、とでも思ってないか?
んなわきゃない。

この議員に一票を入れた人は、こんなツイートをしてもらうために貴重な票を投じたわけじゃないはず。

結果的に、この議員にはお叱りのコメントをかなりもらうハメになった。
「国会議員がこんなレベルの低いことしてんな」
「しっかり仕事しろ」
こんなコメントが殺到していた。

安倍首相に恥をかかせようとしたら、自滅してしまう。
一種のブーメラン効果だ。

でも、それは仕方がない。
この議員がバカにしたのは、安倍首相ではなくて日本の国民だったのだから。

 

 

前回、麻生財務相が首相だったときに「カップラーメンの値段を知らなかった」ということを書いた。

当時、これは国際的なニュースにもなった。
韓国の中央日報(2008年10月30日)は、「麻生首相が恥をかいた」と報じている。

麻生首相、カップラーメンの価格も知らず

庶民のための政策を取るとしてきた日本の麻生太郎首相が庶民の食べ物であるカップラーメンの価格をきちんと答弁できず、議員の苦笑を誘った。

朝日新聞をはじめとする日本のメディアによると、麻生首相は28日の参院外交防衛委員会で、野党議員がカップラーメンの値段を質問したのに対し「400円」と答えて恥をかいた。

韓国の新聞に「首相は恥をかいた」と書かれことで、野党は気持ち良かったのかな?

 

 

野党はもう、こういうことをやめたらいい。

民主党の議員は前にも、「国会で長々と憲法クイズをしていた」と批判されている。

産経新聞の記事(2013.3.29)から。

「そういう子供っぽいことやめて」首相、民主・小西氏にあきれ顔

「そういう子供っぽいことは、やめましょうよ」

安倍晋三首相が29日の参院予算委員会で、憲法の条文に関する細かい質問を続けた小西洋之氏(民主)をたしなめる場面があった。

小西氏から「包括的な人権規定といわれる憲法の条文は何条か」などと執拗(しつよう)に質問され、首相は「クイズのような質問は生産的ではない。聞かなくても調べればいいじゃないか」と不満顔。首相を指さして「知らないとは内閣失格だ」と挑発する小西氏に、「大学の講義ではない」「このやりとりに何の意味があるのか」とあきれていた。

直後に質問した中西健治氏(みんな)が「第何条かという質問はしません」と宣言すると、首相は「予算委員会にふさわしい質問だ」と笑顔を見せた。

 

今の与党は本当に強い。
強すぎて不安になるぐらい。

だから野党の議員にはがんばってもらわないと困る。
なのに自滅して安倍政権の支持率高に貢献している。

 

でも、首相に恥をかかせたり世間の笑い者にしようとしたりしても、野党の支持率が上がることは絶対にない。

政策論議で与党をどんどん追い詰めていってください。

 

あ、それとテレビカメラに向かってプラカードを見せるのもナシで。
あれは国民の目から見て、かなり感じが悪いらしい。

テレ朝NEWS(2017/1/30)でこう言っている。

第3次安倍内閣 支持率は最高の55.3% ANN世論調査

ANNの世論調査によりますと、安倍内閣の支持率は55.3%で、2014年12月の第3次安倍内閣発足後、初めて55%を超えました。
(中略)
国会で採決に反対する野党議員がスローガンを書いたプラカードを掲げる行為について良いと思うと答えた人が18%だったのに対し、62%の人が良いと思わないと答えました。

プラカードの魂胆は、もうバレてるみたいですよ。
ブーメランとかで自滅しないで、がんばってください。

 

良かったら、こんな記事もどうぞ。

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

カテゴリー: ヨーロッパを知りましょ!

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。