オランダとベルギーの誕生の歴史・人間や国の違いは、宗教でしょ。


 

始めの一言
「日本の素朴な民衆は、全世界でもっとも友好的で上品な民衆の一つだ。彼らに接して受ける印象は、けっして表面的な上品さではなく心からなる親切の表れである。(コリン・ロス 日中戦争見聞記)」

 

IMG_5586

 

今回の内容

・オランダとベルギーの誕生
・人の違いって、言葉や人種や国籍よりも宗教の違いでしょ

 

・オランダとベルギーの誕生

 

オランダ

早くから新教(プロテスタント)信奉者が多かった。オランダを支配する旧教(カトリック)国スペインは重税を課し、宗教的弾圧を避けるため、1581年、オランダは独立を宣言(日本史用語集 山川出版)

 

この「宗教的弾圧」というのは、スペインが、オランダ(ネーデルランド)のプロテスタントに、「プロテスタントをやめて、カトリックになれ!」と要求していたことをさす。
というか、命令、強要していた。

 

当然、オランダ(ネーデルランド)のプロテスタントはブチ切れる。
そして、「もう、スペインと一緒にはいられない!」と、独立戦争を行う。

 

オランダ独立戦争

ネーデルランドの新教徒を主体とする、スペインへの抵抗運動。カトリック強制などフェリペ2世の圧政に対し戦いが勃発(世界史用語集 山川出版)

 

これでは、オランダの新教徒がスペインとは別れたくなっても当然だ。
違う価値観を強制するような人間と、共生できるわけがない。

ちなみに、このフェリペ2世の名にちなんで、つけられて国名が、「フィリピン」になる。

ただ、ネーデルランドの中にも、いろいろな考え方をする人たちがいて、決して一枚岩ではなかった。
このオランダ独立戦争の最中に、ネーデルランドのカトリック教徒が多かった南の10州は、途中で戦争をやめてしまった。
そして、スペインの支配下に入ってしまった。
これが、現在のベルギーの「元」になる。

 

南部諸州はスペインの支配下に留まった。このスペイン領南ネーデルランドが現在のベルギー王国の起源である。(ウィキペディア)

 

北の7州からしてみたら、戦いを途中で離脱するのは、「裏切れた」ってことになるんだろうけど、仕方がない。
「オレたちは、最後までスペインと戦うぞ!」と固く誓って、北部7州が結んだのが、ユトレスト同盟になる。
そして、この北部7州は、1581年に独立宣言を出すにいたった。
この北部7州が、ほぼ、現在のオランダになる。

 

複雑だけど、大事なことだから、もう一度整理しよう。

 

オランダ・ベルギーも、元はスペインの一部(ネーデルランド)だった。
「おまえら、カトリックになれ!」とフェリペ2世から言われてキレて、独立戦争を始める。
この戦争で「やっぱり、スペインの元に戻るわ」と、途中でやめた南部10州(カトリック多し)が、現在のベルギーになっている。
そして、「あきらめません、勝つまでは」と、最後まで戦いを続けた北部10州が、現在のオランダになっている。

 

大まかに言えば、これらの動きの根本には、「自分が信じたい宗教を信じたい」という人々の気持ちがある。それを認めない国であれば、自分たちで国をつくってしまうぞ、と。

 

蛇足
今まで、ベルギーとオランダの違いってよく分からなかったけど、外務省のHPにある「各国基本データ」を見ると、国内の宗教がまったく違った。
ベルギーは、「キリスト教(カトリック)が大勢」

オランダは、「キリスト教(カトリック24.4%、プロテスタント15.8%)、イスラム教(4.9%)、ヒンズー教(0.6%)、仏教(0.5%)、無宗教・その他(53.8%)」

 

・人の違いって、言葉や人種や国籍よりも宗教の違いでしょ

前回の記事でカトリックとプロテスタントの争いを書いたときに、書こうとしてやめたことがある。
でも、世界の歴史を知る上で、「三十年戦争」は、とてもとても大事なことだから、やっぱり書いておく。

 

「三十年戦争」

1616~48
ドイツを戦場とし、旧教を強制されたベーメンの反乱から始まり、神聖ローマ帝国全体の新旧両派諸侯の戦いへと拡大した。
スペインが旧教徒側を援助し、デンマークやスウェーデンが新教側にたって参戦するなど国際戦争に発展し、旧教国フランスが新教徒側にたって参戦した(世界史用語集 山川出版)

 

1572年にフランスで起きた「サン・バルテルミの虐殺」では、3万人とも言われる犠牲者が出た。パリのセーヌ川は文字どおり血で赤く染められたという。
このドイツで起きた「三十年戦争」では、その最大のものだろう。当時のドイツの人口の3分の2が殺されたという説もある。

 

でも、上の三十年戦争の説明を読んで、一度で分かる人はすごい。
ドイツ国内の宗教対立に外国も加わって、もう、何が何だか分からない。

 

カトリック教徒が戦ったと聞けば、同じカトリックの国が黙っていることはなく、援軍を送って共に戦う。
プロテスタント教徒が攻撃を受けたと聞けば、プロテスタント教の国がプロテスタント教徒の側にたって共に戦う。
こうして、「ベーメンの反乱」というただの地方での出来事が、ヨーロッパを二分する国際戦争になってしまった。

 

オランダ独立戦争も三十年戦争も、一番の原因は、「自分の信じたい宗教を信じたい。改宗を命じるな!」という気持ちから生まれている。宗教の違いからくるものだ。
現在、世界に住む人間には、いろんな面で違いがある。
言語・人種・宗教などなど。
でも、一番大きな違いは、宗教による違いだろう。

 

文明を定義するあらゆる客観的な要素のなかで最も重要なのは通常、アテナイ人が強調したように、宗教である。
人類の歴史における主要な文明は世界の主要な宗教とかなり密接に結びついている。
そして、民族性と言語が共通していても宗教がちがう人びとはたがいに殺しあう場合があり、レバノンや旧ユーゴスラヴィアやインド亜大陸で起こったことはそのあらわれである(文明の衝突 サミュエル・ハンチントン)

 

海外旅行をしていても、これは感じる。
人と人・国と国の違いは、国境じゃなくて、宗教の違いによるものが一番大きい。
タイと隣のミャンマーは、同じ仏教国であまり違いは感じさせないけど、ミャンマーと隣のインド(ヒンドゥー教)だと、まったく別の国になる。
タイとマレーシア(イスラム教徒多し)も同じ。

 

「人はみな同じ」という考えは、基本的に賛成だけど、「同じ」には限度はある。
思想や考え方は、宗教によって全然違う。
「人はみな同じ」ということを重視しすぎると、違いが見えなくなってしまうことがある。
違いが分からないというのは、結局、相手を理解していないということにつながってしまう。
自分と相手との違いを理解して、できるだけ、その違いを尊重することで、外国人とのコミュニケーションはうまくいくと思う。
それに、最初から、「相手は、違うところがある人間」と考えておけば、自分の予想と違ったことがあってもがっかりしないですむ。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。



ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的なことを書いています。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す