負けるまでは無敵艦隊!スペインが歴史上、最も輝いていた時代

 

はじめの一言

「日本が(明治維新を敢行しようとして。編者注)かくも多くの新思想と新制度をまるごと呑みこむ能力を、外国人たちはしばしば呆然として驚き眺めるのみであった。(チェンバレン 明治時代)」

「日本絶賛語録 小学館」

 

IMG_5576

 

*はじめに

この記事では、「ヨーロッパの歴史(欧州共通教科書)」からできるだけ引用するようにしました。

これは、12人のヨーロッパ人の歴史家がヨーロッパの若者を対象にして書いた歴史教科書です。

日本人が日本人に向けた書いた「ヨーロッパの歴史」ではありません。

この「ヨーロッパの歴史」はこんな目的があります。

「本書は、ヨーロッパの青少年たちが学習に際して利用できるよう特別な配慮の下に作成され、ヨーロッパ史の教科書のひな形、最初の汎ヨーロッパ史的教科書とみなすことができるでしょう(ヨーロッパの歴史 東京書籍)」

「ヨーロッパ人に共通するすべてのもの、ヨーロッパという語に一定の意味を与えるすべてのものを理解することができるのです(同書)」

 

つまりこの教科書の内容は、ヨーロッパ人として身につけるべき歴史認識ということになります

ヨーロッパの歴史を学ぶなら、ヨーロッパ人と同じ価値観や考え方をもてるような本から学んだ方が絶対に良いです。

 

 

今回の内容

・前回のまとめ
・無敵艦隊について
・スペイン人は使わない。
・スペインが歴史上、もっとも輝いていた時代

 

・前回のまとめ

スペインはネーデルランド(オランダ)と戦っている最中に、イギリスとも戦うことを決めた。

よせばよかったのに。

フェリペ2世はイギリスへの侵攻する決意を固めた。

それはオランダ人反徒たちへのエリザベス1世女王の後押しに直面し、またアメリカ大陸のスペイン領に加えられるイギリス艦隊の攻撃に業をにやし、そしてさらに女王メアリースチュアートの処刑に憤激したからであった

(ヨーロッパの歴史 東京書籍)

 

この処刑された「女王メアリースチュアート(メアリ1世)」というのは、スペイン国王「フェリペ2世」の妻だった人。

愛する奥さんを処刑されたら、ダンナとしては黙っていられない。

「イギリスは許さん!」ということで(これだけじゃないけど)、イギリスに向かわせたのがアルマダという大艦隊。
日本では、「無敵艦隊」ともよばれている。

 

 

・無敵艦隊について

サッカーのスペイン代表チームをよぶときに、この「無敵艦隊」という言葉が使われることがある。

これは、イギリスを撃破するためにフェリペ2世が送った「アルマダ」に由来する。

(サッカースペイン代表チームについて)日本では無敵艦隊の愛称で知られる

(ウィキペディア)

 

でも、個人的にこれはおかしいと思っていた。

「無敵艦隊」といっても、このときはイギリスに負けている。
それも、惨敗ざんぱい

1588年、無敵艦隊(アルマダ)はスペイン軍部隊を載せてイギリスへと出撃したが、英仏海峡でイギリス艦隊の攻撃にあい、さらに嵐にも遭遇して壊滅的打撃を受けた。

(ヨーロッパの歴史 東京書籍)

 

「嵐にも遭遇」って、まるで元寇のときの神風みたい。
それにしても、なんで「壊滅的打撃を受けた」のに「無敵艦隊」とよばれるようになったのか?

 

「なんかおかしいぞ」と思っていたら、この「無敵艦隊」という言葉はスペインがつけた名称ではなかった。

「イギリスがつけた呼称で(世界史用語集 山川出版)」ということで、イギリス人が「無敵艦隊」とつけている。

 

 

これって、スペインにしたらけっこうな屈辱くつじょくでしょ。

イギリス軍が撃破した艦隊に、イギリス人が「無敵艦隊」という名前をつけた。
これはかなりスペインにしたら、ひどい嫌味だと思う。

 

こういうイギリス人のネーミングセンスって、割り勘を「ダッチペイ(オランダ人の支払い)」という言葉で表したことにも通じると思う。

軽く相手をバカにしたような名前の付け方をする。

アメリカ人が、ミッドウェー海戦で大打撃を与えた日本艦隊を「無敵艦隊」とよんだら、日本人としては良い気持ちはしないはず。

 

 

イギリス人が、いつ「無敵艦隊」と名づけたのかはわからない。

スペインとの戦いの前からアルマダを「無敵艦隊」と呼んでいたら、これまでの解釈は変わってくる。

スペインと戦う前からアルマダを「無敵艦隊」と呼んでいたなら、イギリス人がこの艦隊に恐怖や畏怖いふの気持ちを持っていたということだろう。

 

実際イギリスと戦ってボロ負けする前まで、アルマダはすごかった。
とくにレパントの海戦では、世界史に残るような歴史的な勝利をしている。

レパントの海戦

1571オスマン艦隊がスペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇などの連合艦隊に敗れた海戦。レパントはギリシアの町。オスマン艦隊は翌年に再建されたが、この勝利はカトリック教徒に大きな勇気と希望をもたらした

(世界史用語集 山川出版)

 

トルコ艦隊を打ち破り、オスマン帝国の不敗神話に終止符を打った

(ヨーロッパの歴史 東京書籍)

 

「不敗神話」を打ち破ったのなら、確かに「無敵艦隊」と呼ばれてもおかしくはない。

 

 

・スペイン人は使わない。

ところで、スペイン人はこの「無敵艦隊」という言葉を使うのだろうか?

調べてみたら、スペイン人はこの「無敵艦隊」って言葉を使わないらしい。

史上の「無敵艦隊」は1588年のアルマダの海戦でイングランド艦隊に壊滅的敗北を喫したためスペインでは使用されない

(ウィキペディア)

 

日本のテレビや雑誌では、サッカーのスペイン代表を「無敵艦隊」とよくよんでいる。
けど、これをスペイン人が聞いたらどう思うんだろう?

「無敵艦隊」というのはイギリスにぼろ負けした屈辱の歴史だから、不快にならないのかな?

スペイン人が気にしなかったらいいですけど。

 

 

・スペインが歴史上、もっとも輝いていた時代

このときのスペインは、最悪の状態だった。
イギリスとの戦いには負けるし、オランダには独立宣言をされてしまう。
踏んだり蹴ったりという感じ。

こんなことが起こる前までは、スペインは世界の超大国だった。
レコンキスタを完成させて、イベリア半島に「キリスト教の国」を実現させている。
レパントの海戦では、オスマントルコの艦隊を撃破した。

1565年には、「スペイン君主の他を圧する勢威は疑う余地がなかった(ヨーロッパの歴史 東京書籍)」という無双状態になる。
スペインは当時のヨーロッパで、最強国だったと言っていいと思う。

でも1580年に、スペインはさらに「進化」する。

 

 

日本に初めて来たのヨーロッパ人は、ポルトガル人だったいわれる。
1543年に種子島に来た人たち。
でも、それからすぐにポルトガルの姿は消えてしまう。

なぜならポルトガルは、1580年にスペインに併合されてしまったから。
スペインに吸収されて、スペインの一部になってしまった。

 

スペインはこの併合によって、すべてのポルトガルの植民地をスペインのものにする。

ここにスペインの大帝国があらわれた。

日の沈まない国

「常にその領土にいずれかで太陽が昇っている国」の意。
ヨーロッパ・アフリカ・アジア・アメリカ大陸にまたがる世界帝国スペインをたとえている

(世界史用語集 山川出版)

 

このときのスペインは、世界最大の強国といっていいだろう。
そして、スペインが歴史上もっとも輝いていたときでもある。

このスペインの黄金時代の王が、これまで何度も登場しているフェリペ2世だった。

ちなみにフィリピンという国名は、この国王フェリペ2世からつけられている。

 

King_PhilipII_of_Spain

フェリペ2世(ウィキペディアから)

 

この「日の沈まない帝国」のケチのつき始めが、1588年の無敵艦隊の敗北だったと思う。
この後、オランダにも独立されてしまって、スペインはヨーロッパの中でみるみる力をなくしていく。

 

*ちなみにこのころ(1582年)、日本では本能寺の変が起きて織田信長が明智光秀に殺されている。
この後、秀吉が日本を統一して日本は新しい時代を迎えることになる。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタを押してください。



 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。