韓国は海外(ドイツ・アメリカ)の慰安婦像を守り、日本は人権を守る。

 

日本政府にしてはめずらしい。

韓国に抗議の意思を伝えるために、駐韓大使を日本に帰国させた。

「遺憾の意」と言葉でいうだけではなくて、具体的な行動を見せている。
これは今までの日本政府にはあまりなかったことだ。

これは、「韓国がそこまで日本を追いつめた」という見方もできる。

 

大使の帰国から、ほぼ2か月がすぎた。
重要な同盟国に大使がいないという異常事態が続いている。

日本政府が問題視したのは、釜山の日本総領事館前に慰安婦像(韓国では少女像)がたてられたこと。
これはあきらかに、2015年の日韓合意の精神に反している。

少女像(慰安婦像)は今、日本と韓国の関係正常化の障害になりつつある。
日本政府が慰安婦像とよんでいるあの像を、韓国は「平和の少女像」とよんでいる。
この認識のちがいは、うめられないかもしれない。

 

ソウルにある王宮「景福宮」

この門を守った「柳 宗悦(やなぎ むねよし)」という日本人も知っておこう。

 

その慰安婦像について、韓国の中央日報にこんな記事(2017年03月17日)があった。

「ドイツ少女像、日本の撤去圧迫にもその場を固く守っていく」

 

前から、韓国人が海外で慰安婦像をたてる動きはあった。

3月8日には、韓国の市民団体がドイツの都市に「少女像」をたてられている。
設置した場所は、「ネパール・ヒマヤラ・パビリオン公園」のなからしい。

慰安婦と「ネパール・ヒマラヤ」の関係がさっぱりわからない。

それはともかくとして、この像をたてた団体はこう言っている。

「日本の撤去圧迫にもかかわらず、ドイツ・ウィーゼントのある公園に建てられた欧州初の『平和の少女像」は固くその場を守っていくだろう」と明らかにした。

「ドイツ少女像、日本の撤去圧迫にもその場を固く守っていく」

日本の撤去圧迫ってなんだ?

 

ドイツの慰安婦像(中央日報の記事から)

 

「日本の撤去圧迫」とは、ミュンヘンの日本総領事館の動きをさす。

この慰安婦像がたてられた後、ミュンヘンの日本総領事がこの公園の責任者に会って、少女像を撤去するように求めている。

先ほどもかいたけど、日韓合意からみたらドイツでの慰安婦像の設置はその精神に反している。

 

日韓合意は、韓国政府も納得して合意したもの。
だから、ドイツで慰安婦像をたてることに対しては、本来であれば韓国政府が反対しないといけないはず。
でも、今の韓国政府にはそれはムリ。

海外で慰安婦像をたてる動きがあれば、日本政府(日本総領事館)はそれが阻止することは当たり前のこと。
むしろ、しなければいけない。

 

 

でも、少女像をたてた韓国の団体はそれが気に入らない。

それが「日本の撤去圧迫にもその場を固く守っていく」という声明につながる。

ところで、ドイツで慰安婦像をたてた目的はなにか?
この団体はこう言っている。

水原平和の少女像建立推進委員会は「今回、ドイツで平和の少女像が建てられて以来、日本政府は過去の間違った歴史を隠して糊塗するなど過去に対する反省を全くしていない」と指摘し、「韓国と水原市民、平和を愛する良心的な世界の人々と力を合わせて必ず少女像を守っていきたい」と付け加えた。

 

 

「日本政府は過去の間違った歴史を隠して糊塗するなど過去に対する反省を全くしていない」

この具体的なあらわれが、ミュンヘンの日本総領事が慰安婦像を公園からどかすように責任者に伝えたこと。

先ほども書いたけど、この根拠は慰安婦問題についての日韓合意にある。
日韓両政府が合意したことにもとづいて、日本は像の撤去をもとめた。

 

それをこの市民団体はこのようにとらえている。

・日本政府は過去の間違った歴史を隠した。
・糊塗した。
・過去に対する反省を全くしていない。

こ‐と【×糊塗】

[名](スル)一時しのぎにごまかすこと。その場を何とか取り繕うこと。「失態を糊塗する」

デジタル大辞泉の解説

これがこの市民団体だけの考え方だけではない。
多くの韓国人もこの主張に賛成するはず。
今の大統領候補の人たちも、これと同じことを主張している。

日本と韓国のことを考えるときに、もっとも大切なことは相手の価値観や考え方を正しく知ることだろう。

自分の思いこみではなくて、事実にもとづいて相手を理解することが大事。

 

 

「平和を愛する良心的な世界の人々と力を合わせて必ず少女像を守っていきたい」

ドイツに少女像をたてた団体はこのように言っている。

では、この「平和の少女像」が海外にたてられたことによって、どんなことがおきたのか?
平和の少女像はなにをもたらしたのか?

日本国内では、この像が日本人の嫌韓感情を高めてしまい、日韓友好の障害になっている。

海外ではどうか?

少女像(慰安婦像)はアメリカのカリフォルニアでもたてられている。
その結果おきたことについて、現地に住んでいる日本人の声に耳をかたむけてほしい。

慰安婦像の米国カルフォルニアから ある日本人の母親のメッセージ

慰安婦像や碑が次々と設置されている米国各地では、6、7歳の幼い子どもから大人までの多くの在米邦人が、日本人に対する誤解や人種偏見に基づいた不当な嫌がらせを経験しています。

中国系や韓国系からだけでなく、ヒスパニック系や白人の人達からも「日本人である」という理由で不当に蔑まれ始めているのです。

「日本人である」ということが理由になって不当に蔑まれる。
これを、「人種差別」や「ヘイトスピーチ」という。

蔑まれる

読み方:さげすまれる

「蔑む」の受け身。相手から低く卑しい者として見られること。蔑視される。蔑んだ目で見られる。

実用日本語表現辞典

こういう現実を知ると、韓国人のいう「平和の少女像」という言葉の意味がよくわからなくなる。

 

 

差別に苦しんだ人は、そのつらい気持ちがよくわかる。

平和の少女像がたてられたことによって、アメリカでは日本人への人種差別が広がりつつある。

そうした苦しみを経験した日本人が今、ドイツにたてられた少女像の撤去をめざして運動をおこしている。

慰安婦問題はこのように米国においても政治・外交問題になっています。
全く関係の無いドイツWiesent市が関わることに私は反対します。

ドイツ慰安婦像 撤去を求めます!/ドイツ語のメッセージ文例

このメッセージの言葉からは、差別をうけた人間の思いがにじみ出ているように思う。
日本政府もこうした思いをくみ取って、ドイツの公園から平和の少女像をなくすように働きかけてほしい。

 

 

日本政府は、アメリカやドイツにある平和の少女像の撤去を求めている。

その大きな理由には、日韓合意だけではなくて日本人の人権を守る目的もあるはず。

 

東日本大震災で苦しんだ日本人のことは、たくさんの日本人が知っている。
でも、外国で差別に苦しんでいる日本人については、どれだけの人が知っているだろう?
ヘイトスピーチが問題になっている今、海外にいる日本人のことを考えてもいいと思う。

テレビでは、「こんなところに日本人がいるなんて!」ということはよく取り上げる。
ボクもこうした番組は好きだから文句はない。
だけど、海外で差別に苦しんでいる日本人のことをもっと取り上げてほしいと思う。
「今、起きていること」だけではなくて、その理由や背景もふくめて日本人に伝えるべき。

 

日本人は天災ではなくて人災の話になると、相手に配慮して口を閉ざしてしまう傾向がある。

でも、この沈黙が日韓友好に役立った例を知らない。

感情ではなく事実にもとづいて、おかしいことは「おかしい」と指摘する。
長い目でみたら、それが日本と韓国のためになると思う。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

最悪レベル。韓国の慰安婦映画「鬼郷」の作り話に怒る日本人

韓国人は被害者意識が高い系①日韓(強制)併合と大阪のわさびテロ

マレーシア人「韓国人は疲れるよ~」①日本海?東海?呼称問題

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

日本って、どんな国? 「日本」カテゴリー目次 ④

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。