韓国の反日報道のメリット。竹島や国の大切さを知る機会になる。

 

韓国の新聞には、日本に対する記事で独特の表現がある。

妄言・わい曲・真の反省・心からの謝罪・世界から孤立・・・。

こんな言葉がそれ。
こんな言葉を見ると、「韓国らしいな」と思う。

当たり前のことだけど、新聞社としては新聞を売りたい。
たくさんの読者に読んでもうためには、韓国人の反日感情にうったえかけるような表現や内容がいい。

反日報道をのせると、韓国人が読んでくれるから新聞もよく売れる。
読者も新聞社もハッピーになって、日本が犠牲になる。

 

でも、日本にはない視点からの報道だから、それを読むことで得ることもある。

領土をはじめ、国を守ることがどれだけ大事なことか?

日本の報道からは伝わってこないことが、韓国の報道から伝わってくる。

 

 

今年の1月17日には、朝鮮日報にこんな記事があった。

岸田外相が「竹島は日本固有の領土である」と言ったこと対して、韓国の与党のこんな言葉を伝えている。

日本政府はかつての帝国主義の歴史を振り返り、真摯(しんし)な省察と反省および謝罪をすべき」と主張した。

独島:韓国与党「岸田外相の妄言、日本政府は謝罪を」

慰安婦問題や竹島の問題になると、「待ってました!」とばかりに、妄言、反省、謝罪などの言葉が紙面におどる。

 

 

韓国の反日報道のことは前から知っていたけれど、最近では日本の折り紙にまでケチをつけていておどろいた。

Record chinaの記事(2017年2月22日)にそのことがある。

日本は折り紙で竹島領有権教育、「ますます巧妙に」と韓国メディアが警戒=ネットでは「日本に学べ」の声も

 

折り紙で、竹島の領有権を教育する?

日本の報道で、そんなことを見たことも聞いたこともない。
「よくそんな細かいことを見つけたな」と韓国メディアの観察力には感心する。

で、それはどんな教育なんだ?

記事を読むと、島根県の県庁にある竹島資料室でそれがおこなわれているらしい。

島根県には、「しまねっこ」という観光ゆるキャラがある。
この記事を読んで初めて知った。
韓国の新聞を読むと日本のことがわかる。

これがそのそのしまねっこ。

長所に「誰とでもすぐに仲良くなれること」ってあるけど、それは韓国人に対しても言えるのだろうか?
竹島の領有権について教えていたら、韓国人は絶対に許さないと思う。

 

竹島資料室に折り紙があって、それを折っていくとこの「しまねっこ」をつくることができるらしい。

たぶん、これのことだろう。

上の画像は、日本政府の機関である内閣官房のホームページにある。

つまり、島根県庁でおこなわれている竹島教育は、日本政府がバックアップしているということ。
日本政府は前から、「日本固有の領土である竹島を、韓国が不法に占拠している」と言っていたからこれは不思議ではない。

 

ちなみに、このホームページには「竹島クイズ」がある。
日本人としては全問正解したいところだけど、なかなかむずかしい。

日本国民としてのプライドをかけて、このクイズに挑戦してほしい。

クイズに答えて、日本の領土について学ぼう!

 

 

韓国はこのしまねっこの折り紙が気に入らない。

2017年2月21日、島根県が折り紙を活用して子供たちに竹島が日本領であることを教えていることについて、韓国メディアが「日本の竹島領有権教育がますます巧妙になっている」とし、懸念を示している。

日本は折り紙で竹島領有権教育、「ますます巧妙に」と韓国メディアが警戒=ネットでは「日本に学べ」の声も

懸念でも不快感でも、好きなものをしめしてくれ。

この活動を日本政府がバックアップしていることについては、こう書いている。

これについて、聯合ニュースは「中央政府が島根県の背後で子供たちを相手に独島(竹島の韓国名)の歴史を歪曲(わいきょく)する教育をあおっているということ」と主張した。

日本が日本の立場でものを言ったり活動したりするのは当たり前。
でも、韓国はそれが許せない。
新聞記事では、「歴史のわい曲」や「あおっている」といった表現をよくつかう。

 

新聞記事を読むだけならまだいい。
「自分の考えが絶対に正しい!」と思いこんでいて、こちらが言うことにはまったく耳をかたむけないる韓国人がいる。

そういう人を相手にするのはかなり面倒くさい。

 

 

ボクは「しまねっこによる竹島教育」なんて、まったく知らなかった。

こういうことが時どきある。
韓国の新聞を読んで、竹島のことを知るということが。

 

「独島(竹島)は韓国の領土である」という主張は、日本人にとって気持ちの良いものではない。

でも韓国の報道を読まむことで、竹島のことを知ったり考えたりする機会になることも事実。

それに、韓国人の国を思う気持ちには考えさせらることもある。
日本の報道では、愛国心にうったえかける記事んてほとんどないから。

 

せっかく韓国が竹島について報道してくれたことだし、これを機会に竹島について基本的なことを知ってみませんか?

2月22日は竹島の日です!1分30秒で問題の基礎を知りませんか?

 

大韓航空やアシアナ航空の機内地図では、「Dokdo」という文字を見ることができる。
韓国に不法占拠されている現状を確認しよう。
こんな貴重な体験ができるのは韓国の航空会社だけだから。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国人の大好物:妄言・わい曲・真の反省・心からの謝罪・世界から孤立

韓国の反日報道「マッチポンプ」①日本批判で国民感情をあおる

最悪レベル。韓国の慰安婦映画「鬼郷」の作り話に怒る日本人

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。