世界の自殺の名所トップ10。日本の青木ヶ原樹海は何位?

 

日本は自殺者が多い国として、世界的に知られている。

そんな日本には「自殺の名所」がいくつかある。
そのなかでもっとも有名なのは、富士山の青木ヶ原樹海だろう。

 

 

青木ヶ原樹海は、海外でも自殺の名所として知られている。

最近、アメリカ人の友人から「Aokigahara suicide forestに連れて行ってほしい」というイヤなオファーをうけた。

そのアメリカ人の友人が、彼女にこんなお願いをしたらしい。

「日本にはAokigaharaという自殺の名所があるらしいの。そこへ行って写真を撮って来て。でもって見せて!」

その友人から青木ヶ原樹海のことを聞いて、彼女もそこに興味をもったらしい。
それでボクに「今度、連れてってよ」メールが来た。

 

「私をスキーに連れてって」ならいい。
でも青木ヶ原樹海は気が乗らない。

だから彼女のオファーはことわった。
彼女の返信メールには、短く「臆病者め!」とかいてあった。
やかましいわ。
一人で行って来い。

 

 

イスラーム教では自殺は禁止されている。
そのため、日本よりは自殺者が少ない。

 

青木ヶ原樹海は、世界的にも有名な「自殺の名所」らしい。

世界の有名な自殺場所をランキングにしたサイトでは、青木ヶ原樹海トップ10にはいっている。

10 Most Popular Suicide Spots on Earth

もちろん名誉なことではない。
ちなみに東尋坊はランクインしていない。

 

この記事ではトップ5を紹介したいと思う。
6位から10位はサイトをのぞいてほしい。
*下の画像は、2位以外は上のサイトのもの。

 

5位は、Niagara Falls – Ontario (Canada) and New York (USA)

アメリカとカナダの国境にあるナイアガラの滝。
ニューヨーク出身のアメリカ人から、ここが自殺の名所として有名ということを聞いたことがある。

 

4位は、 The Gap – Sydney, New South Wales (Australia)

オーストラリアのシドニーにある「ザ・ギャップ」という崖。
ここには行ったことがない。

 

3位は、Nanjing Yangtze River Bridge

中国の南京市にある「南京長江大橋(なんきんちょうこうおおはし)」。
中国旅行でここに行ったことがある。

橋から下を見ていると、吸い込まれそうな感じがしてコワかった。
まさか、ここが「世界の自殺の名所」第3位だったとは。

 

2位は、Golden Gate Bridge – San Francisco, California (USA)

サンフランシスコのゴールデンブリッヂ。
ここが世界でもっとも有名な自殺の名所だと思ったのだけど。
実際にはちがった。

画像は下の旅行ブログから。

【サンフランシスコ観光】ゴールデンゲートブリッジ、アラモスクエア、ロンバートストリート、ユニオンスクエアetc有名な場所ばかりです☆

 

ということで、もうお分かりですね。
「世界の自殺の名所」第1位は、日本の青木ヶ原樹海だった。

 

この「10 Most Popular Suicide Spots on Earth」を見て気づいたことがある。

この10位のうち、9位は崖・橋・滝になっている。
つまり、飛び降り自殺をしているということ。

でも、1位の青木ヶ原樹海だけは首つり自殺になっている。
ここで迷い込んで餓死する人はほとんどいないだろう。

 

これを文化とよんでいいのかわからないけど、日本人の自殺の手段は首つりが圧倒的多い。

厚生労働省が出している統計では、こうかいてある。

手段別の自殺死亡数の割合をみると、男は昭和28年~35年、女は昭和27年~37年において「薬物」が最も多く、その後激減している。
その他の年次は「縊首(いしゅ)」が最も多く、男女ともに増加傾向となっている。

手段別にみた自殺

 

よかったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国の競争社会①最多の自殺者を出す「ヘル・コリア」という地獄

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。