韓国の新大統領と日韓関係。日本の全国紙「韓国は約束を守れ!」

 

日本の全国紙を考え方や主張で大きく2つに分けると、「朝日・毎日新聞」と「読売・産経新聞」になる。

韓国への考え方も大体同じ。
たとえば、駐韓大使の一時帰国への反応でもそれが見られた。

釜山の日本領事館前に慰安婦像が建てられたとき、日本は抗議の意味で駐韓大使を日本に一時帰国させた。

このとき朝日と毎日新聞は「やりすぎだ」と政府の対応を批判する一方、読売と産経新聞は「正しい対応」と政府を支持していた。

 

日本の新聞がすべて同じ主張をしていて、日本にひとつの考え方しかなったら「民主主義ってなんだ?」ということになる。
だから各社で論調が違うのは当たり前。

 

 

でも5月10日の各新聞の社説では、「朝日・毎日」と「読売・産経」の主張がほぼ一致しているものがあった。
これは珍しいことだと思う。

すべての社説で、新しく誕生した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の日本への対応をとり上げていて、文氏に忠告している。

 

2015年に、日韓両政府は慰安婦問題の解決で合意した。
この合意は、「最終的」で「不可逆的」なものであることは日韓で確認している。
だから慰安婦問題について、再び話し合うことはあり得ない。

それにもかかわらず、この新しい大統領は慰安婦問題をとり上げて日韓合意の再交渉をうったえている。

このことついて朝日・毎日・読売・産経新聞は、文大統領に「合意の見直しを言い出すな!」「約束は守れ!」と書いている。

次に、それぞれの社説のその部分を見ていきたい。

 

北朝鮮軍と向き合う韓国軍の兵士

 

まずは朝日新聞の社説

韓国新大統領 融和図り国政の再建を

懸念されるのは、一昨年暮れに日韓両政府が交わした慰安婦合意について、再交渉を求めると主張してきたことだ。
日韓がともに外交の知恵を生かし、譲歩し合って築いた合意である。これを認め、尊重することなしに話は始まらない。

 

文(ムン)大統領に「慰安婦合意の再交渉を要求してはいけない。これを認めて尊重しろ」と求めている。
まったくそのとおり。
韓国は約束を守らなくてはいけない。

 

次は毎日新聞の社説

韓国新大統領に文在寅氏 地域安定へ日韓で協力を

この社説では、2015年の日韓合意を「今の日韓関係の基礎となっている」と述べて、文大統領にこう忠告している。

ところが文氏は合意に否定的で、日本との再交渉を訴えてきた。国家間の合意を一方的に覆すようなことは許されない。

 残念なのは、少女像問題の深刻さを軽く見る傾向が韓国側にあることだ。新政権には合意の精神を踏まえた対応を求めたい。

 

これもそのとおり。
国と国が約束したものを、2年後に「やっぱりあれはおかしい。やり直し!」なんて言い出したら、そんな相手はもう信頼できない。

韓国に慰安婦像問題の深刻さを軽く見る傾向があることにも同感。

ついでにいうと、慰安婦像ではなくて日本を軽く見ている傾向も韓国にはある。
だから「再交渉!」なんて言い出すのだろう。
中国が相手だったら、こんなことを言い出さないだろう。

 

敵は北朝鮮
日本は大事な同盟国

 

そして読売新聞の社説

韓国大統領選 文氏は「親北・反日」を貫くのか

疑問なのは、2015年末の慰安婦問題を巡る日韓合意について、「間違いだ」と断言し、再交渉を要求していることだ。

 日本では、韓国が「ゴールポストを動かす」との不満も強い。歴史問題での合意を反故ほごにしようとするからだ。「最終的かつ不可逆的な解決」を定めた合意の再交渉があり得ないことを、文氏はどこまで理解しているだろうか。

 

読売新聞も、日韓合意の再交渉は「あり得ない」としている。
これにも同感。
でも、文氏が国際常識ではあり得ない要求をしてくることに不安を見せている。
この心配にも同感。

 

最後は産経新聞の社説

韓国新大統領 まず日米と「対北」連携を

日韓合意の再交渉も主張しているが、合意は慰安婦問題の不可逆的決着を表明したものだ。これを破るというなら、世界に対して「約束を守れない国」であることを宣言するに等しい。

 

これもまったくそのとおり。
日本との合意を守らないと話にならない。
韓国の国家としての名誉のためにも、国際社会に対して「韓国は約束を守れない国である」と宣言してはいけない。

 

 

これまでを簡単に書くとこんな感じ。

朝日新聞「これを認め、尊重することなしに話は始まらない」
毎日新聞「国家間の合意を一方的に覆すようなことは許されない」
読売新聞「最終的かつ不可逆的な解決を定めた合意の再交渉があり得ない」
産経新聞「これを破るというなら、世界に対して『約束を守れない国』であることを宣言するに等しい」

 

結局どこの新聞社も、文大統領に「日韓合意の見直しを口にするな」「約束を守れ」ということをうったえている。

でもこれは、言われるまでもなく当たり前のこと。
国と国がかわした約束を守ることは、他国の新聞が言うこともでもない。

そんな当たり前のことでも、日本の全国紙すべてが念を押さないといけない。
それが今の韓国という国でもある。

 

 

よかったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

日本 「目次」

韓国 「目次」

最悪レベル。韓国の慰安婦映画「鬼郷」の作り話に怒る日本人

慰安婦問題、韓国のつくり話を歴史の真実にしてはいけない

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。