ACL浦和VS済州。海外(ヨーロッパ・中国・韓国)の反応は?

 

AFCチャンピオンズリーグで、浦和レッズと韓国の済州ユナイテッドがぶつかった。

この試合については、「どちらが勝ったか?」ということろではなくて、別のところに注目が集まっている。

済州による前代未聞の暴力行為だ。

試合中には、済州のひかえ選手が浦和の阿部選手に飛びかかってひじ打ちをして、一発退場。
試合後にも、済州の韓国人選手が暴力行為を働いて退場。

試合に出ていない選手が退場させられるというのは、本当にめずらしい。
ベテランの槙野選手も「初めて見た」と言っているぐらい。

この大乱闘については、日本と韓国だけではなくて世界中のメディアが伝えている。

この試合の記事を書くために、イギリス、フランス、イタリアといったヨーロッパと中国や韓国の反応を集めてみた。
自分のために集めたまとめサイトのようなものだけど、興味があったらご覧ください。

 

 

・イギリスの反応

済州の控え選手が浦和の阿部選手にエルボーをぶちかます。
試合後には、韓国人選手が槙野選手を追いかけ回す。

こんな済州の行動を見たイギリスのメディアは、「正気を失った」と表現する。

済州軍団の終盤の蛮行について、記事では「ビジターのチームは残り時間で正気を失った。ペク・ドンギュとクォン・ハンジンが暴力行為でともに退場となった」と断罪している。

「正気を失った」 ACL浦和戦で韓国クラブが晒した醜態、英メディアが一刀両断

 

・フランスのメディア

フランスのメディアも、「言い訳の余地もない」「無様」と済州を厳しく批判している。

「韓国人選手たちのあからさまな状況は特筆する必要がある。すでに醜悪な雰囲気だった済州は2枚のレッドカードを受けた。言い訳の余地もない無様なものだった」

済州の蛮行、仏メディアも特記事項として批判 「言い訳の余地もない無様なものだった」

 

・イタリア

イタリアのメディアは、「狩り」という言葉を使っている。
これは試合後に、済州の韓国人選手が槙野選手を追いかけ回したことをさしている。
たしかに、サッカーの試合であんな追いかけっこは見たことがない。

またイタリアのメディアは選手だけではなくて、済州のスタッフの行為も問題視している。

「試合が終わってすぐに、済州の選手たちだけでなくスタッフまでホームチームのフェスタをぶち壊し始めた。その後、数分間に渡ってピッチの入口のところでひどい狩りの光景になった」

(中略)

このような暴力が理解されるものではない。我々は、アジアサッカー連盟(AFC)が正しい対処をすることを願おう。あまりにもアンチ・スポーツ的な韓国チームの振る舞いだ。それが、敗戦した後だとしてもだ

伊メディアもACL浦和戦の乱闘騒ぎ糾弾 「アンチ・スポーツ的な韓国チームの振る舞い」

 

 

・中国

中国のメディアの場合、韓国人選手の人間性にまでふれている。

中国のポータルサイト・今日頭条などで発信する多くの自メディア(個人や小規模のメディア)は、「恥ずかしすぎる」「暴力で腹いせ」「済州は試合に負け、人としても負けた」など、済州側を批判する論調が大半を占めている。

<サッカー>日韓戦の「乱闘事件」、中国でも注目=“暴行”加えた韓国側を「人として負け」と非難、浦和へは「よく我慢した」と称賛

 

 

・韓国

この乱闘騒ぎには、さすがに韓国メディアも済州を非難している。

「恥をかかされた」と、海外の目を気にするところが韓国らしい。
これは中央日報の記事。

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントで済州(チェジュ)ユナイテッドと浦和レッズ選手間の乱闘騒ぎが海外メディアにまで紹介され恥をかいている。

<ACL>済州-浦和乱闘騒ぎ、海外メディアにも報道「国際的恥さらし」

 

「スポーツ韓国」というメディアは、韓国人選手に理解を示しつつも暴力行為は断罪している。

韓国メディア「スポーツ韓国」はこの乱闘騒ぎを「結果・マナーの全てを失った」との見出しで伝え、「韓国の選手らは試合中、審判が済州に不利なジャッジをしていると不満を示していたが、理由はともあれ、日本の選手に暴力を振るったことは間違いなくマナー違反」と指摘した。

<サッカー>浦和と済州の乱闘騒ぎ、韓国のメディアやネットの反応は?=「これがサムライ精神なの?」「本当に恥ずかしい」

 

ぼくが見た中では、朝鮮日報の記事だけが「浦和に責任がある」という論調を展開していた。

この乱闘の原因を浦和の槙野選手に向けた後、浦和レッズに「極右」というレッテルまではっている。

相手チームは「極右サポーター」で悪名高い浦和だった。浦和のサポーターは2013年に全北現代との試合で軍国主義の象徴「旭日旗」を掲げ、物議を醸した。

サッカー:「刺激した側にも責任」 済州ベンチを挑発した浦和・槙野に批判の声

 

「極右サポーター」「悪名高い」「軍国主義」という印象の悪い言葉を使って済州の行為を正面から取り上げようとしていない。
これでは、今国会で話題の「印象操作」と同じだ。

 

 

*お願い

このブログはワードプレスです。
サイドバーのテンプレートをいじったら、タイトルの下に変な文字が出てきました。この文字の消し方がさっぱり分かりません。
わりと真剣に困ってます。
消し方をご存じの方はぜひ教えてください。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

ヨーロッパ 「目次」

韓国 「目次」

中国 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。