日本のソフトクリームとアメリカ人。「火星ヤシ味」って何だ?

 

知人のオーストラリア人が、日本で食べたある食べ物をSNSに投稿していた。

その投稿を見た彼女の友人がこんなコメントをする。

waaaat? where d’you get that at?
(はあああああ?アンタ、それどこで買ったの?)

 

そのオーストラリア人が食べたのは、これ。

Soft serve with gold flakes!
金箔のソフトクリーム!

 

ちなみに、「Soft serve」とはソフトクリームのこと。
ソフトクリームは日本語(和製英語)。

「macaroni」というサイトではこんな説明がある。

ソフトクリームは英語でどう表現するかのか、それは「soft serve ice cream(ソフト サーブ アイス クリーム)」です。

意外すぎる!「ソフトクリーム」は英語じゃなくて日本の造語らしい

 

 

日本にいる外国人が驚くことに、ソフトクリームの種類の多さがある。

友人のアメリカ人で、日本のどこかへ行くたびにソフトクリームを買って食べているヤツがいた。
「おいしいから」というより、「日本にはいろいろな味のソフトクリームがあって珍しいから」と言う。
アメリカのソフトクリームは種類が本当に少ないらしい。

日本でシラスが入ったソフトクリームを見つけたときは、かなり驚いていた。
これにはボクも驚いたけど。

 

でも、日本に初めてソフトクリームを紹介したのはアメリカ人なんだけどね。
日本では1951年に登場している。

昭和26年(1951年)7月3日、明治神宮外苑で日本を占領していた連合国軍のアメリカ軍がアメリカ独立記念日を祝ってソフトクリームの店を立ち上げたことによって広まった。

(ウィキペディア)

 

日本ソフトクリーム協議会のホームページにはこうも書いてある。

一般の日本人が、最初にソフトクリームを食べ、フリーザーの運転を見たのがこの時だったのです。

歴史広場

 

でも、ソフトクリームの起源は4000年前の中国にあるらしい。
やっぱり中国はいろいろとすごい。

 

 

自分は今までにいろいろなソフトクリームを見てきたから、もうソフトクリームの味で驚くことはないだろう。
と思っていた。

でも、フジテレビ系の番組「ノンストップ」が紹介したアイスの味には驚いた。

それは「存在しない味」だったから。

 

バラのソフトクリーム

 

フジテレビが存在しない味のアイスを番組で伝えてしまい、後からをれを謝罪している。

スポーツ報知の記事から。

6日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で赤城乳業(埼玉県深谷市)が発売する人気の氷菓「ガリガリ君」で実在していない味を番組内で紹介していたことが分かった。フジテレビは7日放送の同番組内で謝罪した。

フジテレビがまた謝罪、「ガリガリ君」の実在していない味を紹介「ノンストップ!」

 

この番組の中で、ガリガリ君のスイカ味、九州みかん味、火星ヤシ味を紹介したらしい。
でも、「火星ヤシ」なんてガリガリ君は実在していなかった。

それで、「申し訳ございませんでした」となる。

 

 

不思議に思ったのは、なんで「実在しない味」なんてものを番組で紹介したのか?
番組を放送するまでには、複数の人間がチェックするはず。
その過程がよく分からない。

 

記事を読むと、どうやらネットで加工された「実際にはない味」のガリガリ君を、本当にあるものだと番組の制作スタッフがかん違いしてしまったらしい。

「火星ヤシ味」なんて想像がつかない。
スタッフがおもしろうなネタを見つけて飛びついた。
そしてしっかり確認しないまま、放送してしまった。
そういうことだろう。

 

ボクもこうしてブログを書いていると、おもしろそうなブログネタを見つけたらうれしくなる。
でもよく確認しないと、後で謝罪するハメになる。
気をつけねば。

 

信玄餅のソフトクリーム
これ実在する。

 

こちらの記事もいかがですか?

アメリカ 「目次」

英会話 「目次」

日本 「目次」

外国人が驚く日本の金箔ソフトクリーム。その反応&英会話

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。