英会話を学ぼう 67 テーマ:英文を書くときに便利な省略の表現

 

日本に住んでいる外国人は日本で見た変なものをよくSNSに投稿しています。
そしてそれを見た友人がコメントを書きこみます。

そんな外国人の投稿とコメントから、生の英会話を学んでいきましょう。
ネットの書きこみでは、短く省略した英文の表現がたくさん出てきます。
それも覚えておくと便利です。

 

 

*これは20代のイギリス人の女の子が投稿したものです。

「真っ白なお酒のキットカットを見たわ」

・I’ve seen everything White chocolate Kit Kat Sake

「オーマイガー。食べてみて!」

・Omg try it!!
「Omg」はOh my godの略。
日本語でも「オーマイガー」でいいと思う。

「うん!」

・Yassss!
これはスラングでうまく日本語にできない。
このサイトを見てほしい。
【Yasss】スラング英語の意味 Yasss Bish

「変な味のキットカットがたくさんあるけど。でも食べてみる」

・There are so many weird flavours tho 😂 but I try.
thoはthoughのこと。

「試してみて!」

・PLEASE TRY IT
大文字で書くと強調する意味が出てくる。
アメリカ人とイギリス人が「DIY」の看板を見て「あれは失礼だ」と言っていた。
「diy」ならいいけど、大文字だと「自分でやれ!」みたいに乱暴な言い方になるらしい。

「あなたにレビューを書くわね」

・I can review it for you
「レビュー」も日本語になっていると思う。

「どんな感じが教えて・・・・」

・and let me know how it was….

 

 

SNSへの書きこみでは、こんな省略文字をよく使う。

 

今回の記事で「役に立てそうなものがあったよ!」と思ったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

英会話 「目次」

東南アジアで見つけた日本の支援。誇らしく感じた7つのもの。

英会話の話題・雑学に:あなたの都道府県を英語で言うとこうなる。

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。