オーストラリア英語のなまり(発音)の理由、イギリスの階級のせい? 

 

始めの一言

「幾つかの金属製のボタンを与えると・・・『大変有り難う」と、皆揃って何度も繰り返してお礼を言う。そして跪いて、可愛い頭を下げて優しく微笑むのであったが、社会の下の階層の中でそんな態度に出会って、全く驚いた次第である。(リンダウ 明治時代)』」「逝き日の面影 平凡社」

IMG_4808

 

オーストラリア英語を紹介するおもしろい動画があります。

はじめにそれを見てオーストラリア英語を聞いてください。
向かって左の人が話す英語が正式な英語で、右の人の英語がオーストラリア英語です。
Manterの動画から。

 

 

 

イギリスの特徴といえば「階級」。

「『イギリス社会』入門 日本人に伝えたい本当の英国(コリン・ジョイス)」という本は、最初にこんな言葉がある。

イギリスに「階級制度」があることは世界の誰もが知っている。

イギリスでは、上流階級と労働者階級とでは、食事の仕方で分かるという。
ということを前回まで書いた。
今回はその続き。

 

今回の内容

・階級は、発音で分かる。
・オーストラリア英語のなまり(発音)の理由。
・「お母さん」は、下品な言葉?

 

・階級は、発音で分かる。

イギリスでは、英語の発音からでも、その人の「階級」が分かるらしい。

 

誰かの家にお茶とスコーンに招かれたら、階級を探るヒントがたくさん見つかるはずだ。
上流階級は「スコン」と発音するが、労働者階級は「スコウン」のように発音する。

「『イギリス社会』入門 日本人に伝えたい本当の英国 コリン・ジョイス」

 

あ、ボクの発音は、「スコウン」に近いや。
まあ、アフタヌーン・ティーなんてしないからいいけどね。

 

イギリスの階級を説明するときに、たまに、映画のマイフェアレディ(1964年)の発音をを例にしているものがある。
けど、このイギリス人の本によると、さすがにそれは古すぎて、現在のイギリスとは違うという。

 

マイフェアレディの中では、ヒギンズ教授が、英語の発音を聞けば、その人がどこの階級の人か言い当てることできたけど、今はそこまではっきりとは分からないらしい。

 

「3丁目の夕日」の時代の日本も今の日本も、同じ日本ではあるけれど、社会も常識も人びとの考え方も違う。
イギリスの階級社会を説明するもので、マイフェアレディがあっても、それはそのまま現在のイギリスには当てはまらない、「ちょっと前のイギリス」と思った方がいい。

IMGP8995

 

・オーストラリア英語のなまり(発音)の理由。

 

「オーストラリア英語は、なまっている」と聞いたことはないだろうか?
オーストラリア人が話す英語は、特徴がある。

 

「オーストラリア留学協会」のHPで、その具体例を見てみよう。

 

親しみやすいオージーイングリッシュ!

 

有名なオーストラリア英語の発音はA(エイ)を(アイ)と発音することです。例えば、Day(デイ)が(ダイ)や、Mate(メイト)が(マイト)、Name(ネイム)が(ナイム)になります。

他にも単語の語尾をieにしたがります。例えば、朝食「breakfast」は「brekkie=ブレッキー」、バーベキュー「barbecue」は「barbie=バービー」、蚊「mosquito」は「mozzie=モジー」といった感じです。

 

 

カンボジアを旅行中、オーストラリア人と英語で話していたときに、このオーストラリア英語の発音を知らなくて失敗したことがある。

 

会話中、オーストラリア人が、「スリーダイズ」と言ったのが聞こえた。
上の例から分かるように、これは、「3 days(3日間)」のことだったのだけど、オージーイングリッシュなんて知らなかったボクは、「3dies(3人死ぬ)」と聞こえてしまった。

 

「地雷か何かで3人の人が亡くなったのか?」
と、勘違いしたまま会話をしてしまったら、当然、話が成立しない。
まあ、大した失敗じゃないからいいけどね。

 

後になってから、オーストラリア英語では、A(エイ)を(アイ)に発音するということが分かって、あのときの謎も解けた。

 

でも、不思議に思ったのは、なんで、オーストラリア人の英語は、なまっているのか?
これについて、友人のイギリス人に聞いてみたことがある。

 

その前に、オーストラリアという変わった国について説明したい。
オーストラリアは、イギリスの領土だった時代、イギリスで犯罪をおかした人が行かされる流刑地だった。
言ってみたら、あのオーストラリア自体が巨大な「刑務所」。
「刑務所」が独立して国になったのは、世界でオーストラリアだけ。

 

ちなみに、「オーストラリアは、元はイギリスの刑務所だったの?」とオーストラリア人に言っても、相手が怒ることはない。と言い切っていいと思う。
先祖の多くが「労働者階級」の出身のせいか知らないけど、オージーはイギリス人とよりフレンドリーで、細かいことは気にしない。

 

ボクが、聞いても、「そのとおりだ!オーストラリアは、砂漠があって、周りの海にはサメがいる。最高の『ナチュラル・プリズン』だよ」と笑顔で言う。
そんなことより、「オーストラリア人=クロコダイル・ダンディーみたいな人」というイメージを嫌うと思う。

 

001002

これは、アフリカの大地。
多分、こんな感じじゃないの?

 

で、先ほどのオーストラリア英語の質問について、イギリス人は、こんなことを言っていた。

 

まず、その当時、イギリスで犯罪をする人は、労働者階級の人が多かった。
労働者階級のイギリス人が話す英語と上流階級のイギリス人が話す英語は違っていた。

 

労働者階級の人が話す英語は「コックニー」と呼ばれる英語で、そのコックニーを話す人たちがたくさんオーストラリアに囚人として流された。

 

そのコックニーが現在のオーストラリア英語になったから、今のイギリス人の英語とは発音が違うようになった。
というもの。
ウィキペディアを見ても、確かにその影響があるらしい。

 

オーストラリア英語の発音は、初期のオーストラリア移民の多くが話していたコックニー(ロンドンの下町訛り)の継承と考えられているが、英国領であったアイルランドの影響も含まれる。(ウィキペディア)

 

さらに、イギリスに住んでいる日本人のブログでは、今でも労働者階級の英語「コックニー」は使われているという。

 

 

階級差は、その人がしゃべる英語のアクセントに現れます。
ロンドンの労働者階級の人々は、コックニーとよばれる強いなまりのある英語を話します。
サッカー選手として大成したデビッド・ベッカムの英語は、コックニーです。
彼は、大金を稼ぎ、豪邸に住んでいますが、労働者階級に属します。

イギリスに存在する3つの身分制度とは?日本人が知らない現在の英国階級社会

 

ベッカムの英語がコックニーの英語だったとは知らなかった。
今の日本では、日本語の発音で分かるのは出身地ぐらい。
こういうところからも、日本とイギリスの違いが分かる。

 

・「お母さん」は、下品な言葉?

今、こも記事を書いていて思ったけど、日本でイギリスの「上流階級」に近いのは、昔、東京の「山の手」にいた人びとじゃないかな?
この人たちは、「山の手言葉」という「上流階級の日本語」を使っていた。

 

山の手言葉

東京語のうち、主として山の手方面で話される言葉。江戸の旗本・御家人・の言葉の流れをくみ、明治以後主に山の手に住む知識階級が使う言葉。(大辞泉)

 

 

今では当たり前になっている「お母さん」という言葉は明治時代に生まれたらしい。
このとき、この「お母さん」という言葉が「品がない」と反発したのは、この山の手言葉を使う人たちだったと、司馬遼太郎の本で読んだことがある。

 

山の手言葉を話すお上品な人たちからしたら、「お母さん」という言葉は、「コックニー」に当たる言葉だったのだろう。
平成の今となっては、この「山の手言葉」を聞いてみたい。

 

良かったら、こちらもどうぞ。

イギリス人よ、これが和製英語だ!パワースポットにスピードダウン・・

スター・ウォーズのもう一つの見方~なぜ帝国側はイギリス英語を、反乱同盟軍側はアメリカ英語を話すのか?~

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話が盛り上がる話題

「世界ベストツーリスト」の日本人が、外国でしてはいけないこと。

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。