日本の饅頭の始まりは日中友好から。中国人がつくり店開く。

 

今回はクイズから始めます。

ラーメン、饅頭(まんじゅう)、餃子の3つは中国から伝わった食べもの。
ではこの3つの中で、一番始めに日本に伝わったものはどれか?

 

 

答えは饅頭。
饅頭は14世紀の室町時代に伝わった。

 

その次がラーメン。
これは江戸時代。
新横浜ラーメン博物館のホームページには、日本にラーメンが誕生したのは1665年と書いてある。

1665年:
水戸光圀が、日本人として初めて中華麺を食べる。儒学者朱舜水が、光圀の接待に対して自分の国の汁そばをふるまった。ただし、この中華麺が広く庶民にまで広まる事はなかった。

日本のラーメンの歴史

 

そして一番新しい食べものは餃子だ。
餃子は昭和初期、約100年前に登場している。

「+餃子GYOZA」のホームページから。

今ではすっかり一般的な食べ物になっているギョウザですが、日本で食べられるようになったのは昭和初期と意外に新しい食べ物です。

餃子の始まり

今回は日本での饅頭の始まりについて書いていきたい。
これは日中友好の、感動の物語でもあった。

というほどのものではないけれど、室町時代の日本人と中国人の交流がわかる。

 

 

中国で饅頭が生まれた話はまえに記事で書いた。
簡単に言うとこんな感じだ。

三国志で有名な諸葛孔明こうめいが中国の南部に行ったときのこと(4世紀、日本だと弥生時代)。
孔明が渡ろうした川が氾濫はんらんしていて、彼はそれ以上前に進むことができなかった。

「こういうときは生けにえが必要です」と地元の人たちが言う。
当時この地方には、荒れ狂った川をしずめるために、人の首を斬ってその頭を川に投げ入れるという野蛮な風習があった。

「マジかよ」

地元の人からその話を聞いた孔明はそうつぶやいたという(たぶん)。
孔明はその残酷な風習を止めさせたいと考えた。

それでこんな提案をする。

「人の頭の代わりに、皮に肉をつめたものをつくってそれを川に投げ入れなさい」

それが饅頭の始まりになったという。
*饅頭の起源については、他にも説がある。

では、日本で饅頭はどのようにして生まれたのだろうか?

 

 

さっきも書いたけど、日本で饅頭が誕生したのは14世紀の室町時代。

「林浄因(りんじよういん)」という中国人が日本に饅頭を紹介した。

日本のまんじゅうは中国から帰化した林浄因(りんじよういん)に始まる。

「世界大百科事典内の林浄因の言及」

中国で禅を学んでいた日本人の仏教憎「竜山徳見(りゅうざんとくけん)」がこの林さんを日本に連れて来た。
それが1349年のとき。

来日したこの林さんが日本で初となる饅頭をつくる。
中国の饅頭は皮の中に肉を入れていたけど、林さんは肉の代わりに小豆を煮つめてあんをつくって、それを中につめることにした。
これが日本人に大ヒット。

林さんは日本初の饅頭屋を開くことなる。

 

 

このとき林浄因(りんじよういん)がオープンした饅頭屋は今も残っている。
東京都中央区にある和菓子屋「塩瀬総本家」がそれ。

「塩瀬総本家」のホームページに林さんのことが書いてある。

貞和5年(1349年)

初代林浄因が中国より来日、奈良に住し日本で初めて餡入りの饅頭を作り売り出しました。
この他にお饅頭の神様として林浄因を祀った林神社があり、毎年4月19日饅頭祭りが行われている。

沿革

林浄因は応仁の乱の後に、「林」という名字を「塩瀬」に変えて京都で饅頭屋を開いたという。
今の京都市中京区にある「饅頭屋町」という地名はそれにちなむ。

 

これは日本から中国へ伝わったお菓子。
プリッツは漢字で「百力滋」になる。

 

でも、考えてみたら不思議な気がしてくる。

1349年といえば、中国は元で日本は室町時代。
この少し前には元寇があった。
そのとき日本と元は敵同士で、殺し合いをしていた。

元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時大陸を支配していたモンゴル帝国(大元ウルス)およびその属国である高麗王国によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。

「ウィキペディア」

日本は鎌倉幕府から室町幕府に変わったけど、元はこのときと同じ。
「日本を征服できなかった」というフビライ・ハンの無念は、まだ元に残っていたんじゃないかと思う。

でも70年後には、元は日本人の僧を受け入れて禅を学ばせている。
そしてその日本人が連れて来た中国人が饅頭をつくって、日本初の饅頭屋を開いた。

日中友好のいい話じゃないですか。

 

 

この記事を書いているとき、アメリカのオバマ元大統領の言葉が頭に浮かんできた。
太平洋戦争が終わった約70年後、オバマ大統領はこう言っている。

「かつての敵が最も緊密な同盟国になった」

室町時代に中国人が日本で饅頭屋を開いたというのは、元寇が日中の間で完全に過去のものになったと考えていいはず。

 

 

おまけ

饅頭の始まりには、もう一つの説がある。

もうひとつの系統は、林が伝えたとされる年より100年ほど遡る1241年(仁治2年)に南宋に渡り学を修めた円爾が福岡の博多でその製法を伝えたと言われる。

「ウィキペディア」

でも「林さん説」のほうが有力らしい。

 

こちらの記事もいかがですか?

じつは怖い「饅頭」の由来。孔明が生け贄を肉まんに変えた説

外国人の好きな日本文化「着物」。歴史と特徴を簡単にご紹介。

箸の違いに見る日本文化の特徴。中国伝来の物を変えてしまう。

日本 「目次」

中国 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。