イスラーム教の国:マレーシアとサウジアラビアの違いを知ろう。

 

今回は、マレーシアとサウジアラビアの違いについて書いていきたい。

マレーシアもサウジアラビアも国教は同じ。
イスラーム教。
だから両国ともイスラーム教の影響が強い。

でも、違いもある。

これからそれを見ていきましょう。

 

MERDEKAというマレー語は「独立」という意味。

 

まずはマレーシアという国について。

 

マレーシアとはこんな国だ。

1 面積

約33万平方キロメートル(日本の約0.9倍)

2 人口

3,119万人(2015年マレーシア統計局)

3 首都

クアラルンプール

4 民族

マレー系(約67%)、中国系(約25%)、インド系(約7%)(注:マレー系には中国系及びインド系を除く他民族を含む)

5 言語

マレー語(国語)、中国語、タミール語、英語

6 宗教

イスラム教(連邦の宗教)(61%)、仏教(20%)、儒教・道教(1.0%)、ヒンドゥー教(6.0%)、キリスト教(9.0%)、その他

このデータは外務省ホームページにある「マレーシア(Malaysia)基礎データ」から。

 

マレーシアの特徴は「他民族国家」であること。
民族・言語・宗教を見てもらうと分かると思うけど、マレーシアにはいろいろな人たちが住んでいる。
イスラーム教の影響が強い他民族国家がマレーシアという国。
これはインドネシアも同じ。

 

日本にとってマレーシアといえば、なんといってもフランシスコ・ザビエル。
ザビエルはマレーシアでヤジロウという日本人と出会って、日本での布教を決意する。
向かって右がザビエルで左がヤジロウ。

 

マレーシアは他民族国家。
中華系を始めいろいろな民族がいる。
ここにある言葉は、「まとまって団結しよう!」なんて意味だと思った。

 

アメリカの場合は、「IN GOD WE TRUST(我々は神を信じる)」が国家のモットー。

 

聖書クルアーン(英語読みだとコーラン)

 

お次はサウジアラビアという国について。

*サウジアラビアの下のイエメンという国を覚えておいてほしい。
後でイエメンの動画が出てくるから。

 

サウジアラビアとはこんな国だ。

1 面積

215万平方キロメートル(日本の約5.7倍)

2 人口

3,154万人(2015年,世銀)
構成(2015年ミリタリーバランス)
•自国民:73%
•外国人:27%(出身別:アジア20%,アラブ6%,アフリカ1%,ヨーロッパ1%)

3 首都

リヤド

4 民族

アラブ人

5 言語

アラビア語(公用語)

6 宗教

イスラム教

7 国祭日

9月23日(建国記念日)

このデータは外務省ホームページにある「サウジアラビア王国(Kingdom of Saudi Arabia)基礎データ」から。

 

サウジアラビアの宗教はもちろん、イスラーム教。
そうなんだけど、サウジアラビアのイスラーム教は「ワッハーブ派」と呼ばれるもので、とても厳しい。

ワッハーブ‐は【ワッハーブ派】

《Wahhāb》18世紀半ばアラビア半島で、ムハンマド=イブン=アブドル=ワッハーブが起こしたイスラム教の一派。コーランとスンナの厳格な適用を主張し、後代の付加物をすべて異端として否定。サウジアラビア王国はこの派を国是としている。

デジタル大辞泉の解説

一昔前は、日本人の駐在員がサウジアラビアに入国するときにこんなことがあったらしい。

その日本人の荷物の中に、お土産の日本人形が入っていた。
でも、イスラーム教では偶像崇拝が禁止されている。

だからサウジアラビアにその人形を持ちこむことはできない。
それで、その人形の首を切断されてしまったという。
サウジアラビアはともて厳しい。

 

ところで、上のデータを見て驚いたことがある。

「サウジアラビアって、祝日が1年に1日しかないの?」

調べてみたらたしかにそう。
イスラーム教の祭りの日も休みだけど、国の祝日は1日しかない。

 

マレーシアの女の子
ヒジャブという布で髪を隠している。
これもイスラーム教の教えによる。

 

上のデータから両国の違いが見えてくる。

マレーシアはいろいろな民族・宗教・言語がある他民族国家。
それに対して、サウジアラビアはとても均一性や同一性が高い。
もう単一民族国家に近い。
「民族はアラブ人、言語はアラビア語(公用語)、宗教イスラム教」とすごくシンプルで、マレーシアのデータとは全然ちがう。

これは世界各国のイスラーム教徒の信徒数の割合「ウィキペディア」

 

これを見ると、マレーシアとサウジアラビアとではイスラーム教の’濃度’が違うことが分かる。
マレーシアのイスラーム教徒の割合は50~75%で、サウジアラビアはほぼ100%。

イスラーム教が生まれたのはサウジアラビア。
イスラーム教の最高の聖地「メッカ」があるのもサウジアラビア。
だからサウジアラビアは、「世界でもっともイスラーム教の影響が強い国」といってもまちがいではない。

そこもマレーシアとは違う。

 

メッカのカーバ神殿
イスラーム教徒で埋めつくされている。

Fatih SeferagicのFacebookページから。
記事の上の写真も。

 

おまけ

サウジアラビアの下にあるイエメンの首都サヌアの様子。
拡声器から聞こえてくるのはアザーンという呼びかけ。
「お祈りの時間ですよ~。モスク(礼拝所)に来てくださ~い」なんてことを言っているらしい。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

宗教 「目次」

東南アジア 「目次」

英会話 「目次」

ツイッターでつぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。