海外旅行で韓国人から、日韓の歴史認識の違いを聞かれたら?

 

前に海外で出会った日本人のバックパッカーのことを書いた。

「世界のことはよく知っているけど、日本の大事なことは知らなかった」というバックパッカー。

その日本人はミャンマーと隣接する国をすべて言うことができた。
イランの「サルアガセイエッド」なんていう、秘境のような村のことも知っていた。
でも、竹島問題のことは小学生の教科書レベルの知識もない。

日本人としてこれは残念。
そのことはこの記事で↓

世界を知ってるけど、日本のこと(竹島)は知らないバックパッカー

 

でも未来の日本人はきっと違う。
これからの小学生や中学生は、日本の領土問題について今まで以上に学ぶことになる。
前にも書いたけど、大事なことだからここでも確認しておきたい。

2017年6月29日付の産経新聞の社説から。

平成32年度から小学校、翌33年度から中学で教科書が一新される。領土については、今年3月に告示された新指導要領で、北方領土に加え、竹島や尖閣諸島について「我が国固有の領土」と明記された。解説書では小5の社会科で、竹島は韓国に不法占拠されていることなどを明記した。

小中学「解説書」 国の守りに理解深めよう

自国の領土について学ぶことは世界のどこの国でも重要にされている。

 

でも、竹島問題について知ることはいいとして、それで実際に韓国人と出会って竹島(韓国名:独島)の話になったらどうしたらいいのか?

実際、ボクは今までの海外旅行でそんな場面が何回かあった。
旅先で出会った韓国人と日韓の歴史認識や領土問題の話をしたことがある。

ボクからそんな話を持ち出したことは一度もない。
でも、韓国人の方からそんな話題を持ちだしてきたときは、それに応えるようにしている。

韓国人から日韓の歴史認識や領土問題について聞かれたら、どうしたらいいのか?
今回は個人的な経験からその話を書いていきたい。

 

インドの猿。
猿を「神様」と考える人もいる。

 

10年ほど前にインドを旅行していたときのこと。

 

「コルカタ」という都市の宿のドミトリーで、韓国人のバックパッカーから声をかけられた。

「今夜パーティーをするんだけど、君も来ないか?」

パーティーといっても、宿の屋上で韓国から持って来た酒をみんなで飲むというもの。
ヒマだったし面白そうだから、それに参加させてもらうことにした。

 

ドミトリー
いろいろな国の人と出会うことができる。
当たり外れはすさまじく大きい。

 

「汚いなあ」と思いながら、宿の屋上の床に尻をついて座る。
簡単な自己紹介からパーティーが始まった。

 

この時のメンバーは、韓国人3人と日本人2人の計5人。
3人の韓国人は友人同士。
韓国で軍隊での生活を終えて、インド旅行に来たという。

始めはインド旅での苦労話をする。
この話はインドで出会った日本人同士でもよくする。

 

しばらく話してお酒がまわってきた時、1人の韓国人がこんなことを言う。

「日本では、安重根についてどう考えられているのですか?」

これを聞いた他の韓国人2人は「え?」と驚いた顔をする。
これにはボクも驚いた。
なんでこんなパーティーの場で安重根の名を出すのか?
これは日韓のビミョウで複雑な歴史認識の問題になる。

 

でも、もう一人の日本人は動じていなかった。
彼は安重根という人物を知らなかったから。

「安重根って誰ですか?」
そんなことを聞いてくる。
こんな人だよ。

安重根(アンジュングン、あんじゅうこん)
1879~1910

朝鮮の独立運動家。
1907年沿海州で愛国啓蒙運動と義兵闘争に参加。
朝鮮の植民地化を決定づけたとして、09年10月に伊藤博文をハルビンで暗殺した。

「世界史用語集 山川出版」

安重根

 

この安重根という人物は日韓で評価が分かれる。
韓国では愛国者でにして民族の英雄。
「義士」と呼ばれる。

だけど、日本では首相を暗殺したテロリスト。
「テロリストの中国語はなんだろう?」と思って調べてみたら、「恐怖分子」とある。

義士と恐怖分子じゃ、全然違う。
でもそれが日本と韓国の歴史認識の違いでもある。

 

インドのお城

 

韓国人の旅行者から質問されたとき、安重根は韓国で英雄になっていることは知っていた。
だからこの時、「テロリスト」という表現を使うかどうかで迷う。
でも彼は日本での評価を知りたいのだから、なるべく正確に伝えたほうがいい。
それに遠回しに言うほどの英語力もない。

そんなわけで、「安重根は日本ではテロリストだと考えられている」とストレートに言ってみてた。
韓国の英雄を「テロリスト」と言うのだから、韓国人としては良い気持ちではないはず。

「テロリストなんて聞いたら怒るかなあ?」なんて内心ではけっこうビビッていた。
でも予想に反して、その韓国人はボクの言葉に納得していた。

「だろうね。そうだと思ってたんだ。自国の首相を暗殺されたら、どこの国でもその犯人はテロリストになるはずだよ」

 

インドの少数民族の家。

 

今度はボクが彼に質問をする。

「なんでそんなことを聞きたかったの?」

「韓国では『安重根は、日本でもすばらしい人だと考えられている』なんてことを聞いていたから、それが本当かなあ?と思っていたんだ。だからここで日本人の君と会ったから、聞いてみたかったんだよ」

彼はそんなんてことを言う。

日本でも安重根に対しての見方はひとつではない。
テロリスト以外の見方をしている人はいる。
そのことはも彼らに話した。

 

彼はそれで納得したけど、他の2人は「安重根=テロリスト」ということに不満そうな顔をする。
そんな2人にこんな質問をした。

 

「もしマッカーサーが日本人に暗殺されたら、アメリカ人はその日本人をどう考えると思う?」

「マッカーサーってだれ?」
という人のために簡単に説明させてもらいまっせ。

日本は太平洋戦争でアメリカに負けて、GHQに占領されることになった。

GHQ【ジーエッチキュー】

General Headquartersの略。
連合国最高司令官総司令部。太平洋戦争後の日本を占領・管理するための最高司令部として1945年東京に設置。

百科事典マイペディアの解説

このGHQの最高司令官がマッカーサーというアメリカの軍人。

マッカーサー(ウィキペディア)

 

この時、こんなことが起きたらどうなるか?

ある日本人が「日本のため」と思って占領軍のトップであるマッカーサーを暗殺してしまう。
そうなったら、アメリカ人はどう思うか?

その日本人を「愛国心ある義士」なんて考えるはずがない。
間違いなくテロリストと見なすはず。

同じ人物であっても、占領する側とされる側ではその見方が違うことは仕方がない。
そんな話をしてみた。

2人は「マッカーサー暗殺」なんて話が出てくるとは夢にも思っていなかったらしい。
「そんなことを考えたこともなかった」なんてことを言っていた。

日本の安重根観を受け入れることはなかったけど、韓国と日本にはそれぞの立場があって見方も違うということは理解していた。

「安重根をテロリストなんて言ったら怒り出するかなあ」と不安だったけど、まったくそんなことはない。
そんなことを聞いても怒ることはないし、韓国の意見を押しつけることもない。

ボクにはこれが意外だった。
言いにくいことだったけど、ハッキリ言って良かったと思う。

ちなみにもう1人の日本人は、眠りに落ちそうになるのを必死にこらえていた。

 

 

この時、韓国人の旅行者から竹島のことも聞かれた。
そのことは次回に書きます。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

日本人が暗殺者・安重根を「憎みつつも尊敬した理由」とは

日本 「目次」

韓国 「目次」

 

ツイッターでつぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。