外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑥


 

「日本人は忘恩だ不信だと言って往々非難する者がある。これ私が私の日本においては経験しなかったところである。私はむしろその反対を経験した。
(ケーベル 明治時代)」

 
「あらゆる方面で発達している日本人の美的センスは、どんな種類の塗料、ラッカーよりも白木の自然な色を好むのである。新しい家は〔障子〕紙と白さを競い合い、古い家は樫の木のような艶を帯びて、こちらの美しさも捨てがたい
(スエンソン 幕末)」

 

 

「日本人は遥かに古い文化を持っているのだから、或いは一定のことをやる方法は、彼等のやり方の方が最善なのかもしれない(モース 明治時代)」

 

「おだやかな海と晴れ渡った空とが一つになって、この地を輝くばかりに美しくしてみせていた。心地よい住居のある、なんと魅力的な海岸だろうか!なんと実り豊かな丘、なんと神々しい神苑であろうか!(シーボルト 江戸時代)」

 

「日本の植物栽培家は、いくら賞賛しても足りないくらいで、彼らの作り出す庭園や植物はすばらしい(シーボルト 江戸時代)」

 

IMGP9555

 

「日本という国全体が、生活に役立つ植物と美しい装飾用植物で満ちた庭園である」「その多様性と美しさにおいて、世界の他の国々に例を見ないほどである(シーボルト 江戸時代)」

 

「いかなる外国の植物群も、日本の観賞用植物ほど多様性と美しさを兼ね備えていない(シーボルト 江戸時代)」

 

「鋼鉄すなわち鉄製品だけではなく、木製品でさえもやはり同じように清潔に手入れをしてある。日本の職人たちは、全般的に見て、長い人は、毎日一時間余りを自分の道具の手入れのために費やしていると言っても差支えない
(フィッセル 江戸時代)」

 

「閑雅な日本料理を味わうのは、同時に『芸術』を「味う」ことでもある。日本割烹の板前は見る眼に美しいものを想像する芸術家だ。一つびとつの料理とそれぞれ特別の容器に盛られている美しさは眼を驚かすばかりである。清純な味いと鮮麗とを兼ねた佳饌は、一幅の静物画さながらだ(タウト 昭和)」

 

「人間のさまざまな必要をみたすために、あらゆるところに竹を利用することは、日本人の発明工夫の才のすばらしい成功例です。(フレイザー 明治時代)」

 

P1210091

 

「水稲や、水盤、箱、湯呑みなども、節ごとに、しっかりしたしきりをもる種類の竹から、そのしきりと節間を活用してつくられます(フレイザー 明治時代)」

 

「日本の芸術を研究すれば、誰でももっと陽気にもっと幸福にならずにはいられないはずだ。われわれは因習的な世界で教育を受け仕事をしているけれども、もっと自然に帰らなければいけないのだ (ゴッホ)」

 

「いいかね、彼らがみずからが花のように、自然の中に生きていくこんなに素朴な日本人たちがわれわれに教えるものこそ、真の宗教とも言えるものではないだろうか(ゴッホ)」

 

「日本の芸術を研究すれば、誰でももっと陽気にもっと幸福にならずにはいられないはずだ。われわれは因襲的な世界で教育を受け仕事をしているけれども、もっと自然に帰らなければいけないのだ(ゴッホ)」

 

(日本人の美意識について)
「他の国では、有能で鑑賞眼のある人たちのあいだにのみ、美を味わう能力が見られるが、この国では、全国民のあいだにそれがひろがっている
(タゴール 大正時代)」

 

IMG_6483

 

「日本絶賛語録 小学館」
「江戸幕末滞在記 講談社学術文庫」
「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。



 

良かったら、こちらもどうぞ。

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す