アメリカ独立記念日(7月4日)とは?白人と黒人とでは、価値が違う

 

7月4日はアメリカの独立記念日。

1776年7月4日に、アメリカのフィラデルフィアでイギリスからの独立を高らかに宣言した。
その記念の日が今の独立記念日になっている。

 

ちなみにそのころの日本は?
1772年に田沼意次が老中になったり、1782年には天明の大飢饉がおきたりしていた。
つまり、アメリカ合衆国と老中・田沼意次は同じころに誕生した、ということ。

日本の世界史の授業では、アメリカの独立宣言についてこう習う。

独立宣言《アメリカ》

第2回大陸会議で採択された宣言。トマス=ジェファソンが中心になって起草し、フランクリンやジョン=ロックが補筆、修正した。ロックの自然法思想に基づき基本的人権革命権について述べたうえで、ジョージ3世の暴政を弾劾し、最後に独立を宣言して、のちのフランス人権宣言にも大きな影響を与えた。

「世界史用語集(山川出版)」

ここに出てくる「フランクリン」という人はアメリカの国民的英雄で、100札ドルにはこのフランクリンの肖像が描かれている。

フランクリン(ウィキペディアから)

 

「で、アメリカ人は独立記念日に何をするんだ?」

とアメリカ人に聞いてみたことがある。
彼はノースカロライナ州出身のアメリカ人。
彼の答えがアメリカ人らしい。

「バーベキューだよ。死ぬほど肉を食って死ぬほどビールを飲んで、そして倒れるんだ。それが独立記念日なんだよ」

いつもの週末と変わんないじゃん。

 

ちなみに、ノースカロライナはバーベキューがとても有名。
そのアメリカ人はノースカロライナ州を、「バーベキュー・ステイト(バーベキュー州)」なんて言っていた。

「BBQ GO!」にはこう書いてある。

そこからバルバコア(barbacoa)は食文化として広がっていき、バーベキュー(barbecue)となり、今ではテキサス州、ミズーリ州(カンザスシティ)、ノースカロライナ州/サウスカロライナ州、テネシー州(メンフィス)を中心に、世界有数の大きな食文化に育っていきました。

アメリカン・バーベキューとは?

 

「独立記念日は、バーベキューを食べて祝うんだよ!」

アメリカの白人ならそんな過ごし方をすると思う。
でも、そんなノリにはついていけないアメリカ人もいる。

 

奴隷としてアフリカから連れて来られた、アメリカの黒人はどうか?
アメリカの黒人は、白人とは違った視点で独立記念日を見るだろう。

その7月4日に、インド系アメリカ人の知人が「アメリカの黒人にとって7月4日とは?」という内容の動画をシェアしていた。
アメリカの黒人が独立記念日をどう見ているのか?
「The Root」の動画を見てみよう。

 

 

「わたしはアメリカで生まれたけれど、自分をアメリカ人だと思ったことがない」
「わたしたちに国はない」
「わたしたちはみんなアメリカ人」
「7月4日を祝おうとは思わない」
「黒人として、自分は7月4日に誕生した市民だと思っていない」

 

「アメリカの黒人にとって独立記念日(7月4日)とは?」

これにはいろいろな答えが声がある。
でも、こう考えている黒人が多い。

「7月4日はアメリカの白人がイギリスから自由になった日。黒人には関係がない」

これはネイティブ・アメリカンにも当てはまる。

 

 

友人に黒人のアメリカ人がいる。

その人の父親が亡くなって、父親側の家族と話をしていたときに「今日、ある発見があった」とメールで教えてくれた。
それがこの文。

I learned something interesting today!
I was talking with my father’s family at the funeral.
And I found out about my ancestor 〇〇. He was a moor. And he came to America from Spain AS A PASSENGER! This means my father’s family weren’t slaves when they came to the USA.
And that my DNA is about 20% European!

自分の先祖はムーア人だった。
*ムーア人(Moors)は、北西アフリカのイスラーム教教徒のこと。

父の先祖は、スペインから乗客としてアメリカにやってきた。
つまり、奴隷ではなかったということ。
さらに、自分にはヨーロッパ人のDNAが20%あることも分かったという。

こういう言葉は日本人との会話では絶対に出てこない。

 

 

先ほど、アメリカ独立宣言についての用語集の説明を書いた。
その世界史用語集には、じつはこんな言葉がある。

なお、奴隷制を批判した部分は独立宣言から削除された。

100ドル札に描かれたフランクリンがイギリスからの自由を宣言したとき、彼は黒人の奴隷を所有していた。

 

同じアメリカ人でも、白人と黒人とではまったく別の背景をもっている。
まったく違うバック・グラウンドをもっている人間が同じように祝うことはムリ。

独立記念日には、死ぬほどバーベキューを食べて祝う人がいれば、「自分には関係がない」と背を向ける人もいる。
こうした多様性がアメリカという国だと思う。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

宗教 「目次」

アメリカ 「目次」

英会話 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。