インドのヒンドゥー教と日本の神道、5つの共通点とは?

 

インドのヒンドゥー教と日本の神道には、いくつか共通点がある。

これからそれを5つ紹介していく。
ヒンドゥー教と比べることで神道のことも分かってくると思う。

まずは、神道とはどんな宗教なのか?
日本史ではこう習う。

神道

日本の民族宗教。
自然信仰に発し、8世紀頃までは氏神の祭祀を中心に展開したが、律令国家で神社を中心に再編成され、平安時代に神祇制度が整った。

「日本史用語集(山川出版)」

日本にいる外国人には、仏教と神道の違いがよく分からない人もいる。
「屋台を引き回す祭りは仏教の行事か?それとも神道か?」なんてことを外国人に質問されたことがある。
あれは神道。

 

 

では、ヒンドゥー教とはどんな宗教なのか?

世界史ではこう習う。

ヒンドゥー教

バラモン教に、先住民の土着信仰が吸収・融合されて成立した宗教。特定の経典を持たない。多神教であるが、三大神のうちのシヴァ神とヴィシュヌ神が中心となっている。冠婚葬祭など日常生活に関わっている。

「世界史用語集 (山川出版)」

ヒンドゥー教の最高神・シヴァ(日本だと大黒天)

 

ここから神道とヒンドゥー教の共通点をあげていく。

1、民族宗教

神道とヒンドゥー教は世界宗教ではなくて民族宗教になる。

世界宗教とは、民族や国を越えて世界に広く伝わる宗教のこと。
仏教・キリスト教・イスラーム教は世界宗教になる。
ちなみに、この3つの宗教には「アジア人がはじめた宗教」という共通点がある。

こんな世界宗教に対して、民族宗教とはこんなものをさす。

民族宗教

特定の民族によってのみ担われる宗教。
その民族の伝統や習慣と深く結びついていて成立・存続する。ユダヤ民族のユダヤ教、日本の神道など。

「デジタル大辞泉」

ヒンドゥー教は「特定の民族によってのみになわれる宗教」という点で神道と同じ。
神道は日本の宗教で、ヒンドゥー教はインドの宗教。
世界的な宗教ではない。

 

2、開祖がいない。

開祖とは、その宗教(宗派)をはじめた人のこと。
ここで質問。
世界宗教の仏教、キリスト教、イスラーム教の開祖はだれでしょう?

 

シャカ(前5世紀ごろ)、イエス(1世紀ごろ)、ムハンマド(7世紀ごろ)の3人。
*ネットには「キリスト教の開祖(創始者)はイエスではない!」なんて情報がある。
でも、んなことはない。
世界史用語集には「キリスト教を創始したユダヤ人」と書いてある。客観的な歴史ではこれが事実。
独自に解釈したトンデモ情報には気をつけよう。

 

神道とヒンドゥー教にはこの開祖がいない。

神道もヒンドゥー教も日本とインドで自然発生的に生まれた宗教だから、「いつだれが始めたのか?」ということが分かっていない。

 

 

3、多神教

ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教は一神教の宗教。
ヤハウェ、ゴッド、アッラー以外の神は認めていない。

でもじつは「ヤハウェ、ゴッド、アッラー」は、それぞれ別の神ではななくて同一の神のことをさしている。
呼び方が違うだけで、神は同じ。
ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教は同じ神を信じている。

 

他の神の存在は認めないけど、天使の存在なら認めている。
イスラーム教では、天使ジブリールがムハンマドに神(アッラー)の言葉を伝えたとされている。

これは、天使ジブリール(英語だとガブリエル)からアッラーの啓示を受けるムハンマド(ウィキペディアから)

 

一神教に対して、ヒンドゥー教と日本の神道は、ザ・多神教。

神道には「八百万(やおよろず)の神がいる」と言われている。
これは800万ということではなくて、「数の限りなく多いこと(デジタル大辞泉)」という意味。

これはヒンドゥー教も同じ。
ヒンドゥー教にも数え切れないほどの神がいる。

「でも根源的にはヒンドゥー教の神は1つだけ」という考え方もあるけど、これは一般的なものではない。

 

神道もヒンドゥー教も多神教で、最高神がいる。
それぞれ、天照大神とシヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマーがいる。

「宗教は、多神教から一神教へと段階的に進化する」という考えがあるらしい。
多神教には最高神が生まれる。
その最高神が他のすべての神の力を吸収して、さらに強大な絶対神へとなっていく。
絶対神にはなれば他の神は必要なくなる。
それで他の神が消えて、一神教へと変わっていく。

こんな宗教の進化論みたいな話を何かの宗教本で読んだ。
どの本か思い出せない。

 

 

4、特定の経典を持っていない。

キリスト教やイスラーム教には聖書(バイブル・クルアーン)がある。

でも神道とヒンドゥー教にはそんな経典がない。

世界史では「ヴェーダ」「マヌ法典」「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」といったものを習うけど、これらはヒンドゥー教の経典というわけではない。

神道も同じ。
「神道には経典がないから教義は存在しない」といったことを司馬遼太郎氏が書いている。

開祖・教義はなく、この島国の古代人が、例えば『地面にある岩に奇異を感じて、畏れを覚えればすぐに、そのまわりを清め、みだりに足を踏み入れて穢さぬようにした。』これが神道だった。むろん、初期の頃は社殿などなく、後世に仏教が伝来して、はじめて、それをまねて社殿ができた。

「司馬遼太郎 この国のかたち 5 (文春文庫)」

「神社という建物は、仏教の寺を参考にして建てられるようになった」ということも興味深い。
もともと神道には、今の神社のような建物はなかった。

 

 

5、罪とケガレ、はらいの考え方

夏が近づく6月になると、神社にこんな茅の輪(ちのわ)をよく見る。

 

 

正月から6月前の半年の間に、からだにはいろいろな罪やケガレがついてしまう。

でも、この茅の輪(ちのわ)をくぐればその罪やケガレをはらうことができる。
そのことによって、その後の健康な生活を願う。

ちのわ【茅の輪】

茅ちがやを束ねて大きな輪としたもの。6月30日の夏越なごしの祓はらえの際に作られ、これをくぐることによって罪・穢けがれが祓われるという。

大辞林 第三版の解説

茅の輪は、神道の大祓(おおはらえ、おおはらい)のひとつだ。

神道では罪やケガレとはらいの考えをとても重要視する。

 

 

それはヒンドゥー教も同じ。

「からだについた罪やケガレを取りのぞく」という考え方は、ヒンドゥー教でもとても大事にされている。
もちろんヒンドゥー教の罪とケガレの性質は、神道のものとは違う。

インドの北部にガンガー(ガンジス川)という川が流れている。
ヒンドゥー教徒は下の写真のように、聖なるガンガーで沐浴もくよくをする。

 

ガンガーで沐浴をする目的は、川の聖水によってからだについた罪やケガレを落とすため。

ガンガー【Gaṅgā[サンスクリツト]】

インド人の信仰の中で,その水に触れればたちまち罪障,けがれから解放されるとされているガンガー(ガンジス)川を神格化した女神。

世界大百科事典 第2版の解説

茅の輪(ちのわ)くぐりもガンガーでの沐浴も、本質的な目的は同じ。

罪やケガレをはらって、心身をキレイにするため。
神道もヒンドゥー教も「浄化(はらい)」という考えをとても大事にしている。

 

 

ケガレや罪を落とすために、ガンガーの聖水にからだをつけるという考えはわかりやすい。

でもヒンドゥー教では罪やケガレを洗い流すために、牛のおしっこをからだにかけることがあった。
ヒンドゥー教で牛は神格化されて、「聖なる生き物」になっている。
ヒンドゥー教徒にとって、そんな聖獣のおしっこはガンガーの水と同じように聖水となる。
だからその聖水をからだにかければ、ケガレを消すことが出来る。

こんな考え方がむかしのヒンドゥー教徒にはあった。

イギリスからインドに帰国したガンディーもこの儀式をやっている。

「外国(イギリス)にいたおまえのからだには、罪やケガレがたくさんついてしまった。だから、牛の尿をからだに浴びてそれらを洗い流せ」

そんなことをまわりの人たちから言われて、ガンディーはイヤイヤながらこの儀式をしていている。

このケガレのはらい方は神道とはまったく違う。

 

聖なる牛とガンガーの動画

 

 

車にお祓いをするのは神道だけ。
「おい、あれは。何をやってんだ?」と聞いたイギリス人にわけを話すと驚いていた。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

日本の特徴 民族宗教(神道)が世界宗教(仏教)と仲良し!

宗教 「目次」

日本 「目次」

インド 「目次」

 

ツイッターでつぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。