日本と韓国の歴史の違い。日本と中国はクジラ、韓国はエビ


 

始めの一言

*19世紀末の朝鮮人の宗教観
「朝鮮人の家屋はここもあそこもいたるところが鬼神の支配下にある。鬼神は人生の節目節目にたたるので、朝鮮人が平穏でいられるかどうかは、鬼神をなだめることができるかどうかにかかってくる。(イザベラ・バード 明治時代)」
「朝鮮紀行 講談社学術文庫」

 

a2_20140122

写真はムーダン(巫女)の儀式
画像は、「KONEST」から

 

今回の内容

・日本と韓国の歴史の大きな違い
・「韓国はエビのような国です」

 

・日本と韓国の歴史の大きな違い

韓国の歴史と日本の歴史の違い。
そりゃまあ、いろいろありますよ。
でも大きな違いは、韓国は「何度も外国から攻め込まれた歴史がある」ということ。
記録に残っているだけでも、2000年で1000回ほど外国から攻め込まれているという。

 

こりゃ、日本とはまったく違う。
「日本が外国から攻め込まれた」というのは、鎌倉時代にモンゴル人が攻め込んできた「元寇」ぐらいしか思い浮かばん。
あとは、女真人が攻めてきた「刀伊(とい)の入寇」かな。

 

そして、韓国は異民族の支配を受けたことある。
けど、日本は一度もそれがない。
これは、日韓の決定的な違いといってもいいでしょ。

 

さらにこれも日本との違いだけど、韓国の場合、異民族の支配を受けたことによって、自国の文化が大きく変えられている。
韓国の高校の歴史教科書「韓国の歴史(明石書店)」には、こう書いてある。

12世紀中頃から高麗の独特な技法である象嵌法が開発され象嵌青磁の全盛期を迎えた。しかし元の干渉期になると堕落するようになった。

 

ここには、「元の干渉期になると」としか書いていない。
元とは、モンゴル族の元。
さっき書いた、日本にも攻め込んできた中国の元。
この時代、高麗は日本より先に元に攻め込まれて、戦いに負けてしまった。
そして、元の強い影響下におかれた。

 

具体的に、こんな感じ。

高麗の領土を奪い、高麗の政治制度を勝手に改め、毎年数多くの財物を奪っていった。王室も例外ではなかった。
高麗王は必ず元の王女と結婚しなければならなかった。

王の名前も元に忠誠をちかうという意味で忠宣王、忠烈王、忠穆王など『忠』の字を一番前に付けた。
国の姿もみじめで、民衆の生活は次第に苦しくなっていった。

(躍動する韓国の歴史 明石書店)

 

このときは、モンゴル族が高麗を支配していたといってもいい。

 

高麗の独特な技法である象嵌法が開発され象嵌青磁の全盛期を迎えた。しかし元の干渉期になると堕落するようになった。
(韓国の歴史 明石書店)

これは、象嵌(ぞうがん)青磁がつくられなくなって、廃(すた)れていったということだろう。

 

高級な陶磁器は、支配者が使うためにつくられていたはず。
だから、支配者のモンゴル人は自分たちの好みに合うような物を、高麗人の職人につくらせていたのだろう。
だからこの象嵌(ぞうがん)は、モンゴル人の好みに合わなくて、次第につくられなくなったのだと思う。
その結果、すたれていったしまった。

 

IMG_8177[1]

韓国の塔は、だいたい奇数の層でつくられている。
でも、モンゴル人の支配を受けたことによって、この塔は偶数の10層になっている。
これと同じ物は、ソウルのタプコル公園にもある。
(躍動する韓国の歴史 明石書店)

 

異民族の支配を受けることで、自国の文化が大きく変えらてしまう。
こんなことは、日本の歴史にはない。
太平洋戦争で負けてアメリカの占領下にあったときに、「忠臣蔵」が禁止されたことがあった。
その程度では変えられている。
でも、その後にまた復活している。

 

でも、もし元寇でモンゴル族に負けていればそうっていただろう。
あのとき、鎌倉の御家人の必死の戦いと神風がなかったら、日本もモンゴルに支配されていた可能性は大きい。
そうなったら、日本は高麗のようなっていたかもしれない。

 

日本の天皇は必ず元の王女と結婚しなければならなかった。天皇の名前も、元に忠誠をちかうという意味で『忠』の字を一番前に付けた。国の姿もみじめで、民衆の生活は次第に苦しくなっていった

 

「天皇」という言葉を使うことさできなかったかもしれない。
当然それまでの日本の伝統文化も、「モンゴル風」になってしまうだろう。

 

IMG_6472

 

・「韓国はエビのような国です」

記事の始めに書いたけど、韓国の歴史の特徴(困難)は、何度も外国の勢力から攻め込まれているということ。
高麗時代には元に攻め込まれ、朝鮮時代には日本に攻め込まれ(豊臣秀吉の朝鮮出兵)ている。

 

韓国人は、そんな韓国を「エビ」に例えることがある。
韓国は、周囲を強大な国に囲まれていて、クジラ(大国)の間にいる「エビ(小さな国)」だと考えているのだ。
例えば、2013年の韓国の大手新聞紙「中央日報」には、このような記事がある。

 

韓国は、エビだと考えるのは、やめよう

韓国人は地政学的な状況から自らを「クジラに挟まれたエビ」と認識している。不運にも周辺国は世界最強の中国・日本・ロシアだ。領土・人口などを比べると、自国を弱小国と感じるしかない。

 

ここでは、「韓国という国は、韓国人が思っているようなエビ(弱小国)ではない」と主張をしている。
この「韓国はクジラに囲まれたエビ」という表現は、韓国の初代大統領である李承晩(イスンマン)が言ったのが始めじゃないかな?。

 

でも、「韓国=エビ」という韓国人の認識を変えることは難しいらしい。
先ほどの記事の2年後には、こんな記事があった。
2015年3月28日の「Record China」の記事。

 

米中2大国に挟まれ揺れる韓国、「クジラにはさまれたエビ」と自嘲―英紙

2015年3月26日、英紙フィナンシャル・タイムズは「世界の大国である米中両国の間で、韓国は自らを『クジラにはさまれたエビ』と自嘲している」と報じた。

米中にはさまれ韓国は苦しんでいる。中国は最大の経済パートナーであり、米国の軍事支援がなければ北朝鮮問題で大きな代償を払うことになる。

 

「自嘲(じちょう)」

自分で自分をつまらぬものとして軽蔑すること。(大辞泉)

 

jingxia01

画像は、「Record China」の記事から

 

昔は、韓国のまわりにいたのは中国と日本という2頭のクジラだった。
けど、2013年には「中国・日本・ロシア」とクジラが一頭増えている。
さらに、2015年には、アメリカという「新しいクジラ」が加わっている。
大変だ。

 

2016年、韓国はTHAAD(高高度ミサイル防衛)を国内に配備した。
これに中国が激怒して、韓国は大騒ぎになっている。
この様子を新聞(中央日報)で見ていて、失礼ながら、この「韓国=エビ論」を思い出してしまった。

 

・  過去最上と呼ばれた韓中関係が暴風雨の中に吸い込まれていった。高高度ミサイル防衛(THAAD)システムの韓半島(朝鮮半島)配置決定がもたらした後遺症だ。

・韓中関係の第一線で長らく従事してきたある当局者は「予想はしてきたことだったが中国の反発が思っていたよりはるかに激しい。この危機を賢く克服すべきだが、中国があまりに強硬ですぐには妙手が見つからない」と話した。
「韓中関係はこんなものだったのか」…THAAD配置で沸き立つ中国世論(1)

大変だと思いますが、韓国さん、頑張ってください。

 

追記

2016年10月21日の朝鮮日報の社説に、「いくら韓米軍事協議体があっても北の核は防げない」というものがあった。

韓国国民が不安に思っているのは、北朝鮮がニューヨークやワシントンに核ミサイルの照準を合わせ、米国に交渉を要求したとき、米国政府は果たして自ら犠牲を払ってでも韓国を守るという決断を下せるだろうかーという部分だ。

韓国大統領の意思に反して米国の「核の傘」が適用されないという可能性を原則的になくし、それが制度的に保障されなければ、韓米間にいかなる協議体をつくろうとも韓国国民の不安は続くだろう。

アメリカは、韓国のために戦ってくれるだろうか?
アメリカの核兵器で韓国を守ってくれるだろうか?
韓国人は、そんな不安をもっているという。
アメリカという強いクジラを頼みにしていることが分かる。

今回の復習

・13世紀にモンゴル族に攻め込まれた朝鮮の王朝は?
・日本がモンゴル族に攻め込まれた出来事をなんという?
・そのとき、日本は何時代だった?

 

答え

・高麗
・元寇
・鎌倉時代

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。


良かったら、こちらもどうぞ。

日韓関係はむずかしい!韓国人の韓国と日本(文化)への不満

日本文化の特徴(強み=弱み) 何でも「日本化」してしまう

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次①

日本を知ろう! 「日本」カテゴリー 目次①

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す