慰安婦問題:日韓の認識は、一致できないという点で一致する。

 

前にアメリカ人の友人と、日韓の慰安婦問題についてメールでやり取りをしていた。

その時に、アメリカ人からこんなメッセージがきた。

「Koreans wouldn’t have forced their own women to be sex slaves if they didnt have to.」

「sex slave(性奴隷)」だと?
慰安婦を「性奴隷」というのは明らかに間違っている。

 

今、日本政府は国際社会に広がっている「慰安婦は、sex slave(性奴隷)だった」という誤解を必死に解いている。
昨年(2016年)にも、国連で人権高等弁務官がsex slaveと発言した際に、日本の大使が「性奴隷制度との用語は事実に基づかない」とその場で反論している。

韓国は「慰安婦は性奴隷だった」と主張しているけれど、未だにその根拠がない。

それで「sex slave」と書いたアメリカ人に、その根拠は何かとたずねてみた。

 

それからいろいろなやり取りがあった後、彼女からこんなコメントがくる。

「I think we can just agree to disagree on this.」

「わたしたちはこのことについて、同意できないということでは同意できる」とか「一致できないという点で一致している」という意味になる。
つまり、「たがいの意見の違いを認め合いましょう」ということ。

 

この表現は、それ以上の議論は止めてその場を丸く収める時に、アメリカ人がよく使う表現だという。
たしかに、話し合いでケンカをするのはバカげている。
議論を終わらせるには便利な表現だし、考え方としても良いと思う。

それに韓国を見ていると、「we can just agree to disagree on this」と思うことがよくある。
特に慰安婦問題について。

 

 

2017年8月9日のレコードチャイナに、こんな記事があった。

韓国の高校生ら、慰安婦問題での日本からの謝罪求めバスに広告

内容はこのタイトルのとおりで、韓国の高校生のグループが路線バスに慰安婦問題の解決をうったえる広告を出した。

高校生たちは、バスの座席の背もたれのところにこの広告をつけたという。
その広告には、「私たちが無関心では正義もない!」というキャッチコピーと慰安婦像の写真があるらしい。

つまり、バスの席に座って前を向けば、自然と慰安婦像が目に飛びこんでくることになる。

 

慰安婦像(上の記事から)

 

この広告には日本政府に対して、「“強制慰安婦”問題に対する公式的な認定と誠意ある謝罪を求めます」というメッセージが書かれているとか。

でも、慰安婦問題は2015年に終わっている。
日韓両政府で最終的な解決で合意したのだから、謝罪もなにも日韓でこれ以上話し合うことがない。
日本では首相が心からのお詫びを表明している。

だから、こんな広告に実質的な意味はない。
あるとすれば、「agree to disagree on this(一致できないという点では一致している)」という感想ぐらい。

 

韓国のメディアは、高校生のこの活動にどう反応したか?

そりゃ、ほめますよ。
高く評価しないわけがない。
複数のメディアが「バスの中の意義深い広告」、「バス乗客やネットユーザーらを感動させた広告」などと報じている。

この高校生をほめたたえるのはメディアだけではない。
一般の市民も、「よくやった」、「誇らしい」という賛辞の言葉を高校生におくっている。

 

でも韓国は、国民すべてが反日というわけでもない。
数は少ないながらも、これに批判的なコメントもある。

「趣旨はいいけど、自分たちの正義を押し付けないでほしい」
「やはり洗脳教育は恐ろしい」
「わざわざ反日感情をあおるのはどうなんだ?」

韓国の中にも、こうした冷静な声はある。
くわしくは上の記事を読んでほしい。

 

 

2017年6月26日のレコードチャイナにも、慰安婦問題についてこんな記事があった。

今度は大学生だ。

「米国に慰安婦問題を広めたい」韓国の大学生が米大陸横断の旅を開始

 

韓国の2人の大学生が慰安婦問題の”真実”をアメリカ人に知らせるため、自転車でアメリカ大陸を横断するという。

今回の大陸横断は「共に歩むのは、日本が過去の過ちを認めて謝罪した後でなければならない」との主張を訴えるために米国を横断するプロジェクト「トリプルエープロジェクト」の一環で行われている。

ということらしい。

発想は先ほどの高校生と同じ。
でも少し違う点がある。
彼らがアメリカを横断しているときに日本の公館があったら、その前でデモをおこなうつもりだという。

 

この大学生に対する韓国人の反応も先ほどと同様。

「誇らしい」「立派な若者だ。韓国の未来が明るくなった」「行動する若者に感動!」という大多数の賞賛の声の中に、「いつまで過去に縛られるつもり?世界はどんどん進化し、変化しているのに」といった批判が少しある。

これも、「we can just agree to disagree on this」としか思えない。

 

 

これまで韓国の高校生と大学生の行動を見てきた。
では、韓国の政治家はどうか?

つい最近(8月7日)、日本の河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が会談をおこなった。
このとき、たがいに慰安婦問題について触れている。

河野外相は、2015年の日韓合意の「着実な実施が重要だ」と語る。
これに対して康京和(カン・ギョンファ)外相は、「国民の大多数が(合意を)受け入れられないのが現実だ」と述べている。

 

慰安婦問題についての議論は平行線に終わる。

これなんかもまさに、「agree to disagree on this(おたがい、同意できないという点では同意した)」という感じ。

これに対して読売新聞は社説で韓国を批判している。

康氏の主張は、韓国の国内事情に過ぎず、韓国政府が合意を履行しない正当な理由にはならない。日本は、慰安婦問題の「不可逆的な解決」をうたった合意の順守をあくまで求め続けるべきだ。

対中韓外交 河野氏は原則踏まえて改善を

たしかに、「国民の情緒が許さない」というのは韓国の国内問題。
韓国政府が解決することだ。

 

 

慰安婦問題についての日韓両国の意見はまったく違う。

「約束は守ることが大事」と考える日本と、「国民の感情(情緒)が大事」という韓国。
「一致できない!」という点で、たがいの認識が見事に一致している。

でも先ほどの外相会談では、「未来志向の日韓関係を築こう」という点では日韓が一致していた。

これにはボクも同意。
ようやく、we can agree on thisが出てきた。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本と韓国の違い:法治国家と人治国家。法より情緒優先の国。

慰安婦問題:福沢諭吉が今の韓国を見たら、きっとまた怒る。

日韓歴史戦:日本の強みは、韓国の間違いを指摘して事実を示すこと。

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

ツイッターでつぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。