韓国人の日本の文化への見方とは①小学校の歴史教科書から

 

始めの一言

19世紀末の朝鮮(韓国)

「朝鮮人は自分を苦しめる災難をすべて鬼神のたたりに結びつける。取り引きの失敗、官僚の悪行、慢性・急性の病、貧困、地位や権力の失墜といったものは鬼神の悪意から生じるのである。(イザベラ・バード 朝鮮紀行)」

 

a2_20140122

現代のムーダン(巫女)
画像は、「KONEST」より。

 

今回の内容

・「くだらない」は、「百済ない」?
・日本に対する「文化的優越感」

 

・「くだらない」は、「百済ない」?

韓国人の友人と話をしていたとき、その子が言ったことを聞いて驚いた。

「日本語の『くだらない』という言葉は、『百済にはない物は、価値がない』ということから、できたんですよ」

*百済(くだら)というのは、345年ごろ~660年まで朝鮮半島にあった国。

百済

新羅・高句麗の圧迫を避けるため倭と親交。儒教・仏教を伝えるなど、倭への大陸文化伝来に貢献。

(日本史用語集 山川出版)

彼女の言葉を聞いてビックリ。
まさか、この子がそんな都市伝説を信じていたとは。

たしかにそういう説はあった。
でも実際には、「くだらない」の語源ははっきり分かっていない。

一説にはこのようなものがある。

下らない(質が悪い、良いことではない)の語源は、清酒などの高級品が、関西地方から江戸への「下り物」であったことに由来するという説がある。

(逆説の日本史 14 井沢元彦)

東京にある「大江戸博物館」のボランティアガイドは、この話が「くだらない」の語源だと話していた。

 

 

その一方で「くだらない」という言葉は、江戸時代の前から使われていたともいわれている。
結局、「くだらない」の語源はよく分かっていないのだ。

でも一般的には、「くだらない」という言葉と「百済」という国には関係がないと考えられている。

 

IMGP3960

 

それはともかく、百済からいろいろな文化が倭(日本)に伝わったことはまちがいない。

でも、このことの「解釈」が日本と韓国とでは大きくちがう。
その解釈の違いから、友人の韓国人のような誤解が生まれてしまう。

 

日本では、百済からの文化の伝来をこのようにとらえている。

6世紀には百済から渡来した五経博士により儒教が伝えられたほか、医・易・暦などの学術も受け入れられ、また仏教も百済からもたらされた。

(詳細 日本史研究 山川出版)

 

・日本に対する「文化的優越感」

日本は百済を、「倭への大陸文化伝来に貢献」した国と考えている。
ここでいう大陸文化とは中国文化のことだろう。

でも韓国は、「百済は日本に進んで文化を教えてあげた国」と考えている。

1998年発行の韓国の歴史教科書(小学生)には、このような記述がある。
*「王仁」は「わに」と読む。

・(先生は)「わが先祖は発達したわが文化をとなりの日本に教えてあげたと言い」

・「王仁は百済の文化を日本に教えてあげた学者である。彼は『千字文』と『論語』などの本を日本に伝えてあげ、日本にながく暮らしながら、日本国王と王子の先生になって学問をおしえてあげたりした。

そうして、日本の人びとに漢文と儒学がわかるようにつとめた。今も日本人は、王仁を日本文化の先生として崇めているし、彼の功績をたたえる遺跡があちこちに残っている」

・高句麗の文化を日本に伝えてあげた曇徴

「わかりやすい韓国の歴史 明石書店」

「今も日本人は、王仁を日本文化の先生として崇めている」
そんなことを言う日本人に会ったことがない・・・。
そもそも、王仁を知っている日本人なんてどれぐらいいるんだろう?

 

でも、勝海舟はこれと似たようなことを考えていた。

・昔は、日本文明の種子は、みな朝鮮から輸入したのだからのう。特に土木工事などは、ことごとく朝鮮人に教わったのだ。

・数百年も前には、朝鮮人も日本人のお師匠様だったのさ。

(氷川清話 勝海舟伝 角川ソフィア文庫)

IMGP7011

 

韓国の教科書には、独特の表現がある。

それが先ほどの教科書にあった「日本に~してあげた」という表現。
この教科書を書いた韓国の人は、どんな考えがあってこの言葉を使ったのか?

そのことはこの教科書を翻訳した日本人が説明している。

韓国文化の日本伝来については、王仁や曇徴を挙げて、わが国はすぐれた文化を日本に「教えてあげた」とする記述になっている。

韓国語にも「教える」「伝える」という言い方は、親が子どもに、先生が生徒にといった目上の人が目下の人に使う表現である。

こうした表現が日本に対する文化記述に使われているのは、韓国の歴史教育が古代史において文化的優越感を堅持することを目標にしているからである

「わかりやすい韓国の歴史 明石書店」

つまり、韓国人の小学生に日本に対する「文化的優越感」をもたせるために、こうした表現を使っているということ。

 

 

日本の教科書なら、こういう表現は考えられない。
小学生に対して、特定の国への「文化的優越感」を持たせるような教育はさせないだろう。

ちなみにこの「王仁(わに)」という人物は、本当にいたのかどうか分かっていない。

・王仁(わに、生没年不詳)は、百済から日本に渡来し、千字文と論語を伝えたとされる記紀等に記述される伝承上の人物である

・昭和時代になると「内鮮一体」を標榜する朝鮮人皇民化教育政策に利用されるようになり

・1970年代に韓国の農業運動家で民族史観を信奉する金昌洙らの顕彰運動によって、知られるようになった。

(ウィキペディア)

 

韓国では、「韓国の歴史教育が古代史において文化的優越感を堅持することを目標」にしている。
だから、「発達したわが文化をとなりの日本に教えてあげた」という考えは韓国人の常識になっている。

こうした考えが韓国の社会で一般的になると、それは日本にも影響を与えるようになる。

それは次回に。

 

 

 

こちらもどうぞ。

日韓関係はむずかしい!韓国人の韓国と日本(文化)への不満

日本文化の特徴(強み=弱み) 何でも「日本化」してしまう

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次①

日本を知ろう! 「日本」カテゴリー 目次①

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。