コンビニに見る、日本人と韓国人の性格や考え方の違い。

 

韓国のソウルを旅行していたとき、とても便利に感じたのがその名のとおり、コンビニだった。

街を歩いると、ビックリするほどたくさんのコンビニがある。
必要を感じたときには、まわりを見渡せばたいていコンビニが視界に入ってくる。
宿の近くにも必ずコンビニがあったから、それも便利。

旅行者にとってはありがたいけど、あれだけのコンビニがあったら、競争が激しくて経営は大変だと思う。

 

そんな経験があったから、韓国紙の聯合ニュース(2017/08/08)の記事には納得がいく。

韓国ではコンビニが急増していて、今では人口当たりの店舗数が日本を超えたという。

関連業界によると、昨年末時点での韓国のコンビニ店舗数(上位6社)は3万4376店舗となった。人口1491人当たり1店舗のコンビニがあることになる。 今年3月末時点での日本のコンビニ店舗数は約5万6160店舗。人口2226人当たり1店舗となり、韓国が約1.5倍多い。

韓国のコンビニ数 人口当たりで日本の1.5倍に

韓国では1989年に初めてコンビニが登場した。
セブンイレブンがソウルに店を出して以来、コンビニの快進撃がはじまった。

今の韓国でもっとも多いコンビニはCUで、韓国全土に1万1949もの店をかまえている。
ボクも韓国を旅行中、このCUには何度もお世話になった。

 

ちなみにCUは、もともとはファミリーマートだった。
いろいろなことがあって、ファミマは韓国から撤退している。

そのへんのことは、Business Journalの記事に書いてあるから興味がある人は読んでください。

ファミマの韓国撤退に当たっては、BGF側が「もう日本企業の世話にならなくてもいい」「韓国コンビニ業界のナンバー1が、日本のナンバー3に学ぶことはない」と啖呵を切ったとの話も伝えられており、ファミマが説明するように韓国のコンビニ規制だけが原因でないことは、業界では常識だったという。

ファミマ、韓国企業から「業界3位に学ぶことはない」と捨てられ撤退した韓国に再上陸か

こういのを読むと、日本人と韓国人の考え方の違いを感じてしまう。

 

 

人口当たりのコンビニの店舗数は日本より韓国のほうが上だけど、一店舗の「コンビニの質」では日本のほうが上。

これはボクと日本に住んでいた韓国人の結論。

韓国のコンビニはそこら中にあるから、すぐに行くことができる。
それは便利なんだけど、韓国のコンビニにはトイレがない。

「トイレに行きたくなったらコンビニへ」というボクの常識は、韓国では非常識でしかない。
トイレを求めてコンビニにかけ込んだときに、トイレが見つからなくて困ったことがある。

「このコンビニにはトイレがないんだ!」と思って、別のコンビニに行ってもない。
コンビニはたくさんあるけど、トイレのあるコンビニがどこにもない!

「韓国のコンビニにトイレはない」ということは、かなり後になってから知った。
日本のコンビニに慣れていると、トイレのないコンビニはけっこう不便に感じる。

「トイレがない」という違いはかなり大きい。

 

日本に住んでいた韓国人に言わせると、逆に「日本のコンビニがすごいんです」となる。

日本のコンビニにはトイレがあって、そのトイレにはいつでもトイレットペーパーが用意されている。
しかもそのトイレットペーパーは、取りやすいように三角形に折りたたんである。
掃除でも手を抜かないから、トイレがとてもきれい。

これと同じことを香港人やタイ人も話していた。

「日本にトイレに慣れてしまった人が韓国の公衆トイレを使うと思うと、気の毒になりますね」と言う。

 

 

個人的に日本と韓国のコンビニの違いで気になったことに、店員の接客態度がある。

韓国のコンビニ店員はサービスが悪い。

ボクが店に入って店員と目が合っても、その店員は何も言わずにすぐ目をそらしてしまう。
そして壁に背中をあずけて、視線を落としてスマホをいじっている。
「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」という言葉を聞いた記憶もない。

この時は、「彼は日本が嫌いで、ボクが日本人だと分かったからか?」と疑ってしまったほど。

でも、そんなことはない。
ちょっと前の韓国のコンビニでは、そんな店員は珍しくはなかった。

今の韓国のコンビニやカフェの店員も、日本人から見たら「サービスや愛想が悪い」と感じると思う。

 

 

3人の韓国人と居酒屋で飲んでいる時に、日本と韓国のコンビニスタッフの態度の違いが話題にでた。

「でもそれは仕方がないんです」と、3人とも韓国のコンビニの店員に理解をしめす。

「彼らは本当に安い時給で働いているんですよ。韓国のコンビニの店員に、日本のコンビニのような高いサービスを求めてはダメです。韓国の店員なら、お釣りを間違えないぐらいの計算能力とレジのお金を盗まないぐらいの倫理感があったらいいんですよ」

こういうところが韓国人の国民性の「情」というものなのだと思う。
韓国人には、相手の事情が分かれば多少のことには目をつぶるという寛大なところがある。
それが韓国人の「情」というものだと思う。

だけど見方を変えたら、自分の事情を理解してもらえないと怒ったり、情を重視してルールを軽視したりすることにもつながる。

 

 

それと彼らの話を聞いていて感じたのは、韓国人の「ケンチャナヨ精神」という国民性だ。

日本人は細かいし厳しい。
最低時給で働いている人にも、笑顔・あいさつ・サービスなどを要求する。
それは日本のコンビニやレストランのスタッフの接客態度を見たら分かる。

でもこの3人の韓国人は、そんなことを気にしない。
店員がスマホをいじっていてもあいさつをしなくても、「そんな細かいことはいいじゃないですか」と笑う。

日本人の「まあ、いいか」の範囲がとてつもなく広がると、韓国人のケンチャナヨ精神になる。
ケンチャナヨ精神にはいいところもあるけど、そのいい加減さがいろいろな問題を起こしてもいる。

韓国のコンビニの「質を上げるより量を増やす」という発想も、ケンチャナヨ精神が関係していると思う。

 

 

 

そんな情があってケンチャナヨの彼らでも、日本のコンビニで買ったお菓子を見て韓国の菓子メーカーには激怒していた。

日本を旅行した韓国人、韓日の「お菓子の違い」に怒ってなげく。

 

韓国のコンビニバイトの悲惨さはこのブログを見たら分かる。

韓国 残虐なアルバイト事情(feat.時給低すぎ&給料踏み倒し)

 

 

こちらの記事もいかがですか?

ケンチャナヨ精神③韓流時代劇のデタラメ・戦国時代にハイヒール

日本と中国のコンビニの違いとは?社会主義らしさはそのままで。

トイレで分かる!韓国と日本のインフラとサービスの違い。

旅㉓韓国のおにぎりブームの理由:日本ののり・日本人・イメチェン

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。