北朝鮮のミサイル攻撃を前に、韓国人/社会の反応は?冷静と油断。

 

最近、北朝鮮のニュースをよく聞く。

核開発やミサイル発射といったことだから、心温まるニュースではない。

というか、北朝鮮についてほのぼのとしたニュースを耳にした記憶がない。
北朝鮮を「地上の楽園」と報じていたことはあったけど。

北朝鮮のミサイル発射を受けて、日本では東京メトロが止まったし、全国各地で住民の避難訓練がおこなわれるようにもなった。
FNNの世論調査では、日本国民の90%以上が北朝鮮に不安を感じると答えている。

 

8月9日には北朝鮮軍の司令官が、グアム周辺にミサイルを打ち込む案があることを発表する。
そのときには、ミサイルが「島根、広島、高知を通過する」と司令官は明言した。

名指しされた3県の人たちにとってはたまらない。
静岡県民のボクとしては、静岡の上空をミサイルが飛ぶことなんて想像したくもない。

そもそもちゃんと通過するのだろうか?
日本にミサイルが落ちる可能性はないのだろうか?

不安はつきない。

 

 

北朝鮮と接している韓国の反応はどうだろう?

朝鮮戦争については「休戦中」で、厳密にいえばまだ北朝鮮との戦争は終わっていない。
北朝鮮からの攻撃をもっとも心配しないといけないのは韓国だろう。

でも意外なことに、日本人とは違って韓国人は冷静でいるらしい。

 

映画「シュリ」でも有名な韓国の映画監督カン・ジェギュ氏が朝日新聞とのインタビューで、「北朝鮮が戦争を起こすことはない」と語っている。

もし戦争をしたら、北朝鮮も韓国も勝者になることはなく、朝鮮民族は死滅してしまう。
だから、北朝鮮がそんな愚かな選択をすることは考えられないという。

そして、韓国人と日本人の反応を比べてこう語る。

朝日新聞の記事(2017年8月10日)から。

どんなに愚かな指導者でも、そんな選択はしない。だから、韓国の大多数の国民は、北朝鮮の挑発行為を、それほどシリアスに受け止めていない。
日本では朝鮮半島で戦争が起こるかのような反応が多く、もう少し冷静になった方がいいように思う。

東京)カン・ジェギュ映画監督に聞く

韓国人は北朝鮮に対して深刻な脅威を感じていない。
だから日本人も過剰に反応することなく、もっと落ち着いたほうがいい。

韓国人の目からはそう見えるらしい。

でも一方で、そういう韓国人に対して困っている韓国人もいる。

 

 

韓国で最大の発行部数を誇る朝鮮日報という新聞がある。

その朝鮮日報が、北朝鮮に対して危険を感じない韓国国民を「危機に対する不感症」になっているとなげいている。

韓国にいる外国人記者が韓国人に話を聞いても、まったく緊張感が感じられない。
「目の前に危険があるにもかかわらず、危機感がない」ということに驚ているという。

アメリカのある新聞は今の韓国社会を見て、「驚くほどだらだらしたソウル」と表現する。
また、ロサンゼルスタイムズは「極めて平穏で驚くほど関心がない雰囲気」と書いた。

「ミサイルを撃ちこむぞ」と名指しされたグアムでは、市民がパニックしないように、知事が緊急の演説をおこなっている。
でも今の韓国には、そんな緊迫した雰囲気がない。

 

朝鮮日報はその理由を、「韓国人が戦争を恐れないため」と書いている。

先ほどの映画監督が言った「韓国の大多数の国民は、北朝鮮の挑発行為を、それほどシリアスに受け止めていない」というのはこそのことだろう。
そんな韓国人の心理について、朝鮮日報がこう伝えている。

識者の多くは「安全保障を米国に依存した状態が長く続き、また20年以上にわたる緊張状態のためこれにも慣れてしまい『戦争など起こるわけがない』という一種の現実逃避心理が形成された」などと指摘する。

韓国社会の油断が生む「異様な平穏さ」

この見方からすると、監督が「そんな選択はしない(戦争なんて起こることはない)」と述べたのも、アメリカ軍に頼ることが常態化してしまい、もう緊張感を感じることがなくなったからだろう。

韓国の全国紙・中央日報も、「数十年にわたる安保不感症に陥っている韓国社会」と書いている。

北朝鮮の脅威を前にしての韓国人の冷静さは、海外メディアには「一種のミステリーとして定着して(朝鮮日報)」いるという。

 

 

中央日報も、この問題については朝鮮日報と意見は同じだ。

「ソウルを火の海に」「核戦争」「悲劇的終末」などの発言を単に恐喝に終わらせないということだ。韓国国民の命を直接的に脅かしている。

大韓民国の安保がここまで脅威されているにもかかわらず、国民の間でこのような状況を深刻に受け止める姿を見当たらない。危機を誇張する必要はないが、目の前に差し迫ってきた北朝鮮の脅威にまともな準備ができていないというのは異常だ。

韓経:【社説】同族の命を担保にした金正恩の核いたずら、容認できない

危険を前にしても、韓国人は危機と認識していない。
中央日報はそのことをさして、「敵は我々の内部にいるかもしれない」と警告している。

その内部の敵とは、「大丈夫!きっとなんとかなる!」という韓国人のケンチャナヨ精神だったりして。

 

朝鮮戦争の様子を伝える写真。

 

北朝鮮は核やミサイルの開発を止めようとはしない。

そんな脅威を前にした韓国人の冷静さを、映画監督は好意的にとらえていた。
けれど朝鮮日報はそんな韓国人の反応を「一種のミステリー」といい、中央日報は「異常だ」と表現する。

同じ危険を前にして、同じ韓国人がまったく違う見方をしているのはおもしろい。

でも北朝鮮のミサイル攻撃は日本人にとっても他人事ではない。
「おもしろい」なんて不謹慎ふきんしんな言葉を使ってはいけないかもしれない。

韓国のことは韓国人が決めたらいいけど、個人的には映画監督の言うことより韓国紙が伝えていることのほうが正しいと思う。
「韓国人は落ち着いているから、日本人も冷静になったほうがいい」というのはさすがにムリがある。
韓国を代表する2紙がそんな韓国人の態度を、「油断している」と批判しているのだから。

 

戦争がすぐはじまるということは考えられない。
でも、いつ何が起きるのかはだれにも分からない。

とりあえず、国民保護ポータルサイトに目を通すことぐらいはしておこう。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

北朝鮮の核とミサイルへの不安。日本とアメリカの反応は?

平和を考えた⑨第二次世界大戦の理由は?チェンバレンの失敗(宥和政策)

日本と韓国の違い:法治国家と人治国家。法より情緒優先の国。

最大の危険は無知。北朝鮮の日本へのミサイル攻撃と対

北朝鮮のミサイル攻撃/脅威。グアム(アメリカ)と日本の対応は?

 

ツイッターでつぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。