違法な路上パフォーマンスで海外を旅する日本人は、もう消えるべき。

 

「迷惑(めいわく)」という言葉はもともと仏教の用語だった。

仏教の真理が分からなくなって、迷いとまどっている様子を「迷惑」と表現したらしい。
親鸞の「教行信証」にはこう書いてある。

「悲しきかな、愚禿鸞(ぐとくらん)、愛欲の広海に沈没し、名利の大山に迷惑して」

「悲しいことに、愚かなわたし親鸞は、私利私欲にとらわれてしまって・・・」という意味だと解釈している。
正確な現代語訳は各自で調べてほしい。

この仏教の言葉が、今の日本語の「迷惑」になった。
たしかに、他人の気持ちや立場を考えないで、自分のやりたいことだけをしている人間には迷惑なヤツが多い。

そんな私利私欲にとらわれた旅人のせいで、今、多くの旅行者が迷惑をしている。

 

 

2017年の7月23日の「グローバルニュースアジア」によると、タイを訪れる欧米人の旅行者の間で今、ちょっとした混乱が広がっているという。
*この記事は下にある。

タイに入国する時、職員に2万バーツ(約6万6千円)を見せるように求められているから。
これは陸路だけではなくて、飛行機でタイに入国するときも同じ。

2万バーツの所持金がなかった旅行者は、タイへの入国を拒否されることがある。
実際、少なくない欧米人が門前払いをくらっているという。

入国を拒否されたら、もとの国に戻るしかない。
飛行機で来た場合は、帰りの飛行機の手配や費用なんかがいろいろと大変そうだ。
それで今、パニックが起きているらしい。

 

これまで、タイ入の国でこんな条件はなかった。
なんで突然、タイは欧米の旅行者にこんなことをするようになったのか?

そこには、違法な路上パフォーマンスをおこなう外国人旅行者の存在がある。

彼らは滞在している街の路上に出て、歌や踊りや大道芸などを見せて通行人からチップをもらってお金をかせぐ。
それを旅の資金にして旅行を続けているバックパッカーが今、大きな問題になっている。

 

でも、ここで注意!
下のように、その国や地区から許可証をもらって、路上パフォーマンスをおこなう旅人はまったく問題ない。

画像はこのブログから→外国人singerの嘆き

 

合法的に路上ライブをすることは、もちろんいい。
旅行者をはじめ多くの人たちに迷惑をかけているのは、こうした許可証を取らないで路上パフォーマンスをして金をかせいでいる旅人のこと。

これは不法就労にあたる。
日本で不法就労をした外国人は、警察に捕まって国外退去を命じられてもおかしくはない。
だから彼らは旅人やバックパッカーというより、犯罪者と呼んだほうが正しい。

 

中には物乞いをしている外国人の旅行者もいるという。

こうした旅人のことを、バックパッカーではなくて、「ベッグ(物乞いをする)パッカー」と呼ぶ海外メディアもある。

The Western backpackers – who have been branded ‘beg-packers’ on social media – have been singing in the streets and even selling postcards in a bid to fund their trips.

‘Beg-packers’ are begging on the streets to fund round-the-world travels

(Picture: Twiitter/ @ImSoloTraveller)

こうしたベッグパッカーのせいで、タイに入国を拒否された旅行者が出ている。
画像は上の記事から。

 

タイでは今、こうした欧米人のベッグパッカーの存在が社会問題になっているという。
グローバルニュースアジアの記事から。

現在タイでは、欧米人バッグパッカーが沿道で物乞いやパフォーマンスをして旅行代を稼ぐケースが増加している。彼らはBeg Packer(乞食パッカー)と呼ばれている。

【タイ】貧乏旅行者お断り! 入国時に所持金提示を強化

人々を怒らせているのはベッグパッカーだけではない。
許可なしで英語の教師をする外国人も問題視されている。

しかもそうした違法な路上パフォーマンスをする旅人は、悪びれることなく、その様子を自分のSNSで発信しているという。

自分の不法行為を隠すのではなくて、ブログやフェイスブックに投稿している。
彼らはもう倫理観がマヒしてしまって、罪の意識を感じていないのだろう。

タイ当局が欧米人の旅行者が入国するさいに、所持金の提示を求めるようになった背景にはこれがある。
違法な行為をする旅人が増え、もう無視することができくなってしまった。

 

画像は上の記事から。

 

くり返しになるけど、違法な路上パフォーマンスをしながら海外を旅している人間がいろいろな人に迷惑をかけている。

先ほどのように、許可をもらって路上ライブや大道芸などをしている旅人はまったく問題ない。
この話に関係もない。

海外を旅行する日本人のブログを見ていると、許可をもらわないで路上ライブやパフォーマンスをしているバックパッカーが多いように思う。

 

海外旅行のサイトにも、そうした違法行為をすすめているような記事がある。
ある記事では、ストリートパフォーマーになるために「5つの手順 」を紹介している。
場所を選ぶことやアイデアをしぼることなどについては書いてあるけど、もっとも大事な「その許可をもらうこと」ということには一言も触れていない。

海外を旅行するバックパッカーのブログには、違法と知りつつ「いいから、路上をやっちゃえ」と書いているものもあってあきれた。

 

そうしたベッグパッカーがタイで増えた結果、何の関係もない旅行者が入国を拒否されてしまっている。
今のところ、日本人で入国を拒否された人は出ていないらしい。

でも突然これが、日本人にも適用されるかもしれない。

違法な路上パフォーマンスをおこなう日本人のバックパッカーが増えたら、他の日本人旅行者が入国できなくなるおそれがある。
そうなると、その人はそのまま日本に戻らないといけなくなる。

 

もう、旅人の違法行為を黙認していい時期ではない。
不法就労でお金をかせぎながら旅をすることは、カッコイイことではない。

彼らのせいで、ふつうのバックパッカーも一般の日本人からにらまれるかもしれない。
そうなったら、日本の旅人文化も衰退するだろう。

路上パフォーマンスをやるのなら、許可をもらって堂々とやったらいい。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

海外のバックパッカー「違法バスキングの旅」はダメ。痛い目見るよ。

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質

20年前の旅との違い。現実の旅とネット上での旅とのギャップ。

日本人が海外旅行で差別を受けたら、抗議より公開しちゃえ。

 

ツイッターでつぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。