麻生氏の’ヒトラー発言’。いけない理由は?絶対必要な歴史知識。

 

いきなりですが、漢字クイズです。

次の漢字を正しく読んでください。

(1)怪我 (2)完遂 (3)焦眉 (4)順風満帆 (5)措置
(6)思惑 (7)低迷 (8)破綻 (9)頻繁 (10)踏襲
(11)前場 (12)未曾有 (13)有無 (14)詳細

 

できましたか?
答えです。

(1)けが (2)かんすい (3)しょうび (4)じゅんぷうまんぱん (5)そち
(6)おもわく (7)ていめい (8)はたん (9)ひんぱん (10)とうしゅう
(11)ぜんば (12)みぞう (13)うむ (14)しょうさい

 

今の麻生太郎氏が総理大臣だったときに、上の漢字をこんなふうに読み間違えてしまったとか。

麻生首相が読み間違えた漢字から。

(1)怪我-かいが
(2)完遂-かんつい
(3)焦眉-しゅうび
(4)順風満帆-じゅんぷうまんぽ
(5)措置-しょち
(6)思惑-しわく
(7)低迷-ていまい
(8)破綻-はじょう
(9)頻繁-はんざつ
(10)踏襲-ふしゅう
(11)前場-まえば
(12)未曾有-みぞゆう
(13)有無-ゆうむ
(14)詳細-ようさい

 

漢字の読み間違いぐらいならまだいいさ。

本人が恥をかくだけのことだから。

 

でも、政治家がヒトラー認めるようなことを言ってはいけない。

ある研修会で麻生氏が発言したことをめぐって、今大問題になっている。
このとき麻生氏が言った言葉がこれ。

朝日新聞の記事(2017年8月29日)から。

講演で、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と発言した。

麻生副総理「ヒトラー、いくら動機正しくてもダメ」

これだと「ヒトラーの動機は正しかった」と解釈できてしまう。
政治家として、ヒトラーを正当化するような発言はあり得ない。

漢字の読み間違えなら言い直せばいい。
けど、ヒトラーは違う。
最悪の人種差別主義者で世紀の大虐殺をおこなったヒトラーに「正しさ」を認めてしまうような言葉は、「謝罪して訂正します」だけではすまないだろう。

 

この記事では、麻生氏ではなくてこのヒトラーがしたことについて書いていきたい。
「ヒトラーはどんな人物だったのか?」ということを知ることで、麻生氏の言葉が大問題になった理由が見えてくる。

 

 

ドイツが第一次世界大戦で負けてしまう。
1930年代のドイツには、家や職を失った人があふれ、国民は絶望的な状態で暮らしていた。

ヒトラーは考えた。
なんでドイツがこんなひどい状態になっているのか?

本来ドイツ人は、もっとも優秀な民族であったはず。
それにもかかわらず、今のドイツ人は、なんでこんな地獄のような苦しみを味わわないといけないのか?

 

そこで、ドイツにいるユダヤ人が出てくる。

ヒトラーは、第一次世界大戦でドイツが負けたのも、ドイツが今のような悲惨な国になったのも、すべてユダヤ人のせいにしてしまう。

「劣ってけがれた血をもつユダヤ人がドイツにいるからだ」と。

ユダヤ人が優秀なドイツ民族の純血をけがしている。
そしてヒトラーはこう考えた。

「偉大なドイツが復活するには、ユダヤ人を絶滅させないといけない」

ヒトラーは実行にうつす。

 

「NHK 映像の世紀 ヒトラーの野望」のキャプチャー

一つの民族とは、ドイツ民族
一人の総統とは、ヒトラー
一つの帝国とは、ドイツ帝国

このなかに、ユダヤ人は’存在してはいけない’。

 

アドルフ=ヒトラーが人間ではなくて’悪魔’だと言われるのは、ユダヤ人大虐殺(ホロコースト)をおこなった責任者だから。

ホロコースト

600万人が殺されたと言われる、ナチス=ドイツによるユダヤ人虐殺のこと。この用語は「旧約聖書」に由来する。ユダヤ人絶滅を目指し、アウシュビッツなど各地の収容所で計画的に虐殺がおこなわれた

(世界史用語集 山川出版)

ある民族の絶滅を目的として、ここまでの虐殺をおこなった人間は人類の歴史でヒトラーしかいない。
この行為は何をもってしても、絶対に正当化することはできない。

 

ポル=ポト派による虐殺

 

虐殺の動機についてはいえば、ホロコーストはユダヤ人への人種的な憎悪によっておこなわれている。

カンボジアのポル=ポトも150万人以上の大虐殺をおこなった人物で、「アジアのヒトラー」と呼ばれることがある。
でも、ポル=ポトの場合、同じカンボジア人を殺害している。
虐殺の動機は、ヒトラーのような人種的な憎悪によるものではない。

ヒトラーの虐殺とポル=ポトの虐殺は違う。
これらを”同じ”と考えると、たぶん両方ともわからなくなってしまう。

でも、ポル=ポトの行為を認めるような発言をしたらアウト。
この点では同じ。

 

ポル=ポト
これはカンボジアの博物館にあった写真。
目がペンでつぶされている。

 

 

連合軍が到着した時の収容所の様子

おびたただしい数のユダヤ人の死体が放置されていた。

 

毒ガスで殺害されたユダヤ人

 

死体はここで焼却されていた。

上の画像は「NHK 映像の世紀 第5集」のキャプチャー。

 

 

 

「何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」という麻生氏の言葉が、どんな考えから出たのかさっぱりわからない。

これはウッカリではすまされない。
でもこれは麻生氏の問題。

 

欧米人の間では、ヒトラーとホロコーストの知識は常識になっている。
友人のイギリス人は修学旅行で、ホロコーストがおこなわれたアウシュヴィッツ強制収容所に行っている。
「反ユダヤ主義はドイツ人だけの問題ではなくて、ヨーロッパ人全体の問題だから」という。

日本が国際化して開かれた社会になるのはいいことだ。
でも、外国人とつき合う時に必要なのは英語だけではない。

「最低限これだけは知らないといけない」という歴史の知識もある。
「ヒトラーもホロコーストも知らない」というのは、’恥をかく’というレベルではない。
人間性をうたがわれるかもしれない。

 

 

良かったら、こんな記事もどうぞ。

読めない!日本人のアナウンサーや首相が間違えた難漢字!?

日本人が犯した「ナチスの失敗」。しまむら・欅坂46・Jリーグ

日本人も’挙手’に注意!ナチス敬礼で中国人観光客がドイツで逮捕。

日本にある「ナチス式敬礼」:運動会や高校野球の選手宣誓

ナチス政権下のユダヤ人①  ~水晶の夜~

ナチス政権下のユダヤ人② ~「アンネの日記」から

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。