外国人との共生①課題は「日本が嫌なら出て行け!」と言える厳しさ。

 

10、20年後の日本はどうなっているか?

外国人についていえば、未来の日本では、きっと今よりたくさんの外国人が生活している。

今の日本は少子高齢化の流れが止まらない。
このままでは、日本で働く人がどんどん少なくなってしまう。
それに応じて、税金もなくなっていく。

でも、介護が必要なお年寄りは増えていく。
こんな状態で日本がやっていけるはずがない。

女性や老人に働いてもらうとしても、限界がある。
日本人では足りない労働力は、外国人でおぎなうしかない。

 

すでに今の日本では、外国人を労働者として受け入れる動きは進んでいる。
浜松市を見ても、フィリピン人やインドネシア人の介護士や看護師が活躍している。
日本の国際化の流れは今後も止まらないだろう。

ということで、数十年後の日本はきっと外国人との共生が進んでいる。
そんな日本をみすえて、共生社会の課題についてチョイと考えてみませんか?

 

 

「外国人との共生」という点で、オランダは日本と正反対。

日本は、人口の95%以上が日本人という同一性の高い国。
これに対してオランダは、いろいろな人種や宗教の人が住むすっごい多文化共生の国。

オランダは外国人にやさしい「寛容の国」として世界的にも有名だ。
首都アムステルダムには、200もの国籍の人たちが住んでいる。
ハーグの中心部の近くには、「欧州最大の多文化の市場」とよばれる屋外市場もある。

オランダに住んでいる日本人はオランダについてこう書いている。

アムステルダムはさまざまな国籍の人間が一緒に暮らしており、そして多くの人が英語を話します。オランダ語が出来なくても、多少英語ができれば生活することは可能です。

2016年に移住したい世界22都市:「アムステルダム」in オランダ

「多文化共生」という面をとり上げれば、オランダは日本のはるか先を進んでいる。

そんなオランダが、外国人との共生について出した’答え’はこれ。

「オランダがいやなら、オランダから出ていけ!」

 

 

2017年の1月、オランダのルッテ首相が国内に住む外国人に対して「嫌なら出て行け」と主張したことが大きな話題になった。
BBCの記事にそのことが書いてある。

ルッテ首相は新聞広告で「普通に振る舞え。さもなければ出ていけ」と主張。自由を求めてオランダに来たはずの人たちが、その自由を乱用しており、国民は反感を強めていると指摘した。

「いやなら出ていけ」 オランダ首相が意見広告 反移民ムード背景か

ルッテ首相は、オランダから外国人を追い出そうとする極右の政治家ではない。
オランダでそう主張しているのはウィルダース氏という人。

 

自分のやりたいことをして、言いたいことを言う。
そんな自由はたしかに大事だけど、一線を越えるとワガママになる。

外国人との共生では、どこかで一線を引く必要がある。
現実的に、外国人に対して「オランダのルールや常識に従うのが嫌なら、オランダから出て行け!」と厳しい態度に出ることも大事。

実際、この主張は多くのオランダ人から支持されている。

 

 

外国人がその国の決まりを尊重して生活しなかったら、多文化共生なんて不可能だ。

外国人を観光客として迎えることと、同じ住民として迎えることはまったく違う。
日本人にとって、外国人と共生するときの課題はきっとこんなこと。

日本のルールや価値観を尊重しない外国人には、「日本が嫌なら出て行け!」と厳しく言うことができるかどうか?

無条件で「外国人はただちに日本から出て行け!」と言うのは排外主義で右翼的だ。

でも日本の考え方や決まりが嫌で、それにしたがいたくない外国人がいたら、「では、日本から出て行ってほしい」とハッキリ言う必要がある。
それは排外主義とは違う。
無条件で外国人の要求を受け入れることは不可能だ。

 

外国人との共生とは、外国人を客として迎えることではない。
一緒に働く新しい従業員を迎えるようなもの。
従業員の言うことを聞いて店をそれに合わせる必要はある。
けれど、従業員が店の考え方を理解してそれに合わせることの方がより重要だ。

外国人には、生活する地域のルールや考え方に自分を合わせてもらう必要がある。

 

 

前に、イランでの「犬論争」について書いた。

イスラーム教では、犬は「けがれた動物」と考えられている。
でも最近では、そうした伝統的な考え方から離れ、犬をペットとして飼うイラン人も増えている。

それで今のイランでは、「犬はけがれていると考える人」と「犬はかわいいと考える人」の間でちょっとした対立がある。
くわしくはこの記事を見てください↓

価値観の対立!イスラム教で犬は汚れた動物だVSかわいいペットだ

 

この記事を書くときに引用した朝日新聞の記事を読んでいて、「え?マジで?」と驚いたことがある。

「イスラーム教では、犬をけがれた動物と見ている」ということを念頭に読んでほしい。

首都テヘランに住んでいる外国人の女性が、犬を抱いて街を歩いていた。
すると、それを見た住民が警察に連絡する。
そして実際に、警察が彼女にところにやって来たという。

さらに、イランではこんなことも起こるらしい。

「モスク前で犬と一緒に待ち合わせをしていたら、宗教指導者がモスクから出てきて、犬がいた場所を水で洗い流した。本当に驚いた」と話す。

犬は不浄?それとも友達? イランでブーム、保守派反発

このイスラーム教の聖職者は「モスクの前に犬がいた」ということで、「モスクの神聖をけがされた!」と考えたのだろう。

イランにはイランの常識やルールがある。
「郷に入っては郷に従え」で、外国人には理解できなくてもそれを守る必要はある。

 

 

少し話がそれる。

「モスク前で犬がいた」というだけで、イランの聖職者はその場所を水で洗い流さないといけなかった。

だとしたら、次のようなことがあったらどうなるのだろう?

インドを旅行中に出会ったインド人から、こんな話を聞いた。

その人が住んでいるところで、あるとき、イスラーム教徒とヒンドゥー教徒の間で争いが起きた。
そのときに、怒ったヒンドゥー教徒がモスクの中に切断した犬の頭部を投げ込んだという。

イランでこんなことが起きたら?
想像しただけで背筋が寒くなってしまう。

 

 

「イスラーム教では犬を不浄とみなしている」と考えるのはイスラーム教徒の自由。

でも、「自分たちがそう考えているから」ということで、その国や地方の社会の仕組みを変えようとすると、問題が起きることもある。

たとえば、イギリスに住んでいるイスラーム教徒が「犬はけがれている」という考えから、イギリスの警察に対してこんな要求をしたという。

「警察は警察犬を使うな」

そのことがフランスに住んでいる日本人のブログに書いてある。

対テロ警備などでロンドンポリスは警察犬を連れて、駅などをパトロールしているのですが、それに対してイスラム教徒達は「警察犬を廃止しろ」と訴えているとの事。

調べるときに犬がクンクンするじゃないですか、あれが「不浄な犬に触る事は許されない」イスラム教の教えに反するそうです。

イスラム教では豚と並んで犬も不浄な生き物

「イスラーム教の考え方に反する」とイスラーム教徒から抗議を受けたけど、イギリスの警察は警察犬を使い続けている。

これは当然だろう。
イギリスの警察をイスラーム教徒の価値観に合わせるのではなくて、このイスラーム教徒がイギリスのルールに合わせるべきだ。

もちろん、それが納得いかなかったらイギリスの裁判所に訴えればいい。
裁判所の判決にも納得できなかったら、イギリスを出ていけばいい。

自由を乱用する人間は、国民の反感を強めるだけ。
そんな外国人との共生は不可能。

 

 

もし、日本に住むイスラーム教徒がこれと同じ要求をしたら、どうなるだろうか?

「日本の警察は警察犬を使うな」と言ったとしたら?

この要求に応えることはムリだろう。
日本の社会をイスラーム教徒の価値観に合わせるのではなくて、そのイスラーム教徒が日本のルールに合わせる努力をするべき。

「オランダが嫌なら、オランダから出ていけ!」と言うように、「日本が嫌なら、日本から出て行け」と言うしかない。

外国人との共生では、そういう厳しいことをハッキリ相手に伝えないといけない場面がきっと出てくる。
日本人はどちらかというと、相手の要求を聞いてそれに自分を合わせてしまう人が多い。

そんな日本人にとっての課題は外国人の言うことに耳を傾けるけど、できないことはハッキリ言うことだろう。
そして、ときには「あなたがわたしたちに合わせてほしい。それができないのなら、日本から出てくべきだ」と厳しい態度で外国人と接することが必要になる。

 

日本人は、外国人にハッキリものを言うことが苦手な人が多い。
でも、価値観や考え方が違う外国人との共生では、そうしないといけないこともある。

相手によっては、「日本が嫌なら日本から出て行け」と厳しく言うことができるかどうか?

それが日本人の課題だと思う。

 

 

こんな記事もどうぞ。

外国人が国の価値観を尊重することが大事:オランダの選挙から

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

オランダの今:イスラム教徒や外国人との共生を嫌がる空気

オランダの基礎知識!正しい呼び方は?独立と秀吉の天下統一

 

2 件のコメント

  • 多文化共生はフランクフルト学派の考えです フランクフルト学派は一言で言うと文化破壊です

  • これから日本が外国人を受け入れることは間違ないでしょう。
    受け入れ可能な人数を考えて受け入れてほしいものです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。