日本人と中国人の違いと不思議。恥とメンツの考え方。

 

ある中国メディアが日本人について、こんな疑問を提起する。

「日本にはホームレスの人はいるのに、なぜ物乞いがいないのか」

この中国メディアが出した答えは、これ。

「日本人はたとえ餓死したとしても、物乞いをすることは尊厳が許さないから」

 

物乞いとなって他人からお金をめぐんでもらうことは、日本人にとっては耐えられないほどの恥なのだという。
この恥の感覚から、「日本人は餓死しても物乞いにはならない」と中国人には見えるらしい。

記事では、生活保護費を受け取ろうとはしないで、空き缶を集めて生活費をつくりだしている日本のホームレスを紹介している。

まあ、そういう人もいるけど、実際にはそうではない人もいるけどね。

こんな日本人の恥の考え方が中国人には不思議に見えるらしい。
レコードチャイナの記事(2017-08-31)にそんなことが書いてある。

たとえ餓死したとしても、物乞いは「人間としての尊厳」が許さない日本人

 

 

ということは、この逆が中国人の考え方になるんだろう。

中国人の場合、他人からほどこしを受けることを恥とは思わない。
だから日本人に比べれば、物乞いになることにためらいがない。

上の記事に対して、中国人はこんなことをネットに書きこんでいる。

「中国の物乞いは羞恥心のかけらもない。毎月の収入が1万元(約16万円)を越える人もいる」といった声が寄せられていたが、これは事実だ。中国には職業として物乞いをする「プロ集団」がいて、仲間内で情報共有しながら物乞いに対する取り締まりが緩い都市まで遠征することもあるようだ。

たとえ餓死したとしても、物乞いは「人間としての尊厳」が許さない日本人

ボクが中国を旅行しているときにも、物乞いをたくさん見た。

中には、20代ぐらいの若い女の子が物乞いをしているのを見たことがある。
その子の前には段ボールが置いてあって、「私は~ということで、お金をだまし盗られてしまいました」といった物乞いをするにいたった理由や背景が書いてあった。

ハッキリとは読めなかったけど、たぶんそんなことが書いてあったはず。

彼女の長い髪は洗っていないから、見るからにゴワゴワしている。
汚れた服を着ていて足は裸足。
そんな姿地面にすわっていて、だれかが空き缶にお金を入れてもらうのをじっと待っていた。

その物乞いは、ボクが中国で見た物乞いの中でも特にあわれみを感じたから印象に残っている。

 

 

そんな話を中国人のガイドにすると、彼は笑ってこう言う。

「その物乞いは演技が上手だったんですね。それはたぶん偽物ですよ」

若い女の人なら物乞いをしなくても、他に仕事はあるはず。
他にも不自然な点があったから、そのガイドは彼女を本物の物乞いではないと思ったらしい。

 

でも、なんで若い女の人があんな汚いかっこうをして、物乞いをしているのか?
物乞いをしている理由を書いた段ボールまで置いている。
もし金もうけのためにやっていたとしても、若い女の人があそこまでみっともないことをするとは思えない。

というのは日本人の考え方だから、らしい。
そんなことをボクが聞くと、ガイドは「物乞いはもうかりますから」と当たり前のように言う。

先ほど、「毎月の収入が1万元(約16万円)を越える人もいる」という中国人のコメントがあったように、中国では物乞いをするとけっこうかせげるらしい。

 

そしてどうせ物乞いをやるなら、恥も外聞も捨てて徹底的にやる。
それを見た人が憐みを感じずにはいられないような姿をしたり、同情をさせるような「物乞いの理由」を考えたりする。
そんなことは恥とは思わないらしい。

どうも、このへんの恥の感覚が日本人とは違う。
でもある意味、「他人の視線を気にしないで思い切ったことができる」というのは、中国人の強みなんだと思う。

 

 

でも不思議に、中国人はメンツをとても大事にするともいう。

中国の情報サイトでも、「中国人にとってのメンツ」についてこう書いてある。

中国人のメンツを潰してはいけない。中国人のメンツを潰して、まとまりかけてたビジネスがご破算になった話など腐るほどある。(中略)メンツを潰すことは、相手との関係が終了することを意味する。

中国人のメンツ

「物乞いをするなんて、メンツにかかわるのではないか?」と思ったけど、ガイドは「問題ない」と言う。

できるだけみじめな物乞いになって金をかせぐ。
それでお金をためて、人より良い靴や服を身につけると自慢できる。
結果的に、そのほうがメンツをたもつことができるらしい。

これはガイドから聞いた話。
話を聞いていて、中国人にとっての恥やメンツの考え方が分かるようでよく分からない。
とらえどころのない不思議な感じがした。

 

 

中国人は車で道を譲れらない。
これも、メンツの考え方からくるものらしい。

相手に道を譲ることが、「自分が相手より下」になってしまうと考えてしまうとか。

 

それでお互いにガンとして道を譲らないと、下の動画のように、日本では考えられないことが起こる。

 

こちらの記事もいかがですか?

日本を見た外国人の感想は?「なんつー平等、社会主義かよっ!」

中国人から見た日本 「日本は、理想的な社会主義の国です」

中国人観光客が見た日本。日本人は”亀”!中国とはここが違う。

中国人にとってメンツは命!ヘソ出しはOK、割り勘はダメの謎。

中国 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。