韓国人には悪いけど、古代の日本人は「新羅より上」と考えてたんだよ


 

始めの一言

「そこには古来このような形式が驚くほど洗練され、なおかつ生命を保つ続け、現在の傾向にまったく合致すると思われるような形で建築その他の芸術に現れていたのである(ブルーノ・タウト 昭和)」「ニッポン 講談社学術文庫」

 

IMGP9264

 

今回の内容

・誇らしさと懐かしさの「新羅」
・日本人は、「日本は新羅より上」と考えていた
・怒ったって知らんがな

 

・誇らしさと懐かしさの「新羅」

奈良時代、日本が遣唐使を中国におくっていろいろなことを学んでいたとき、「留学生」という人たちがいた。

 

留学生 るがくしょう(りゅうがくせい)

遣隋使・遣唐使などに伴われて、中国・朝鮮へ渡った学生。
(日本史用語集 山川出版)

 

「アメリカ留学」なんて感じに現在でもよく見る「留学生」という言葉は、この時代から使われている。
だから、ずい分長い歴史のある言葉になる。

 

IMGP6830

新羅の都「慶州」にある寺

 

遣唐使は、小学生の教科書にものっているから知っている人も多いはず。

でもこの時代、日本は唐だけではなくて、朝鮮半島にあった新羅(しらぎ)という国にも外交使節をおくっていたのを知ってた?

韓国好きの旅行者にとっては、新羅は国名よりも「新羅ホテル」の方がなじみがあるかもしれない。

ウェスティン朝鮮ホテルなどともに韓国を代表する名門ホテルの一つである。

ソウル特別市中区奨忠洞2街に位置し、地上23階、地下3階のホテル棟と迎賓館(迎賓館、宴会場,元朴正熙時代の国家迎賓館)、新羅免税店などから構成されており

(ウィキペディア)

 

「元朴正熙時代の国家迎賓館」というあたりで、このホテルが特別なホテルだと分かる。
ちなみに、この朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の娘が、現在の大統領である朴槿恵(パク・クネ)。
「新羅ホテル」と「新羅免税」の「新羅」は、古代朝鮮にあった国の新羅からとっている。

 

新羅は、百済(くだら)と高句麗(こうくり)を滅ぼして朝鮮を統一している。
韓国の歴史では、この新羅による「三国統一」をとても重視している。
韓国の中学校の歴史教科書には、この統一について次のように書いてある。

私たちの歴史上大きな意味をもつ重要な事件だった。
それはたとえ不完全ではあっても、わが民族がなし遂げた最初の統一であり、新しい民族文化をつくり上げる重要なきっかけとなった。特に、新羅が領土的野心をもった唐を退け、統一を完遂したという事実は、新羅人の自主的性格を示している。
(韓国の中学校歴史教科書 明石書店)

 

新羅は韓国の歴史上、最初の統一王朝であった。
この新羅の都だったのが現在の慶州(きょんじゅ)。
韓国人の友人は、「慶州は、日本人にとっての京都みたいなところです」と言っていた。

韓国の旅行サイトには、このように紹介されている。

新羅の古都・慶州、世界遺産や数々の遺跡巡りを楽しめる韓国歴史の宝庫の街。(釜山ナビ

 

韓国人はこんな新羅という古代王朝に誇りや懐かしさを感じているから、韓国を代表する名門ホテルにこの国の名前をとったのだろう。

 

IMGP6711

慶州の世界遺産「仏国寺」

 

・日本人は「日本は新羅より、上」だと考えていた。

そんな新羅に送っていた日本の外交使節を、「遣新羅使(けんしらぎし)」という。
ただ、これはあまりうまくいかなくなった。

7世紀末から日本が上位に立とうとしたので、新羅との対立が目立つようになった。

(日本史用語集 山川出版)

 

日本が新羅より上に立とうとした。

この記述には、韓国人としては不満があると思う。

韓国では、古代史において「朝鮮の国が日本に進んだ文化を教えてあげた」という認識(文化的優越感)があるから。

前にも紹介したけど、韓国の小学生用の歴史教科書「わかりやすい韓国の歴史 (明石書店)」には、このような記述がある。

・(先生は)「わが先祖は発達したわが文化をとなりの日本に教えてあげたと言い」

・「王仁は百済の文化を日本に教えてあげた学者である。

・今も日本人は、王仁を日本文化の先生として崇めている

 

古代、朝鮮から進んだ文化が日本に伝わったことは間違いない。

6世紀には百済から渡来した五経博士により儒教が伝えられたほか、医・易・暦などの学術も受け入れられ、また仏教も百済からもたらされた。

(詳細 日本史研究 山川出版)

 

こうした渡来人が、飛鳥文化の成立に大きな役割を果たしたことも確か。

 

IMGP9296

 

でも、じつはこの韓国の教科書に出てくる「王仁(わに)」という人物は、実際にいたのかは確認されていない。
「王仁という人物がいたという説がある」というぐらいの話。

ウィキペディアによれば、この人物が韓国で知られるようになったのは1970年代になる。

1970年代に韓国の農業運動家で民族史観を信奉する金昌洙らの顕彰運動によって、知られるようになった。

(ウィキペディア)

 

古代の朝鮮と日本の関係を韓国がどう考えるかは、韓国の自由。
ただ悪いけど、「日本史用語集」にあるように、日本人は6世紀末には「日本は新羅より上」だと考えていた。

「詳細 日本史研究(山川出版)」でも、このように書いてある。

新羅を従属国として扱おうとする日本との間で時に緊張が生じた

 

「従属国」なんていったら、「家来」のようなものだろう。
日本から「家来あつかい」されたら、新羅とうまくいくはずがない。

 

・怒ったって知らんがな

先ほどの韓国の教科書は1998年発行のものだから、今はどう書いてあるか分からない。
今はもう、「朝鮮の国が日本に~してあげた」という「上から目線」の教育を小学生にしてなかったらいいけど。

 

そんなことで韓国を誇りに感じたり、日本に優越感を覚えたりしていると、日本人から「6世紀に日本は、新羅を従属国と考えていたけど?」とつっこまれて、イヤな思いをすることになる。

でも、そんなことで怒ったって知らんがな

 

ランキングに参加しています。

日本人に日本の良さを、もっともっと知ってほしいと思います。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

良かったら、こちらもどうぞ。

韓国人「日本文化の起源は韓国!」←中国人の反応が面白い

フランス人にとって韓国とは?韓国人に「衝撃を与えた」その結果

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ①

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

日本と韓国の違い。職人(文化)を育てる「天下一」の考え方

韓国人は、日本をどう見てる?① 小学校の歴史教科書から

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す