韓国の敵は韓国。慰安婦像に徴用工像で日本の嫌韓を不安視。

 

「そんなことをして、韓国に何の得があるのか?」

韓国の新聞が韓国人にそんな疑問を投げかけている。

それがこの朝鮮日報の社説↓

ウィーン条約違反行為、韓国にとって何の得になるのか

韓国でウィーン条約違反?
となったら、もちろんこのことですね。

 

 

韓国では“平和の少女像”と呼ばれている慰安婦像のこと。

この像がソウルの日本大使館と釜山の日本総領事館の前にある。
日本政府は前から「これはウィーン条約に違反している!」と、この像について韓国に抗議していた。

「ウィーン条約ってなんだ?」という人はこの文を読んでください。

接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。

外交関係に関するウィーン条約

 

外国にある大使館は、言ってみたらその国の顔。
その顔に泥を塗るような行為は許されない。

それは大使館を通して、その国のプライドを傷つけることになる。

日本大使館の目の前に反日的な像を置くということは、「公館の安寧の妨害や威厳の侵害」に当たる。
それで日本政府は「慰安婦像を撤去してくれ」と韓国側に伝えている。

でも韓国は動かない。

 

 

慰安婦像だけでは終わらない。
韓国の民間団体は、慰安婦像の横に「今度は徴用工の像を建てるぞ!」と盛り上がっている。

でも韓国の政府も新聞も、この像の設置がウィーン条約に違反することはわかっている。
それで朝鮮日報はこう書く。

しかし、外国公館の前にこのような像を建てるのは別の問題だ。韓国も加入している「外交関係に関するウィーン条約」ではこうした行為を禁止している。

【社説】ウィーン条約違反行為、韓国にとって何の得になるのか

 

今の韓国がウィーン条約を守っていないことは明らか。
でも反日感情で盛り上がる韓国人にはそれが見えない。

 

朝鮮日報にとってはそんな人たちが苦々しい。
それで彼らに「世界の目」を意識させる。

「ウィーン条約違反を平気でしている韓国人を国際社会はどう見ているのか?」

「韓国は外国公館の安寧と品位を守ってくれない国」という世界の見方が、韓国にとって何の得になるのか疑問だ。

【社説】ウィーン条約違反行為、韓国にとって何の得になるのか

 

好意的に見るはずがない。
韓国は国家としての信用と名誉を失うだけだ。

 

「韓国にとって何の得になるのか疑問だ」という部分に共感する日本人は多い。
「日本大使館前に慰安婦像を建てて、韓国は具体的にどんな得をしているのか?」
ネットを見ると、韓国が慰安婦像を建てるメリットや目的を知ろうとする人がたくさんいる。

 

 

いま韓国はとても困っている。

中国からサード報復という経済制裁を受けて大ダメージを受けている。
中国で店舗を拡大していたロッテマートやEマートは、事業をあきらめて中国市場からの撤退を決めた。
韓国の自動車メーカーや化粧品メーカーも大苦戦。

中国人観光客を失った韓国の観光業はもう青色吐息。
聞こえてくるのは、閑古鳥の鳴く声か虫の息ぐらい。

サード報復による経済損失は2017年だけで、8兆5000億ウォン(約8500億円)にもなるという。

くわしいことは中央日報の記事を↓

韓経:THAAD報復損失 韓国8.5兆ウォンvs中国1.1兆ウォン

 

 

韓国は今、日本との関係もうまくいっていない。

日本大使館前の慰安婦像はその象徴。
この像がウィーン条約に違反していることは韓国も知っている。
でもこれを動かすことは韓国国民が許さない。

それで韓国政府は何もできず、時間だけが過ぎていく。
韓国もこのままでは、日本と通貨スワップ協定を結ぶことができないことはわかっているはず。

 

中国からは経済制裁をくらっている。
日本からの支援も期待できない。
今の韓国は本当に苦しい状態におかれている。

そのうえさらに徴用工像を建てて、日本を怒らせたらどうなるか?

韓国が具体的に得することは何もない。
損しかしないだろう。

朝鮮日報は、釜山に慰安婦像が建てられたことで日本の嫌韓感情が一般レベルにまで広がったことを指摘する。

この時、普通の日本人たちまでが韓国に対して嫌悪感を抱き、その余波は今もまったく鎮まっていない。

 

徴用工の像が建てられたら、「韓国に対する嫌悪感」は高まるに決まってる。
慰安婦像によって嫌韓が広がって、徴用工像によってそれが高まってしまう。

朝鮮日報はそれを不安視している。

 

 

朝鮮日報は直接書いてはいないけれど、「韓国を苦しめるだけだから、徴用工の像は建てるべきではない」と国民に訴えている。

慰安婦像の設置によって、普通の日本人を敵にまわしてしまった。
*なんでそれが「平和の少女像」なのか?

このうえ徴用工像の設置まで許したら、国際社会から「韓国は外国公館の安寧と品位を守ってくれない国」と見なされる。
本当に「韓国にとって何の得になるのか」という誰得状態だ。

 

 

それにしても、「ウィーン条約違反行為、韓国にとって何の得になるのか」という記事のタイトルはけっこう冒険だったと思う。
徴用工像を建てようとする韓国人がこれを見たら、きっと激怒する。

それを覚悟しても、朝鮮日報は「この像を建ててはいけない」と考えているのだろう。
こんな記事を読むと、「韓国の敵は韓国だ」という言葉が頭に浮かんでくる。

 

「徴用工像を建てるな」と日本政府が言うのは当たり前。
そうではなくて、韓国の全国紙からこういう声が出てきたのはとてもいいことだと思う。

あとは、この考えがどこまで他の韓国人の共感を得ることができるか?
「徴用工像を建てることで、韓国にとって何の得になるのか?」という見方が韓国で広がれば、日本の嫌韓も少しは減るはず。

 

おまけ

ソウルの広蔵市場。

 

こちらの記事もいかがですか?

反日感情に苦しむ韓国⑦ 韓国人が、反日韓国人を嫌っている。

韓国人にも広がる「愛国疲れ」。反日感情を叱る実態

韓国と旭日旗:漁船の大漁旗も問題視。黙っていれば日韓友好?

反日に苦しむ韓国①いつから、なぜ自衛隊の旭日旗が問題なのか?

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。