オーマイガー!外国人が驚く日本のキットカット。その独自の進化とは?

 

ちょっと前に、日本を旅行する外国人の間で流行っていることを紹介した。

それは「中食」。

news-postsevenの記事(2017.09.09 )にそのことが書いてある。

コンビニでおにぎりや寿司なんかを買ってきて、ホテルで食べる。
そんな中食が“これぞ、ジャパニーズスタイルだ!”と、訪日外国人の新しい定番になっている。

くわしいことはnews-postsevenの記事(2017.09.09 )をどうぞ↓

コンビニ食が外国人観光客には「これぞ日本式」と人気

 

さらにこの記事では、外国人が大好きなアレも紹介されていた。

 

 

それはキットカット。

知ってる人は前から知っていたと思うけど、日本のキットカットは外国人に大人気。

先ほどの記事にはこうある。

日本のお菓子も人気。ドン・キホーテを訪れる外国人観光客のほとんどの人が買っていく、というのがキットカットの抹茶味。

「抹茶味のチョコレートというのはどの国の人たちにも受け入れられるようで、2~3個はまとめて買っていきます。日本のお菓子は個別包装になっているので、友人や仕事仲間にお裾分けしやすいところも支持されている理由です」(ドン・キホーテ浅草店店長の西村正成)

コンビニ食が外国人観光客には「これぞ日本式」と人気

友人のアメリカ人も、日本のお菓子が個別包装になっていることを重宝していた。
アメリカへ帰ったときのバラマキみやげに最適らしい。

このアメリカ人が個別包装のことを「 individual (インディヴィデュアル)」と何度も言っていたから、自然にその英単語を覚えてしまった。

念のため、「重宝」とはこんな意味。

ちょう‐ほう【重宝】

2 便利で役に立つこと。便利なものとして常に使うこと。また、そのさま。調法。「使いやすく重宝な道具」「重宝している辞書」
3 貴重なものとして大切にすること。

「デジタル大辞泉の解説」

 

訪日外国人の間で日本のキットカットが大人気!

このことを知った日本人はネットにこんなことを書きこんでいる。

・抹茶だけに、まっちゃきに売れちゃうんだろうな なんちゃって

・割るときにCMみたいな音がせずにガッカリした覚えがある

・ドンキホーテは大量のキットカットを店頭に並べてたもんなw

なかにはキットカットが日本の会社のものだと思っていた人もいた。

・日本企業だと思ってたきっと勝つ

それに対してこんなコメントが。

・キットカットはスイスのグローバル企業ネスレの商品。
小国スイスは自国のマーケットが小さいためいち早く海外に打って出た、市場に合わせた商品開発こそキモ。

たしかに今のキットカットはスイスのネスレ社だけど、キットカットが生まれたのはイギリスだ。

それが1935年(昭和10年)のこと。
これが当時のキットカット。

ネスレの「キットカットヒストリー」から。

このころはまだ「キットカット」という言葉はなく、「チョコレート クリスプ」という名称だった。
でも、赤いパッケージは今も変わらない。

このキットカットは、もともとはイギリスの労働者階級の人たちのためにつくられた食べものだった。
「Have a break(休憩しよう)」という言葉にその名残りがある。

 

 

SNSのコメントで一番多かったのは、日本のキットカットの種類の多さにふれたもの。
言ってみたら、日本での独自の進化について。

・キットカットの美味しさなて万国共通だろ

・いや、でも抹茶キットカット本当に喜ばれるよ

・キットカット自体は自国でも売ってるのに、その変わったのがあるってのが受けやすいんだろう

・海外に商品送ってるんだけどイギリス人とフランス人に商品送るときにキットカットのいろんな味のやつを入れてあげると本当に喜ばれる

でも、こんな悲劇もあったらしい。

・キットカットが種類豊富でおもろいと妹がドハマりしてしまい百貫デブに

ブラックサンダー派もちらほら。

・キットカットよりブラックサンダーのほうが美味しいのに

・台湾人の人がそれに気付いてて台湾の人にめっちゃ人気らしいね
お土産に買ってくとか
ブラックサンダーは安くて買いやすいのもいいよね

 

キットカットは日本生まれではなくて、外国から日本に来た舶来品。

でも、日本人はキットカットに抹茶やフルーツなんかを組み合わせて、独自の味をつくっていった。
日本人はむかしからこういうのが得意。
いろいろなものを組み合わせて、新しいものをつくり出す。

日本で独自に進化したキットカットは、そんな日本風組み合わせの代表的な例だ。
海外にはないから外国人にはこれが受ける。

 

 

実際、初めて抹茶キットカットを見た外国人はけっこう驚く。

日本で抹茶キットカットを見つけたイギリス人はSNSで上の写真とこんな文を投稿をしていた。

Anyone (who doesn’t know japanese) wanna guess what flavour this kitkat is?

(意訳)日本語を知らない人で、このキットカットの味を当てたい人はいる?

これに対して友人からこんなコメントが寄せられる。

Either mint or green tea. Is it green tea?
Yup green tea
Omg! Amazing.
I bet they’re a taste sensation.

ミントか抹茶だろ。抹茶かな?
そう。抹茶。
オーマイガー!すげえな。
きっとセンセーションな味がするんだろうな。

この場合の「sensation」の意味がイマイチよく分からない。
だけど、この外国人は抹茶キットカットを見て、「きっとセンセーションな味がする」と思ったらしい。

 

以下はタイ人がSNSであげていた写真。
タイ人は本当に抹茶キットカットが好き。

写真からタイ人の抹茶キットカットへの思いが伝わると思う。

 

 

 

*ちなみに、タイには日本のようなふりかけがないらしい。
タイ人用のおみやげなら、ふりかけがいいかもよ。

 

キットカットはヨーロッパから日本へ来て、お茶は鎌倉時代に中国から伝わった。
*平安時代に伝わったお茶は無視していい。

その2つが日本で1つになって、抹茶キットカットがうまれる。
日本人が得意なことは、さっきも書いたけど、いろいろなものを組み合わせて新しいものをつくり出すこと。

独創性よりも創造性の能力がある。

これからどんな新しいものがうまれるのか、楽しみですね。

 

アメリカ人と清水寺に行った時、これを見つけた彼が「日本、マジかよ・・」と絶句していた。

 

銀座にはこんなキットカットもある。

 

ただし値段は、日本人が「Omg!(オーマイガー!)」というレベル。

この「キットカットモレゾン抹茶」は1本540円ナリ。

くわしいことはここをご覧ください↓

 

 

こちらの記事もいかがですか?

ヨーロッパ 「目次」

日本 「目次」

第一次世界大戦はどんな戦争なの?新兵器と総力戦とは?

イギリス人がみかんを「Satsumas(サツマ)」と呼ぶ理由①生麦事

外国人の日本旅行の目的は?江戸明治と平成の違い。人から食へ。

青いキットカットの時代:イギリスと日本と第二次世界大戦

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。