インド人が日本へ来て、初めて知って驚いたインドのこと2つ。

 

海外旅行に行った感想をすっごく簡単に言ったら、こんな感じだと思う。

「来た 見た わかった」

その国に行って自分の目で見ることで、初めてその国のことがわかる。

例えば、日本のテレビや雑誌でインドのことを知ったとしても、実際に自分が行って見たインドはやっぱりちがう。
こんなふうに、海外旅行に行って「来た 見た わかった」という経験をした人はきっと多いはず。

ちなみに、この言葉の元ネタはカエサルのこの言葉。

来(き)た見(み)た勝(か)った

《〈ラテン〉Veni, Vidi, Vici》カエサルがポントス王を討ったとき、友人に書いた手紙の文。簡単明瞭な手紙の例とされる。

「デジタル大辞泉の解説」

世界的に有名な言葉で、海外の雑誌で使われることがある。

ちなみに、ユリウス・カエサル(Julius Caesar)の英語読みは、ジュリアス・シーザー。
7月(July)は彼の名にちなんでつけられた。

 

 

「来た 見た わかった」は、インド人も同じ。

インド人が日本に来たら、日本や日本人のことがわかってくる。
今までに日本在住のインド人からこんなことを聞いた。

「日本は世界有数の先進国で教育水準も高い。なのになんで英語を話せる人間がこんなに少ないんだ?」

ま、おたくとちがって、日本はイギリスの植民地にはなりませんでしたからね。

「日本はなんて安全な国なんだ。夜9時過ぎに、中学生の女の子が自転車で走っているのを見た。インドだったら、自宅には帰れないだろうな」

ま、その平和のおかげでボケちゃいましたけどね。
今じゃ海外に行ったら、日本人は「歩くATM」ですよ。

 

インド人が日本に来たら、日本のことが見えてくるのは当たり前。
でも意外と、日本に来たことで「インドのことがわかった」という人もいた。

今回は、インド人が日本で初めて知って驚いた母国インドについて、2つ書いていきたい。

 

 

1、インドって思っていたよりも小さい・・・。

あるインド人は、日本の地図にあるインドを見てショックを受けていた。
インドで見ていたインドとあまりにちがうから。

左が日本の地図にあるインド。
右がインドの地図でのインド。

 

このちがいがわかりますか?

左の日本の地図では、インドの北部が点線になっている。
ここはカシミールとよばれるところ。

カシミール
Kashmir

インド亜大陸北西部の地域。北と東は中国,北西はアフガニスタン,西はパキスタンと境を接するが,帰属をめぐりインドとパキスタン,国境をめぐりインドと中国の係争地となっている。

「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説」

ここの毛織物が「カシミア」。
これは日本でもおなじみですね。

カシミール地方は、インドとパキスタンが「ここはわが国の領土だ!」とお互いに主張しているところ。

だから日本は「中立」という立場で、どちらの国の領土でもなくここは点線でしめしている。

 

 

でもインドは当然、カシミール地方をインドの領土だと考えている。

だから点線ではなくて、インドの領土の一部として地図に描いている。

そのインド人はインドでの地図に見慣れていたため、日本の地図を見てインドの小ささに驚いてしまった。

「日本の地図を見たときは、本当にショックでした。インドはこんなにも領土を失っていたのですね」

「インドって大きいんだから、少しぐらいいいじゃん」なんてことは絶対に言えない。
何でも「ノープロブレム!」と細かいことを気にしないインド人でも、自国の領土となると話は別。

 

インド人は愛国心が強いから。

インドでは、映画館で映画が上映される前には、インドの国歌を流すことが法律で決められたほど。
産経新聞の記事(2016.12.6)の記事から。

全映画館で国歌義務化 インド最高裁命令に波紋

世界屈指の映画産業「ボリウッド」を抱えるインドで、最高裁が6日までに全ての映画館で上映前に国歌の演奏を義務付ける命令を出した。愛国心の向上が目的としているが、表現の自由などを巡り波紋が広がっている。

11月30日に発表された決定によると、全ての映画館で上映前に国歌を演奏する。演奏中は出入り口を閉鎖し、スクリーンには国旗を映し観客は起立しなければならない。

でも、国の地方がなくなったぐらいなら、まだいい。
日本なんて、オリンピックの公式ホームページの世界地図から丸ごと消されてしまったから。

どこの国かは忘れてしまったけど。

 

アシアナ航空か大韓航空の機内地図。
日本が領有権を主張している竹島がDokdo(独島:ドクト)となっている。
そして日本海は東海へ。
初めてこれを見たときは少しショックを受けた。

インドとパキスタンの航空会社の機内地図では、カシミール地方はどうなってんだろう?

 

2、インドって思っていたよりも貧しい・・・。

「インドはボクが思っていた以上に、貧しい国だったんですね」

そんなことを言っていたのは、インド人の高校生。
彼は留学生として日本へやって来ていた。

彼がたまたま見た日本のテレビ番組で、インドを紹介していた。
そのときに、それを「発見」したという。

インドの田舎の村で、子どもたちは靴をはいていないし上着も着ていない。
家もボロボロで、ひどく汚れている。

 

たぶん、こんな村だと思う。

 

彼は日本へ留学で来るぐらいだから、インドのエリート層にいる人間で間違いないだろう。

彼がインドにいたときには、日本のテレビで見たような貧相なインド人を見たことがなかったらしい。

「インドにあんな貧しい村があったんですね。日本のテレビ番組を見るまで、知りませんでした」

そんなことを言う。

でもボクにとっては、彼の言葉が意外。
ハッキリ言って、インドは貧しい人がたくさんいる国だと考えていたから。

まさかインド人が日本に来て、初めてインドの貧困に気づくとは思ってもみなかった。

 

 

日本とインドの社会はまったくちがう。

日本の感覚からインドの社会をとらえると、とんでもない誤解をしてしまうことがある。

数年前ぶりにインドのコルカタという都市に行ったとき、街を歩いてこんなことを感じた。

「この前来たときに比べて、物乞いの数がずい分減ったなあ。ここ最近、インドは発展しているから、街から物乞いもいなくなったんだ。良いことだ」

でも、この考えはまったくちがった。
宿のインド人スタッフにそのことを話したら、彼はこんなことを言う。

「いや、それは経済の発展とは関係ない。ちょっと前に、この辺にいた物乞いがトラックに積み込まれて、どこかへ運ばれていったからだ」

え?
と目が点。
「物乞いをトラックで運んでしまう」って、いくらインドでも、そんなことを本当にするのだろうか?

このときは半信半疑だったけど、「シャルマ」というインド人ビジネスマンが書いた本を読んでそれが事実だとわかった。

そのインド人は初めて見た日本で、街の印象をこう書いている。

日本に着いてすぐに気になったことだが、乞食の姿がどこにもいない。道すがらも、喜捨(バクシーシ)を求める人たちや、裸足の人間や、物を売りつけてくる人間がいなかった。貧民や難民の姿もまったくない。彼らはどこにいるのだろう。デリーの場合のように、トラックに積み込まれてどこかに捨てられてしまったのだろうか

「喪失の国 日本 (文春文庫)」

ボクがコルカタに行ったときは、物乞いがいなくなったことに安心感をおぼえた。
でもこのインド人の場合、物乞いがいないことに不安を抱いている。

生まれ育った日本とインドの社会のちがいが、見方のちがいになってあらわれた。

来た 見た。
でも、わからないこともある。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

旅人の都市伝説「インドの物乞いは、親が子の手足を切断する」

日本人の目とインド人の目から見たインドの物乞い ①

インドから物乞いがなくなるのは、「良いこと」なの?②

海外旅行での沈没:インドで出会ったイヤな旅行者・前編

海外旅行のトラブル「まさかの盗難」:列車・バス・タクシーでの注意

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。