韓国との通貨スワップ?現状では、日本の国民感情が許さない。

 

前回、「韓国の運命の日まであと3日!」ということを書いた。

10月10日に、中国との通貨スワップ協定が満期をむかえてしまうから。
韓国としては、何とかしてこれを延長したい。

中国との通貨スワップ協定を延長できなかったら、韓国に大変な経済危機がおきてしまうかもしれない。

20年前に韓国は通貨危機を経験している。
韓国紙の中央日報は、これを「朝鮮戦争後の最大の国難」と書いていた。

くわしいことはこれをご覧ください。

IMFによる韓国救済

 

韓国としては、「朝鮮戦争後の最大の国難」を二度とくり返したくない。
そのためには、中国と通貨スワップ協定を結んでおくことがとても重要。

韓国は協定を結びたいと思っているけれど、中国の態度は冷たい。
「あと3日!」という段階になっても、中国は韓国に返事をしていない。

韓国としては不安な日々をすごしている。

 

どうなる韓国?

 

どう出る中国?

 

「今、韓国がピンチ!」というニュースに対して、日本の反応は?
*内容が変わらない範囲で、コメントの表現を変えてます。

他人事な人たち。

・「劇的妥結」ってw
・大丈夫さ 果報は寝て待てって言うじゃないw
・こうなってはドルを刷るしかない
・してもらえると考える方がおかしい
・楽しみだね^^

 

中国との通貨スワップ協定が延長できなかった場合、韓国はどうするか?
南を向く可能性はじゅうぶんにある。
つまり、「日本と通貨スワップ協定を結ぼう!」と考えるということ。

それで、「反日しなきゃよかったのに」という人も多い。

・THAADを撤去するか、慰安婦像他を撤去するか
両方は取れないが、どちらかを取ることはできる

・日本が簡単に韓国とスワップ締結したら 二度と〇〇党に表示は入れない

・韓国とのスワップは国民感情が許さない。
約束した慰安婦像を撤去し、慰安婦に関する反日活動を停止する、という姿勢を見せなければ、日本から手を差し伸べる必要は全くない。

 

「通貨スワップ協定を結ぶことは、その両国にとってメリットがある」というのは当たり前だけど、建前でもある。

実際には、経済力が強い国にはメリットが少ない。
経済危機をむかえる可能性が高い、経済力が弱い国ほどそのメリットは大きい。

 

 

中国との通貨スワップ協定を延長することができなかったら、韓国はかなり困ってしまう。
とはいっても現状では、日本が韓国と通貨スワップ協定を結ぶことはできないだろう。

韓国は反日パフォーマンスをやめようとはしないから。

最近の読売新聞も、社説(2017年10月05日)で「慰安婦問題に固執し、反日感情をあおる動きが続く」「うんざりすることばかりだ」と書いている。

「韓国にはうんざりすることばかり」
これが率直な国民感情だろう。
今の韓国の反日パフォーマンスには、本当にたくさんの日本人がうんざりしている。

さっきのコメントにもあったけど、今のままでは、韓国とのスワップは日本の国民感情が許さない。

 

 

つい最近も韓国では、日本人からすると「え?ナニコレ?」と思ってしまうことがあった。

今韓国はチュソクの連休をむかえていて、多くの人がふるさとに帰っている。
ということで、ソウルの市バスに乗せていた慰安婦像にも「チュソクだから、ふるさとに帰りましょう」という設定をつくった。
それでプラスチック製の慰安婦像がバスから降ろされて、希望者が自分の車に乗せて持って行ってしまった。

とにかく、慰安婦像はすべてバスから降ろされた。
その後に、像を日本大使館前にならべるパフォーマンスをおこなう。

そのときの画像は産経新聞の記事(2017年10月2日)から見てほしい。
日本人の感覚からすると、あり得なさすぎて言葉を失う。

韓国ソウルで、1カ月半余りの間、路線バスに乗せられて市内を巡回していた慰安婦像5体が2日、日本大使館前に集合し、その後、各地方都市に向かった。

バスで市内巡回の慰安婦像5体、日本大使館前に“集合”「帰郷」で各地に

チュソクの連休中、ソウルのバスに乗る人は少なくなる。
この反日パフォーマンスは、ただの話題づくりだろう。

 

 

韓国は反日パフォーマンスをやめようとはしない。

そんななかで、日本が韓国に救いの手をさし伸べるというのは、やはり国民感情が許さないだろう。

読売新聞は、今の韓国の「歴史問題での韓国の独善的な姿勢」を強く非難している。
「反日パフォーマンスをやりつつ、未来志向の日韓関係をめざす」なんてムリがある。

まずは、韓国がこの独善的な姿勢を正すことが大事。
それをしないで韓国が困ったとしても、それは自業自得。

 

日本の国民感情が許さないのは、韓国ではなくて韓国の反日パフォーマンスだ。
韓国が日本大使館と総領事館前にある慰安婦像を動かしたら、日本政府は韓国との通貨スワップ協定の話し合いを始めるだろう。

韓国が慰安婦像を撤去しても日本が話し合いに応じないとしたら、そりゃ日本がヒドイね。

中国との通貨スワップ協定については、韓国ができることはほとんどない。中国次第。
でも、日本との通貨スワップ協定については韓国のやる気次第。

韓国政府は国民を説得して、慰安婦像をどかすべきだ。
2015年に、日本とそれを約束したのだから。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

中国怒らせ韓国ピンチ。中韓スワップ協定、運命の日は後3日。

韓国から見た日本との通貨スワップとは?目的は?何が困るの?

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

韓国から反日を消した「IMFショック」と従軍慰安婦問題とは?

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。