タイ人を失笑させた中国人観光客と激怒させた日本人。今は注意を。

 

2017年の今年、中国の建国記念日である(国慶節こっけいせつ)の連休を利用して旅行に出かけた中国人の数は、約7億人。
数だけで言えば、全人類の10人分の1になる。

それだけの人たちが旅行をすれば、いろいろな失敗も生まれる。

 

前に、韓国で整形手術を受けて悲惨な目にあった中国人観光客のことを紹介した。

その女性は、手術後の顔が「本人かどうか確認できない」という理由で空港の出国手続きを受けられず、中国に帰ることができなくなってしまった。

これが韓国の空港でパスポートを手に持ち、途方に暮れている中国の女性。

「整形手術後に回復していない可能性があり(レコードチャイナ)」という。

韓国で整形手術を受けるのは自由だけど、絶対に「格安」を求めてはいけない。

くわしいことはこの記事を↓

韓国の整形手術で大失敗。女性の中国人観光客、帰国できず。

 

ほかにも旅行で訪れたタイで、現地の人たちから笑われてしまった中国人観光客がいた。

文化の違いから、この写真がタイ人の困惑や失笑を誘ったらしい。

 

ボクがこの写真を見ても、何が問題なのか分からない。
タイのお寺の前でポーズを決めてて写真を撮っている、としか思えない。

でもこれは、寺ではなく火葬場だった。

タイの伝統建築物「サーラータイ」と呼ばれるところ。
外国人が寺と火葬場(サーラータイ)を見分けるのはむずかしい。

 

それでこの場面を見たタイ人が、「この中国人はきっと寺だとかん違いしている」といったコメントと写真をツイッターに投稿した。

するとこれがニュースになる。

大紀元(2017年10月11日)の記事から。

星暹日報は記事で「どの国どんな地域でも、祖先や遺産に畏怖の念を示すことが大切で、(火葬場の周辺での)行動には注意が必要だ」と指摘した。

タイ寺院と勘違い?中国人観光客、火葬場の前で記念撮影

タイでは、葬儀と火葬はこの「サーラータイ」というところでおこなわれるらしい。
ちなみに、サーラータイは東京の上野動物園にもある。

この記事では、大東文化大学のアジア研究者・小泉康一氏の言葉が紹介されている。

タイでは多くの人は墓を持たず、散骨する習慣だという。身分の高い人物や土葬する中華系の富豪などは、墓を持つ。また、火葬場を囲む塀に埋め込み式の遺影を構える家族もある。

一般的に、タイ人の仏教徒やインド人のヒンドゥー教徒にはお墓がない。
この文化は日本と大きく違う。

 

これはふつうのお寺

 

アメリカ人と浜松市をドライブしているときのこと。
彼がある物を見つけて驚く。

「おい、あの車は何だ?どんなVIPが乗ってんだよ?」

アメリカ人が指さす方向にあったのは霊柩車。

「指をさすな。あれには死体が乗っている」

「は?なんで死体をあんな派手で豪華な車に乗せるんだ?」

昔からそうだから理由は知らない。
でも、「仏様」だからVIPとは言える。

今、日本に訪れる外国人の数は2000万を超える。
そのうち、霊柩車の前でポーズをつけて写真を撮る外国人がきっと出てくる。

 

これはタイ。
仏像を見下ろすようにして写真を撮ってはいけない。

 

海外旅行での失敗は日本人だってする。

でも、今年3月に日本人観光客がタイでしたことは、失笑や困惑というレベルではない。
大迷惑にして大ヒンシュク。
タイの国民的な怒りを買ってしまった。

このときは、日本の全国ニュースでも取り上げられた。

 

タイのビーチで、20人ほどの日本人観光客が全裸になって大騒ぎをしていたのだ。

タイでは、屋外で裸になると犯罪行為とみられてしまう。
日本でいえば、「公然わいせつ罪」のようなもの。

さらに場所も悪かった。
このビーチは「ホアヒン」という王室の保養地がある高級リゾート地。
タイの国王は国民から絶大な尊敬を受けている。
タイでは、絶対にして不可侵の存在。

 

 

しかもこのときは、タイ人の添乗員が「王室ゆかりの地だから、マナーを守ってほしい」と何度も注意したにもかかわらず、この日本人観光客はそれを無視し裸で騒いでいた。

これが事件になったころには、当の本人たちは日本に帰国ずみ。
だからタイで捕まることはなかった。
もちろん、日本では「日本の恥!」とメチャクチャたたかれていたけど。

 

この事件で、「礼儀正しいと思っていた日本人がこんなことをするとは!」と驚いたタイ人は多かったという。

全裸で騒いでいる人たちを見たタイ人は、彼らを中国人だと思っていた。

くわしくはこの記事を↓

2016~17タイ旅行の注意点②国王の喪中は服や言動で目立たない・楽しみすぎない

 

 

10月下旬には、プミポン前国王の葬儀がおこなわれる。

だから今タイを旅行するなら、騒ぎ過ぎないように特に注意する必要がある。

日本人の感覚で、自分では気がつかないうちに国王を冒とくしてしまうこともあるから。
2016年の10月には、タイでゴルフをしていた日本人が軍に連行された。

国王死去のタイ、軍がゴルフ場の日本人20人連行

 

 

いつもは豪華な国王の写真も、今は白黒になっている。

 

 

今のタイでは、明るい服装は控えたほうがいい。

上半身裸で外を歩くなんて論外。
この白人を指さして、「アイツらは何考えてんだ?本当に失礼だ!」とタイ人が怒っていた。

 

 

でも国王の遺体を火葬場に運ぶ車はとても豪華。

ハフポストの記事から。

1795年に造られて以来、国王の葬儀に使われ続けてきたもので、昨年10月に88歳で死去したプミポン前国王の葬儀に向け、今年初めから修復作業が続いていた。壮麗な彫刻を施した木造で、表面は黄金色に光り輝いている。

黄金色の車、プミポン前国王の葬儀で使います タイが山車のような車を披露

 

おまけ

ボートからタイのお寺を見る。

 

こちらの記事もいかがですか?

「世界ベストツーリスト」の日本人が、外国でしてはいけないこと。

韓国人と中国人が驚いた日本人のマナーの良さ。これは大切にしよう。

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質

中国人観光客の増加①マナー違反に迷惑する日本人/誠実さの違い。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。