閲覧注意!トラウマレベルの強烈に気持ち悪い虫の画像。

 

これまでに、東南アジア・中東・西アフリカの国々を旅したことがある。

だからふつうの人よりは、いろいろな生き物を見てきたと思う。

気持ち悪い虫もいくつか見たけど、その写真は撮ってなかった。
記録にあるのはこんなゲテモノ料理ぐらい。

 

中国のサソリとタツノオトシゴのフライ。

味は塩っぽかったような気がする。
「サソリの味」は特にしなかった。

 

カンボジアのクモのフライ。

カンボジア人はビールのおつまみにこれを食べる。
これは食べられなかった。

 

これはインドのイモムシたち。
もちろん、食用。
画像はこのブログから↓

アルナーチャルプラデーシュ州、イターナガルからジロとアパタニ族の女性。

 

今までに、いろ~んな気持ち悪い生き物を見てきたけど、これほど強烈な虫の画像は初めて見た。

虫唾が走るほど気持ち悪い。
身の毛がよだつほどの恐怖を感じる。

こんな虫を家で見たら、どうしていいのか分からない。

そんな生き物の映像がイギリスのデーリーメール紙にある。
これがその記事のタイトルだ。

‘I’d burn the house down if I saw this’: The creepy creature terrorising Australia – but can you guess what it is?

「これを家で見たら、家を燃やしてしまうだろう」というほど衝撃的な虫。

これは、オーストラリアやアジアにいるの一種らしい。
この画像がSNSで拡散されて、世界中の人たちを震え上がらせた。

たしかに蛾なんだけど、腹部から触手のようなものが4つ出ている。

とにかく、トラウマになりそうなレベルの画像だ。

 

 

この虫を見た人はネットにこんなコメントを書きこんでいる。

・見なきゃ良かった
おぇぇぇぇ
・んぎゃぁぁぁ!
・嫌悪感が凄すぎてヤバイとしか感想が浮かばないくらいヤバイ
・想像の30倍気持ち悪かった
・顔にこの虫が貼りついたら気絶する
・スマホで開いたらキモくてさわれなくなった
・耐性ないヤツは見るなよ
ハスコラの最上級といい勝負だわ
・俺が宇宙人で地球に降り立ち最初に見た生物がコレだったら5秒後に地球爆破する
・見たい!でも虫耐性ないから絶対ひらけない(´;ω;`)

 

これだけ書いておけば、心の準備ができたと思う。
下の方にその映像がある。
自己責任でどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像はデーリーメール紙から。

 

 

こんな生き物が地球にいるとは・・・。
これが家の中にいたら、まちがいなくパニックになる。

殺すにも気持ちが悪いし、その死体をどこかへ運ぶ自信もない。

家を燃やすことはないけど、この虫がいたところだけは燃やすか取り外したい。

 

なんでこの虫を見て、気持ち悪いと思うのか?
なんでピカチュウなら、かわいいと感じるのか?

 

こちらの記事もいかがですか?

浜松とヨーロッパの昆虫食。セミのフライとスイスの虫バーガー。

これからは昆虫食!?世界的スターが昆虫を食べる理由・人類のメリット。

「飢え」が変えた食文化。日本と世界(ドイツ・カンボジア)の例

ここまで進んだ日本の昆虫食!ゴキブリカレーにセミの揚げ

ジャガイモの歴史:ヨーロッパ・宗教の禁止

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。