中国・台湾人が尊敬する「孫中山(孫文)」は日本人名だぞっ!

 

日本で「中山」というと、「中山美穂」や「中山秀征」といった人が頭に浮かぶと思う。

「中山」で検索したら、その名前が出てきたから。

でも、中国人が「中山」という文字を見たら、孫文の顔が思い浮かぶだろう。
日本ではふつう「孫文」と言うけれど、中国では「孫中山」が一般的だ。

 

ここでクエスチョン。
孫文(孫中山)は、何をした人物か?

 

 

答えは、1911年の辛亥(しんがい)革命。

辛亥革命とは、中国最後の王朝・清を倒して中華民国を建てた革命のこと。

孫文を臨時大総統とする中華民国の建国が宣言され、2月、袁世凱の活動により清朝皇帝が退位した

「世界史用語集 (山川出版)」

この辛亥革命によって、中国から皇帝が消えた。

この革命が起こるまで、中国では秦の始皇帝以来、約2000年間ずっと「皇帝が国を支配する」という政治体制(君主制)が続いていた。
孫文はそれを終わらせた。
これは本当に画期的なことだ。

 

兵馬俑
秦の始皇帝の墓

 

日本の学校では「孫文」と教えているこの人物は、先ほど書いたように、中国では「孫中山」になる。

孫中山は中国でとても尊敬されている。
だから中国には、「中山公園」や「中山大学」など、彼の名前にちなんでつけられたところがたくさんある。

この「中山」とは、孫文が日本に住んでいた時に使っていた日本人名だ。
彼は日本に亡命中、「中山樵(なかやま きこり)」と名乗っていた。

今の中国人の言う「孫中山」はこれにちなむ。

台湾のウィキペディアにはこう書いてある。

流亡日本時,曾化名中山樵(日文平假名:なかやま きこり),在日本多尊稱其為中山先生,「中山」實為姓,惟後訛傳為「孫中山」,孫氏個人多用「孫文」

孫中山

中国や台湾で、「孫中山」は知らない人がいないほどの有名人だ。

でも、この「中山」が日本人名だということを知っている中国人や台湾人は、ビックリするほど少ない。
中国人の日本語ガイドでも、このことを知っている人はほとんどいなかった。

ボクが聞いた範囲でこれを知っている人は、10人に1人ぐらい。
しかもそれは、日本語ガイドや日本にいる中国人や台湾人だから、ふつうの中国人や台湾人だったらまず知らない。

 

マカオの上に「中山市」がある。
これも孫文(孫中山)にちなんでつけられた。

中国の都市で、日本人の名字が都市名なっているのはきっとここだけ。

 

孫文(孫中山)

 

蒋介石は台湾で偉人とされているけど、中国では嫌われている。
毛沢東は中国で偉人とされているけど、台湾では嫌われている。

でも、孫文は中国と台湾から同時に尊敬されている。

ちなみに、孫文が革命戦士を育てるために建てた「黄埔軍官学校(こうほぐんかんがっこう)」では、蒋介石が校長を、毛沢東は面接の試験官をしていた。

今からは想像できないけれど、蒋介石と毛沢東が力を合わせて働いていた時代もあった。

 

黄埔軍官学校(こうほぐんかんがっこう)」

 

校長の蒋介石

 

政治部主任をしていた周恩来

黄埔軍官学校には、「孫文・蒋介石・毛沢東・周恩来」という中国の四天王がそろっていた。

 

そんな孫文さんの誕生日は、今月11月の12日。

今月は孫文の誕生月ということで、神戸の孫文記念館で、写真展や二胡の演奏、さらには「中国近代化における孫文の影響」という講演もおこなわれる。

時間がある人はぜひどうぞ。

くわしいことは、神戸新聞の記事を読まれたし。

神戸華僑の歴史たどる 孫文記念館で写真展

 

孫文といったら、孫文の革命運動を全力で支援していた日本人「宮崎滔天(みやざき とうてん)」を忘れちゃダメですね。

宮崎滔天ら日本の志士との交流を深め、1905年東京で滔天と共に中国同盟会を結成、指導理念として三民主義を唱えました。

宮崎兄弟と辛亥革命

宮崎滔天は孫文だけではなく、アギナルドのフィリピン独立運動も支援していた。

 

北京の紫禁城

 

こちらの記事もいかがですか?

日本の首都が広島、台湾の「首都」は南京。知ってた?

中国三大悪女「西太后」というヤバい女と関羽の関係

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

変れぬ清②日本と中国の歴史はここが違う!易姓革命とは?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。