外国人が日本の電車で受けた衝撃・日本の鉄道の始まり。

 

アメリカ人・インド人・中国人・タイ人などいろいろな外国人に話を聞くと、みんな日本の”時間厳守”に驚いていた。

「日本の電車はなんであんなに正確なんだ?1分も遅れないってのは、一体どういうことなんだ?」

外国人が日本に来たら、たいてい一度は電車に乗る。
そうすると、自然と母国との違いを感じてしまう。
”定刻通り”というのは、本当に分かりやすい違いだ。

 

ミャンマーの列車

 

でも、日本人が海外に行ったら、きっとこの逆を感じる。
インドやカンボジアの列車やバスでは、2~3時間の遅れは当たり前。
この時間感覚に、日本人としてはストレスがたまってしまう。

そういえば、ミャンマー人が日本に来て、バスに時刻表があることに驚いていた。
ミャンマーでは時刻表の前に、バス停を見たことがなかったという。

彼がミャンマーでバスに乗る時は、路上に立っていて、バスが来たら手を上げて停めて乗り込んでいた。
だから、「バス停があったかもしれませんけど、気づきませんでした」と言う。

日本だと、バス停がなかったらプチパニックだ。

 

でも、長所はそのまま短所にもなる。
日本人の時間感覚に不快感を感じる外国人もいた。

「たった3分遅れただけで、駅員を怒鳴りつける日本人がいたよ。あれは本当に気分が悪くなるね」

そんなことを言うアメリカ人もいた。

 

 

日本では、電車の到着が3分遅れただけで、「ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません」といった謝罪のアナウンスが駅に流れる。
このことに驚く外国人も多い。

でも、「電車が少し早く出発したことを謝罪した」となると、外国人には、驚きを超えて衝撃になるらしい。

共同通信にこんな記事(2017/11/17)があった。

日本の鉄道会社が20秒早く発車したことを謝罪し、関心を示した欧米メディアが16日、相次いで報道した。

20秒早い発車に「謝罪?」

首都圏新都市鉄道が、定刻より約20秒早く発車したことについて、ホームページで「深くおわび申し上げます」と謝罪した。
鉄道会社が謝罪しただけなら、日本ではニュースにならないだろう。

でも、欧米では、いろいろなメディアがこれを取り上げている。
ニューヨークの地下鉄では時間が遅れることが当たり前だから、ニューヨークの新聞は「これは問題か?」と不思議そうに記事で伝えている。

日本人にとっては、鉄道会社の謝罪よりも、欧米人の受け止め方のほうに驚くと思う。

 

イギリスBBCやアメリカのFOXは、日本の鉄道が時間厳守で運行されていることについて、「日本に関して最高なことの一つだ」とツイッターで紹介している。

 

 

ここからは、日本での鉄道の始まりについて。

日本人が初めて蒸気機関車を見たのは、アメリカ人のペリーが持って来た蒸気機関車の模型だったと言われている。

1854年、アメリカのマシュー・ペリーが江戸幕府の役人の前で模型蒸気機関車の走行を実演した記録がある

(ウィキペディア)

この約20年後、1872年(明治5年)に日本で初めて鉄道が開通した。

鉄道開通

鉄道敷設計画は、イギリス人モレルの指導下、大隈・伊藤らが進め、英国より100万ポンド(488万円)を借り、その一部で新橋駅と横浜駅間に敷設。狭軌鉄道。1872年に完成し、当時、陸蒸気といって人気を呼んだ。

「日本史用語集 (山川出版)」

この鉄道開通の指導者であったイギリス人モレノは、「日本の鉄道の恩人」と呼ばれている。
JR桜木町駅(横浜)の近くに、モレルの碑が鉄道発祥記念日とともに設置されている。

 

800px-E_Morell_Engineer-in-Chief

モレル(ウィキペディアから)

 

今からは想像できないけれど、明治の日本人は、列車(蒸気機関車)の登場にかなりの衝撃を受けている。
大きな音を立てて走る蒸気機関車に、「土下座」してしまったほど。

次に出てくる「陸蒸気(おかじょうき)」は、蒸気機関車のこと。

煙を吐きながら轟音を立てて走る『陸蒸気』はこの世のものとは思われなかったのだろう。蒸気機関車の轟音や振動が近付いてくると、人々はその姿を見るどころか、ひれ伏してこれを迎えたという

「定刻発車 (三戸祐子)」

でも、蒸気機関車が登場すると、人力車はその役割を終えて姿を消していった。

駕籠が人力車に負けたように、人力車は蒸気機関車を前にして消えてゆきます

「シドモア日本紀行 (講談社学術文庫)」

最近では、人力車が観光用として復活している。
利用料金は新幹線より高いけど。

 

ある時、日本にいるイギリス人の娘を訪ねて、母親がイギリスからやって来た。

母親は日本の電車について、「成田空港から浜松駅まで、1分の遅れもなかった。これは”奇跡”だ」と驚いていた。

娘が「日本ではそれが当たり前」と言うと、「イギリスで300キロの区間、電車が1分も遅れなかったらニュースになる」と母が言ったという。

 

でも、「これは奇跡だ」という時間厳守の運行は、もとをたどっていくと、「日本鉄道の恩人」のイギリス人にいきつく。

「母親が日本の電車に驚いていた」と話すイギリス人に、「日本の鉄道は、イギリス人の指導によってつくられた」と言うと、そのイギリス人は驚いて目を丸くする。

「本当?今のイギリスの鉄道で、日本に勝てるところなんて1つもないのに。時間の正確さ、清潔さ、サービスなど、すべてにおいて日本はイギリスの上をいっている」

 

「日本に関して最高なことの一つ」という時間厳守の運行は、イギリスではムリだと言う。
日本人の時間感覚をイギリスの鉄道に要求したら、「イギリスの鉄道職員は怒って仕事をしなくなるから」らしい。

 

 

おまけ

中国の列車
車内では、旅心をくすぐるような音楽が流れていた。

 

日本人からしたら、ニューヨークの地下鉄の方があり得ない。

動画で英語を学ぼう 97 日本では絶対ムリ!NYのサプライズ

 

こちらもどうぞ。

日本人と韓国人の意見が一致!地下鉄や電車の乗り換えは韓国が上。

キスをされた日本人が悪い?外国との“文化の違い”で無罪にネット騒然。

ユニーク動画で英語を学ぼう㉞世界が驚いた「日本の7分の奇跡」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。