増えるたびに逆効果!韓国人が少女像を設置する理由や目的。

 

韓国で、また新しい少女像(慰安婦像)が設置された。
*今回は韓国の視点からの記事を書きたいので、「少女像」と表現する。

場所は、「全羅北道鎮安郡」というところ。
ボクはこの場所をまったく聞いたことがない。
韓国にくわしい人でも、こんな「郡」までは知らないだろう。

とりあえず、韓国の隅々にまで慰安婦像が建てられていることは分かった。

慰安婦像が建てられ始めたころ、日本のインターネットでは「いっそのこと、韓国全土に設置したら?」なんて冗談めいたコメントがいくつもあったけど、2017年11月の今から考えると、冗談が現実になりつつある。

 

今、韓国に少女像はいくつあるのか?
今年の8月の時点で、その数は80を超えた。
でも、韓国での少女像建設ラッシュには、疑問を感じている韓国人がけっこういる。

レコードチャイナの記事(2017年8月15日)から。

意外にも懐疑的な意見が多く寄せられている。コメント欄には「こんなにたくさん作ったら価値が薄れるだろう」「何事にも程度というものがある」「各家に少女像を置くって、一体これは何なんだ?」

終戦から72年、韓国の慰安婦像がついに80体に

ここまで増えると、韓国人にとっても、少女像を設置する意味や理由、目的が分かりにくくなっているらしい。

今回新しくできた鎮安郡の慰安婦像は、写真で見ると、まるでこの地域の”神像”だ。

画像は下の記事から。

 

聯合ニュースの記事(2017/11/06)にこの少女像について書いてある。

鎮安平和の少女像建立推進委員会が募金活動などを通じ約3800万ウォン(約390万円)を集め、鎮安青少年修練館に少女像を建てた。4日に除幕式が行われた。

韓国・鎮安に「平和の少女像」 地元有志が設置

韓国の田舎(地方)で、3800万ウォン(390万円)というのはかなりの額だ。

 

韓国にいる日本人のブログ記事(2017-08-01)には、「田舎のコンビニだと時給400円ぐらい」と書いてある。

それも、「ちゃんともらえたら」という条件がつく。
韓国ではバイトをしても、給料がしっかり支払われないことがよく問題になっている。

これはよくニュースになっていて日本でも知っている人が多いと思うんですが、 韓国のアルバイトでは給料踏み倒し問題が頻繁に発生します。

韓国 残虐なアルバイト事情(feat.時給低すぎ&給料踏み倒し)

小さな地方都市で募金活動をして、390万円も集まるとは!
韓国人の少女像への思いの強さを感じる。

 

 

「少女像を建てよう!」と思い立って、韓国の人たちは行動に移すけど、その動機や目的が分かりづらい。

今年(2017年)1月に放送された「あさチャン!」では、「釜山の少女像を設置した団体は、実際の慰安婦と、会ったことも話したこともなかった」ということを、驚きをもって伝えていた。

慰安婦だった人たちの意思から離れて、設置団体が好きに少女像を建てているような印象がある。

 

 

 

 

今回新しく少女像を建てた鎮安郡の関係者は、「人口2万人の小さな都市に少女像が設置され非常にうれしい」と話している。

でも、日本人も知らないようなところに、少女像を建てないといけない理由があったのか?
像を建てる前と後でどんな変化があって、人々はどんなメリットを手にしたのか?
たぶん、具体的には何もない。

 

像を建てた動機は、「韓国の他の場所には少女像があるのに、ここにはない。だからつくらないといけない!」というライバル意識によるものだろう。
少女像を建てている団体も、韓国国内の”建設競争”をいましめている。

像設置を拙速に進めたり、区役所間の競争として映ることが懸念される」とし、「少女像を立てるプロセスは、適切な韓日関係の樹立と、正しい歴史認識のきっかけにならねばならない」とした。

終戦から72年、韓国の慰安婦像がついに80体に

少女像を100体200体つくっても、「適切な韓日関係の樹立と、正しい歴史認識のきっかけ」にならないことは、日本人がよく知っている。

少女像設置の理由や目的が、「適切な韓日関係の樹立」と「正しい歴史認識のきっかけ」ということなら、その意味はない。
これをつくるたびに、日本の嫌韓感情が高まるだけだから、むしろ逆効果でしかない。

今の韓国では、何かの目的のために少女像を設置するのではなくて、像を設置すること自体が目的になっている。

 

釜山では、安倍首相がひざまずいて少女像に謝罪するパフォーマンスをおこなっていた。
こういう目的で少女像をつくるのはやめてほしい。

少女像の設置が「適切な韓日関係の樹立」や「正しい歴史認識のきっかけ」とは、まったく逆の効果をもたらしていることがよく分かる。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国「慰安婦像の次は徴用工だ!」←あきれ顔の日本政府

アメリカの慰安婦像問題。無関心が日本人への差別を悪化させる。

韓国の慰安婦(少女)像を見たインド人とアメリカ人の反応は?

日本と韓国社会の大きな違い。法も政府も国民感情に負ける社会。

もはや”お人形さん遊び”?韓国人もあきれる少女/慰安婦像の今。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。